<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

レイクビュー堪能中

こんにちは

(当番1日遅れてすみません)


私は今朝日レガッタのため瀬田に来ています!新人の時に観戦しに来て、2回生では試合に来たのでこれで3度目になります。今回はその思い出を綴ろうかなと思います。


〜新人の時〜

先輩の名前も船の名前も艇種もよく分からなかったです。結果もよく覚えていません。でも阪大の船が来た時はみんなと一緒に阪大ファイトー!って叫んでた気がします。試合の時にマネージャーがどんな仕事をしているのかも知りませんでしたが、先輩の姿を見てかっこいいな〜こんな風になりたいな〜とぼんやり思ったような思ってないような笑

一番覚えてるのは守口に帰ってした鍋パですね〜。めっちゃ楽しかったです😆



〜2回生〜

多分マネージャーとして1人分の仕事をすることが求められた最初の試合でした。不安が大きかった気がします。でも同期マネと小部屋でわいわいしたり、試合の時だからこそ見える部員の一面を見ることができたりと楽しかったです。GW合宿に行ってた新人担当のなかゆかが寂しがってたので毎晩のようにみんなで電話してました。今更すぎやけど新人担当お疲れ様でした😂あとお風呂に洗礼を受け、守口艇庫のありがたみを噛みしめました。肝心のレースは荒れまくって敗復がなくなったりフォアが沈んだり500mレースになったり世紀末でした。でも付きフォアが63年ぶりに決勝に進出したり、女子クォが4位入賞したりと明るい側面もありました。



〜3回生〜

恐らく私にとって最後の朝日になります。今年は出漕するクルーが少なくて余裕があるけど寂しいな〜。今年は去年ほど荒れることはなさそうで安心です。漕手の皆さんにはハードな練習の成果を出し切ってほしいです!観戦しに来てくれる新人にも良いとこ見せるぞー👊


↓前の前の新勧統括と今の新勧統括です。試合あと3日頑張りましょう💪


3回生マネージャー酒井奈々子


大阪大学ボート部 * - * 14:55 * comments(0)

Future Seeker

今年も30人を超える人たちがボート部に入部してくれたようです。

実は多くの新入生がブログを読んでるらしく、一つお気に入りのブログを紹介したいと思います。

http://blog.ourc.info/?eid=3198

名前は書いていませんが、これは同期が書いたブログです。

僕の同期、西日本に八雲クルー、センスのある文章と写真という条件から誰のブログかはすぐ分かるでしょう。

 

僕も特に考えることもなく入部した身なので、改めてボート部の魅力とはと考えた時よくわからなかったです。

たしかに友達とワイワイ遊んで得られる楽しさもありますが、苦労して自らもぎ取る楽しさもあります。

もちろんボート部の楽しさとは後者がメインです。

楽しさを感じるには辛いことが多く、またそれを耐え抜いたからといって必ず得られるわけではありません。

でもそこに楽しさを見出すのが部活だと思います。

 

高校の部活の先生曰く、「たのしい」には「楽しい」と「愉しい」があるようです。

前者は「楽」して得られるたのしさ、後者はしんどいけど「こころ」からのたのしさらしいです。

今回入部してくれた人たちには是非ボート部を愉しんでほしいと思います。

でもまずはGW合宿楽しんでね

 

2回生 倉元

 

大阪大学ボート部 * - * 13:04 * comments(0)

令和最初のブログ


 ブログはいつも野口さんのあとです。前回も元日にブログが回ってきて、野口さんか僕は節目ブログの引きがあるようです。2回生の山本です



 僕は朝日レガッタには出ないので、艇庫で待機しています。今の実力では出ないのは当たり前で、自分でも納得しています。でもやっぱり悔しいです。



 自分に実力が無いと突きつけられた感じというか、自分への無力感というか、チームにとって自分はまだひよっこなんだなと感じます。




 挫折ならたくさんしてきました。少年野球でもしたし、高校でも最後にスタメン落ちしたり、浪人したり、たくさんしてきました。今回は挫折というよりは単純にまだまだって感じですが



 でもその中で忍耐力も付いたと思います。やられっぱなしでは終われないので、着々と実力を上げて周りを見返そうと思います。




初レースは隣のレーンでゴールしました



大阪大学ボート部 * - * 22:46 * comments(0)

平成最後のブログ

今日は4月30日。明日5月1日から新元号「令和」が始まります。平成最後のこの日にブログ当番が回ってきたおかげでタイトル決める手間が省けて助かりました。3回生の野口です。

 

おとといの新人レガッタでひとまず僕らが担当する新勧は一区切りがつきました。まだ一大イベントGW合宿が残っているのですが、僕たちは大会で遠征してしまうので、新人スタッフやOBさんに丸投げです。絶対に楽しい数日になると思うので是非参加してください。

今回の新勧、ここまでですでに30人以上の新入生が入ってくれて本当にありがたい限りです。GW合宿でさらに多くの仲間が増えることを切に願っています。

 

新勧で新入生と話していると先輩はなんでこの部活に入ったんですか?と聞かれることが最近増えました。ボート部に興味を持ってくれる、そんな人が増えるのは嬉しいですね。せっかく興味を持ってくれたんだからこの部活の魅力を最大限伝えられたらなと思います。

このGW合宿には入部を迷っている人が少なからず参加してくれると思います。僕もGW合宿で入部宣言をした一人です。周りは入部者が多く、入部者としては後ろから数えた方が早いですね。

2年前の僕はボートなんてなんの興味もありませんでした。だからこそ人生何事も縁があって成り立っているのだなと思います。数年前の自分では想像もしていなかった自分が今ここにいます。ボート部に入ることなんて考えてもいなかったのに、気づけば入部して2年がたちます。

 

なんで入部したのかといえば、勝ちたかったから、1番になれると思ったから、ここにはその環境が整っているから、そんな感じでした。

でも実際のところ自分でもなぜ入部したのかよくわかりません。みんなが仲よさそうで雰囲気が良かったから、なんとなく居心地良さそうだったから、そんなぼんやりとした理由だったかもしれません。

それでも今僕がこの場所に残り続けているのはここが僕の居場所だと思っているから、それに尽きると思います。

入部する理由なんてまあなんでもいいんです。なんなら後付けでも。ボート部に入ることが正しい選択なのかなんて誰にもわかりません。それでもここには入って良かったと思える人も理由もあります。ほかでは味わえない最高の瞬間に立ち会うことができます。

 

もし少しでもこの部活に興味があるなら、一歩を踏み出して僕らの仲間になってほしい。その一歩は確実に大きな一歩となる。絶対に後悔はさせない。

