<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

みんなだいすき!!

こんにちは。

語彙力無さすぎてタイトル思いつきませんでした。


2019シーズン、終わってしまいましたね。

4回生マネージャー古藤裕香です。

インカレが終わって、私の3年半の部活生活が終わって、解放感に満ち溢れた生活を送ってると思いきや、予算案や決算を作ったりお金を数えたり、口座からお金を移したり、、、まだまだ仕事におわれてます。笑


ラストブログ、何を書くかめちゃくちゃ迷って迷って正直今も書きながら何書けばええんやろーって思ってます笑


思ったことを思いついた順番に書いていきます。


まず、インカレの結果は全クルー敗者復活戦敗退となり、悔しさ、悲しさ、やるせなさが残る試合となりました。

なんとしてでもこの代で結果を出したかった。大好きで1番尊敬してる同期たちにメダルをかけて欲しかった。後輩たちの代への布石になんてなりたくなかった。

でも結果は残せなかった。戸田のクルーはおろか関西のクルーにも完敗でした。

それは選手だけじゃなく、マネージャーの結果でもあります。結果を残すため、最終日に残るために選手にも足りないものがあったけど、同じくらいたくさんの課題がマネージャーにもあったということでしょう。

その事実をしっかりうけとめて、後輩たちには来年の戸田で最終日に残るために必要なことを身につけてほしいなと思います。

特にマネージャー。最終日に残る大学のマネージャーと自分たちが何が違うのか、何が足りないのか、たくさん考えて、迷って、試行錯誤して、いい組織作りをしていってね。


偉そうなこと言ったけど、わたしはこの阪大漕艇部がほんとにほんとに大好きです。オフがあって前塊艇庫行かへんとか、就活の時期になかなか選手に会えへんとか、そういう時にほんっとにさみしくてしょんぼりしてました。

会おうと思わなくても毎日会えてたみんなに、今後なかなか会えなくなると思うと余計寂しくなります。

先輩も、後輩も、同期も、大好きでほんとにみんなのこと尊敬してて、

こんな素敵な人たちに囲まれた生活が送れて幸せ者でした。


同期のみんな、

最後の最後に色紙のプレゼントありがとう。

あんなんあるとか思ってなくて、今でも読んだら泣きそうなのでまだ全部は読めてません、笑

食堂でアホな話しながらエッセン食べてる姿からは想像できないくらい、ボート漕いでるみんなは真剣でかっこいいです。

就活や、研究室、院試勉強と、ボートに100の力を全振りすることはやっぱり難しかったと思います。それでも全部全力で頑張ってるみんなはほんとにほんとにかっこよくて、そんなみんなのことを尊敬してるし、そんなみんなだから私もマネとして支えたい、一緒に戦いたいと思えました。本当にありがとう。

引退してからもたくさん遊び行ったり飲みに行ったり、さそってね⸜(  * ॑꒳ ॑*)⸝⋆


後輩のみんな、

たくさん話しかけてくれて、構ってくれて、ありがとう

みんなみんなかわいくて、でも頼もしい後輩でした

ぐんぐんエルゴも回して、勝つために貪欲で。きっとみんなが頑張れば頑張るほど最上回はハッパかけられてたからと思う。

1回生も2回生ももちろん3回生も、もっともっと勝つことに貪欲に。新田も書いてたけど、阪大の中でどのくらいの位置におるとかで満足してたら、戸田のクルーとは戦えない。

これからも頑張ってね、応援してます。


マネのみんな、

たぶん最上回マネでいちぱんぽんこつやったとおもうけど、支えてくれてありがとう

ほんとにみんなみんなかわいくて一生懸命で、あなた達が後輩でほんとによかったと思ってます。

試合の度にみんなが成長していく姿を見れて私も嬉しかった。

3回生はもう最上回生です。きっと実習に就活に実験に、学校生活がどんどん大変になる中で部活でも責任が付いてくる学年になり、思うように行かないこともあると思います。でもみんななら絶対大丈夫だから、みんなで協力して頑張ってね。

2回生はそのパワフルさ、行動力を活かしてどんどん部をいい方向に引っ張っていって欲しいです。3人と少ない人数ではあるけど、頑張って。応援してます。

いつでも話聞くから、しんどくなったらご飯いこうね笑

そして1回生のみんなとは、一緒にいた時間はすごく短いけれど、自分達から何すればいいですか、これはこうですかって聞いてきてくれて、頑張り屋さんだなぁって感じました。その頑張る気持ちを持ち続けて、頑張ってください。

試合の日にはちゃんとマネ用にも差し入れ送るね、


保護者の皆様、後援会の皆様

この1年間、阪大漕艇部にたくさんのあたたかいご支援ありがとうございました。阪大漕艇部は皆様のご支援のもと成り立っているということを改めて強く感じられたシーズンでした。来年度も変わらないご支援のほどよろしくお願い致します。ご都合がつけば、ぜひ試合会場にいらしてください。現役が頑張っている姿を、ぜひ直接見て感じていただきたいです!

よろしくお願い致します。


長くなってしまいすみません、

最後になりましたが、皆さんありがとうございました。

皆さんのご活躍心から期待しています!!!!


古藤裕香


ラストブログリレー、まだまだ続くよー!



インカレ中のマネーず。意外とたくさんいました。楽しかったね。

大阪大学ボート部 * - * 15:46 * comments(0)

詰め込みすぎの三年半

   怒涛のように過ぎていった三年半のボート部生活を終えて何を思うのか、そんなことを考える暇もなく自身のボート部生活は終わったような気がします。


   終わった今も、寂しいとか達成感とか強い感情はまだあまりないような状態です。


   ただ今感じていることは、ボート部に戻ってよかったということでしょうか。


   知らない人もいると思いますが、僕は一年の加古川レガッタ後に一度部を辞めました。レースもしたこともない当時の自分には、ボートという競技に楽しさを感じられず、苦しいだけのものでした。加古川レガッタの前までは、絶対に辞めようと思っていました。


   でも加古川のレースでゴールを通過し、イージーオールがかかった時、初めて楽しいと感じたんです。

   また、レースに負けて悔しいと感じたんです。なぜ辞めたい競技をして当時そう感じたのかは今でもわかりません。結局その後部を辞めてしまったのですが、これが自分をもう一度部に戻る決意をした要因だったように思います。


   自分が伝えたいことの一つは、部を続けて欲しいということです。部を辞めて少しの間、学校のない日は好きな時間まで寝て、たまに遊んで、食堂でだべって、という普通の大学生生活を送ってみてそう思います。苦しいことなんて全くないけどあまりに味気ないです。戻って本当に良かったと思います。


   こんなにも大学生活全てをかけて、夢中になれる場所に戻ってこいよといってくれた人、一度やめた自分を受け入れてくれた人全ての人に感謝してもしきれません。


   自分に関わってくれた全て方々、本当にありがとうございました。この上なく苦しく、そして充実した楽しい3年半を送ることができました。



   来シーズンの後輩たちへ

   僕自身、今回のインカレが最初で最期のインカレでした。いつも陸から見ていた戸田のトップクルーと並べて感じた楽しさ、そして戸田で勝つことの難しさを痛感しました。どれだけ体力値を上げなければならないか、淀川でどれほどのタイムを出さなければならないかということを感じさせられましたが遅すぎました。

   一つ下の学年は、インカレに出場したことのある人は少なくありません。必ず来年は戸田で勝っているところを見せてください。阪大の中でどれくらいの位置にいるかというレベルでは戦えません。

   エルゴやランでも、自分のハートレートも大事ですが、結局はタイムです。結果を積み重ねて行ってくだい。全て戸田を見据えて欲しいと思います。

   

   次の世代は間違いなくポテンシャルを秘めています。期待しています。


四回生 新田



大阪大学ボート部 * - * 18:52 * comments(0)

ボートって

2000mに人生を凝縮させる
センチのズレで破産する
グラムの違いで破滅する
緊張で吐くやつもいるし、酸欠に溺れる
でも、だからこそ得られる高揚がある
あの距離にだけ許された豊かさがある
希望 失望 栄光 挫折 疲労 満足 焦燥 達成 喜怒哀楽
全部つめ込んであの距離、あの時間に臨む


こんな感じでしょうか



らしくない書き出し方で始めてみました。
4回生、部の最上回生としてのインカレが終わり、納会がまだありますが、自分の代は引退になりました。 そうです、ラストブログです。 次から力作が続くと思うので、僕はボート部に入ってから思ったことをさらっと書いていきたいと思います。



当たり前ですが、1回1回の練習に真剣に取り組むことが大事です。技術、体力の向上のために、というのはもちろんですが気持ちの面でも大事になってきます。
人間はしんどい時にその人の本質が表れるといいます。苦しいと感じた時に弱気になったり、不安定になったりするのは、認めたくなかったとしても、それが自分の本質です。
そして、贅沢なことに練習というものはいくらでも苦しくなるチャンスがあります。そのチャンスで自分の本質と向き合ってみる、一歩踏み込んでみる。そうすれば自ずと変化が訪れてくると思います。知ってる人は知ってると思いますが僕がエルゴ2000T.Tであのタイミングでスパート入るメンタルはこの考え方で育みました(笑)

ただしんどい、って考えるんじゃなく、今強くなってる、踏ん張って強くなると考えるだけでもそれは踏み込めていると思います。 「限界が見えてからがトレーニングのスタート」、この考え方オススメです。



あとは徳舛さんもラストブログで言っていましたがこいつには負けないという人を見つけて頑張ること。 一人じゃ踏ん張れなくても誰かがいるって強いことだと思います。支えてもらうって意味でも、引き合いにして頑張るって意味でも。
幸い、僕の場合は同期にちょうどそんな人がいたので本人はどうか分かりませんが、少なくとも僕は意識してました。クルーが一緒になった時もです。あえて名前は上げませんが。ブログも特に読まなさそうなやつなんでついでに書いとこうと思います。

3年半試合で真ん前か真後ろにいなかったことの方が少ないんちゃうかな。勝手に戦友みたいなもんやと思ってます。艇上であんなに自分をぶつけられたのはお前やったからやと思う。ありがとう。おつかれ。

すみません、私情挟みました。


後輩のみんなへ
悔しさは弱者にも強者にも訪れる。でもすぐに忘れるやつは弱いまま。
精一杯できているか。昨日よりも今日、成長しているか。
悔いはないか。本当にあきらめていいのか。
やり直しはきかない。今日という日は一度しかない。まだ遅くはない。

頑張ってください。わりと近くで応援してます。

最後に、応援して下さった方々、支えて下さった方々、三年半の間本当にありがとうございました。
         2019/9/9 4回生漕手 須多敏貴

ラストブログリレー先頭の特権としてこの画像使わせてもらいます。 次は新田、竹田です。ラストブログリレー始まるよー

大阪大学ボート部 * - * 23:30 * comments(0)

加古川レガッタへ、さあ、いこう


こんにちは、一回生漕手の笹橋です。

オックスフォード盾レガッタ、そしてインカレ、

熱く、暑く、厚い二日間が終わりました。

僕にとっては刺激的で、大きなモチベーションとなりました。

これまで以上に乗艇技術の向上や身体作りに真剣に向き合って行かなければならないと感じさせてくれました。


まずは食事。

個人的に一番シンドイのはこれ。ボート部に入って4ヶ月くらい経って唯一慣れないのがこれ。

ハードスケジュールにも慣れたし、ウエイトにも慣れたし、パズルのように隙間で寝る就寝環境にも、常にmaxで水を含んでいる風呂場のマットにも、どうみても坊主なのにドライヤーで髪を乾かす先輩にも慣れたのに。

あまりのキツさに必ず途中で手を止めてしまいます。家で一人で食べてるときも、途中でYouTube見たり、本を開いたり、なんか別の作業したり、ザラです。

駄目ですよね。成長しようとしていない。こんなままでは、加古川レガッタで勝てるはずがない。

ゆっくりでもいいから箸を止めない。止めてはいけない。

当面の食事の目標は途中で手を止めない、他のことをしない。


そして乗艇技術。いろんな人の動画をみて、いろんな先輩に聞き、毎乗艇上手くなりたい。

この二日間で聞きまくった、いや、聴きまくった

あの、クルー全員が同時にフェザーを返すときのゴトっていう音。今の自分達のユニフォーミティではあの音は出せない。あの音が大好きで大好きで、いつか自分達であの音を出したい。低レートでひたすら聞いていたい、いや、聴いていたい。

一応YouTubeの勉強用BGMであの音集がないか調べたけど、やっぱりなかった。


改めて、この二日間でモチベーションが大きくなり、漠然としていた目標がハッキリと見えるようになったと思います。僕は今のところエイトにのっていますが、同じクルー達も同じように思っているのではないでしょうか。メンヘラモチベーターも、目がデカすぎて瞼の皮が足りてないやつも、部専属ドライバーも、僕と整調を争うアイツも、則行も、そう思っているのではないでしょうか。

僕らは3rdエイト。同期達もスタッフも勝てないと思ってるかもしれない。でも、本当に勝ちたい。絶対に勝ちたい。あわよくば、僕が整調として。

また、今日から頑張って行きたいと思います。

加古川レガッタへ、さあ、いこう!








じゃあ、ご飯の続きたべてこよーっと





本当は雲一つない快晴の空を撮りたかったけど、これはこれで悪くない













大阪大学ボート部 * - * 10:30 * comments(0)

ラッキーでアンラッキー

こんにちは、こんばんは。2回生漕手の盒橋狙犬任后最近やっと夏が本気を出してきたと思ったら季節的にはもう夏は終わったようで...早いもんですね笑

と思っていたら今日の戸田は真夏のような暑さ、季節の変わり目って難しいですね。


さて、インカレも半分終わったのですが、僕はその裏で明日から行われるオッ盾に出漕する予定です。


インカレが始まり、オッ盾の組み合わせも出て確実ではないものの自分たちの力を発揮できれば予選通過できそうで少しホッとしていたところ...先程いきなり組み合わせが変わることになり去年のオッ盾の覇者と当たることに...普段の行いが良くなかったんですかね笑


でもこんな機会は滅多にないしラッキーかも???


別にこのあたりになったからと言って全然諦めてはいません。しっかり予選で自分たちの全力を尽くし、もし敗復にまわってもいいあたりになるようにすればうえに上がれるチャンスはあるからです。


とりあえず、明日は萎縮せずのびのびと自分たちの漕ぎをしたいです。オッ盾の方も応援よろしくお願いします!頑張ります!


明日一緒にsペアで漕ぐたけ君です。しっかりリズム刻むぞ!!

大阪大学ボート部 * - * 21:36 * comments(2)

発艇2時間前


こんにちは、3回生の渡邊です。

私は今国艇のベッドの上でゴロゴロしています。

試合に向けて動き出す20分前、ブログ書いてないなと思い書き始めました。


絶え間なく聞こえる蹴り出しの声、発艇の音、ゴールの音、聞こえる度緊張が大きくなってきます。


まぁ緊張はいつもの事なんですけど、、

この緊張を力に変えれるように頑張ってきます。自分の今の最大限の力を出せるよう焦らず落ち着いて、、、


はぁ~やっぱりどんだけ落ち着こうと思っても緊張しますね笑


そろそろいかないといけないんで、短いブログでしたが、これで終わります


ではいってきます!

大阪大学ボート部 * - * 09:03 * comments(0)

pc版で読んでくださると泣いて喜びます

はじめまして、一回生漕手ぴーちゃ

んこと芦田桃佳です。

だいたい初ブログというと入部理由

いきごみなどを述べると思いますが

ファンキーな私は敢えて書かない。

いろいろ書きたいことはあるの中で

とりあえず今回我ら晶央チルドレン

!のスタッフさん勝手に紹介します


 ・あきおさん 

34人の子持ちビッグダディ。

筋肉大好き。ぐえー。

艇上でも陸上でもたくさんのことを教えてくださる。なんだかんだ凄く信頼されている。


・あるふぁさん

緑の私物が多い。

じつはそんなに緑好きではない。

あるふぁさんの笑顔には誰も逆らえない。知識が豊富で的確でわかりやすい指導をしてくださる。


・べーたさん 

初めてお会いした時"べーた"って本名だと思ってました。おしゃれ。

時間と体力と気力をフルで駆使して私たちに向き合ってくださる。

 

・いむらさん

動いていないとしんでしまう。

チーズ嫌い。バイクかっこいい。

私たちと近い距離、同じ目線に立って指導してくださる。

 

・もりやまさん

眠気と暑さに弱そう。

分析のエキスパート。

頭脳でボートを動かしてらっしゃる感じを個人的にすごく見習いたい。

  

  ・あずまさん

コミュ力おばけ。

あずまさんに共感できない話題はない。あずまさんとする体幹は笑ってる間に終わる。乗艇中の晶チルを本当によく見てくださっている。

  

・てるおさん

回転寿司でなすを食べる。 

LINEのスタンプにセンスが溢れる。

あまりお会いできない間も私たちを気遣ってくださるやさしさの権化。


・こまつさん

ガチのボートオタク。

陰キャを好む。おもしろい。

ボートの相談にとことん付き合ってくださる。


私たち晶央チルドレンは本当にたくさんの方々に支えられて日々充実したボート生活を送れています。本当にありがとうございます。感謝の気持ちを忘れず、これからも精進していきます


そして、いよいよ今日から始まるインカレ、私たち一回生は8.9日観戦させて頂きます。

この貴重な機会を最大限に利用して、全国のレベルを確と目に焼き付けてきたいと思います。



大阪大学ボート部 * - * 04:49 * comments(3)

切り取り線の向こう側(てきとう)


インターンの選考が先程終わりました。

面接もGDも上手く行きませんでした。

志望度高めなだけに悔しいです。

本選では頑張ります。


✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄


さて。


ボート部を変えるために、自分が変わるために、色んなことに取り組んだシーズンでした。


PCF比やカロリーを可視化したこと。

調味料の配分を決めたこと。


その結果、エッセンが美味しくなった、食事に気を使うようになった、という声を頂きました。

ありがとうございます。


でも、まだまだ完成ではないし、私がしたいことはあるし、きっと私にして欲しいこともあると思います。

頭の中の未来図とはまだ程遠いです。

Excelを使いこなすのに時間をかけてしまったことが悔やまれます。

とりあえず国艇では他大のエッセンを観察しています。

エッセンに還元できるよう頑張ります。

来シーズンからのエッセントレーナーがどうなるかは不明ですが、できるだけ何とかしますのでご意見ください。


✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄


そして、ついに阪大でもインカレまであと〇〇日みたいなのをTwitterでしてみました。

動画にした方が親近感が湧いていいと思う気持ちは今も変わらないのですが、艇庫に毎日行くわけじゃないのでとても大変でした。

本当に大変でした、、、。


でも全部個性があって面白くて、Twitterを見ている保護者の方やOBOGさんや外部の方に阪大らしさ?が伝わったのではないかと思いました。

ご協力頂きありがとうございました。


またするかはわかりません。


✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄


どうでもいいですが、中原は今シーズン、看護学専攻に進みながらも企業就職をすることに決めました。

諸事情です。

人と関わるのはあまり得意ではありませんでしたが、企業の方や色んな地方の学生の話を聞くのは楽しいです。

世界が広がりますし、同じものもまた違って見えます。

まだ就活じゃない人も行けるインターンはあるので是非。


✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄


来シーズンは実習のためなかなか艇庫に現れなくなりますが、辞めてないので忘れないでください。


✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄


インカレまであと1日です。頑張ります。


✄- - - - - - キ リ ト リ - - - - - ✄


今ハマっている食べ物。

1人でも余裕です。



3回生マネージャー  中原 結花

大阪大学ボート部 * - * 17:53 * comments(2)

前を向け。前を向いたらば戦え。

 

インカレ・オッ盾はもう目の前。

 

戦う準備はできてるか?

 

各々の武器はもったか?

 

インカレやオッ盾は遊びではない。戦場である。

 

漕手よ、志とまっすぐな思いを胸に、オールを手に取れ。

 

COXよ、熱き信念と冷静さを持ち、ラダースティック(orラダーロープ)とマイクを握れ。

 

マネージャーよ、最後まで選手を様々な手段で支えよ。

 

応援に来る後輩たち。全国のレベルとはいかなるものなのか、目に焼きつけよ。

 

さあ、その身を、意識を、艇に捧げよ。

 

戦いの火蓋はすでに切られている。

 

Be as oneを誇れるように。

 

 

 

阪大、いざ出陣。

 

大阪大学ボート部 * - * 20:47 * comments(0)

卵焼きのはじまりはもう思い出せない

 

主題:卵焼きのはじまりはもう思い出せない

 

いかにもよくわからんタイトルですね。前略、三回生漕手の大久保です。一時期は卵焼き大臣なんて呼ばれてたのがいい思い出です。この前の土曜日は今シーズンの守口ラスト朝エッセンでした。なぜか卵が大量に余っていたので、卵焼きとかオムレツに仕上げてみたことも今となってはいい思い出です。(3日前のことですが。)守口ラスト朝エッセンに、はっせーのラスト卵焼き、といったところでしょうか。(さすがに3パック分作るような愚行はもうしません。)

 

ん?なぜ卵焼きの話をしてるかって?なんとなくです。ところで皆さんは、卵焼きを焼いたことはありますか?卵焼きって簡単なのに難しい料理のいい代表例だと僕は思っています。というのも、卵焼きを焼くにあたって、まず味付けが難しい。甘いのが好きな人もいれば、スパイシーな卵焼きが好きな人もいるし、和風な京風出汁巻きがいいという人もいます。いままで、それなりの回数は守口艇庫のキッチンで皆さんの卵を焼いてきたと思いますが、焼けば焼くほど、感想を行ってくれる人たちの味の好みがわかってきた気がします。この人は甘いのが良くて、この人はスパイシーなのが良くて、みたいな。それから、卵焼きを作るうえで、卵を巻いていくのもまた難しい。フライパンのコンディションや、油の引き具合、使用する卵、時にはその日の気候までも影響・・・いや、気候はそこまで影響しません。まあ、巻くのもまた難しい。油をひかなければ卵がフライパンに張り付いてしまってうまく巻くことができなかったり、焦がしてしまったりする。油を多く引けば、巻きやすいけどギトギトしてしまう。その辺のちょうどいいバランスをとるのが結構個人的には難しいと思っています。卵焼きの難しいポイントをもう一つ挙げれば焼き加減。焦げ目が軽くついたものもおいしいけど、焦げ目が全くない、鮮やかな黄色の卵焼きもおいしい。ただ、焼きが甘いと中途半端感が漂い、焼きすぎると固くなりすぎる。焼き加減にムラがあれば、見た目的にもよくない。その辺、結構難しいところだったりします。卵焼きのこと話過ぎて気持ち悪いというより怖いって?ぐへへへ。

 

卵焼きもラストを迎え、守口乗艇もラストを迎え、色んな事がラストを迎えつつある今日この頃。良いおわりを迎えたいですねえ。

 

いかがだったでしょうか。卵焼きが食べたくて仕方なくなって頂けていたら幸いです。卵焼き、皆さんも焼いてみてくださいね。ほとんどボートの話に触れない記事を書くあたり、同じクルーのK丸君の言葉を借りれば、「まじハッセ。」

 

副題:おわりのはじまり

 


 

以下今日のおまけコーナー

 

その1.今日の写真

 

 

 

 

二年前。まだ一回生だったころ。インカレの観戦に来て、その帰りの前に東京タワーに行ったときの一枚。まだまだみんな若いというかなんというか。懐かしいの一言です。自分を取り巻く環境はこの二年間、良くも悪くも変わり続けてきました。

 

その2.今日のOKB

 

終わりくらい笑いたいから(O)

結果を追求して(K)

ベストを出し切る。(B)

 

OKB  ヒぃーーーーやっ!

大阪大学ボート部 * - * 10:59 * comments(0)
このページの先頭へ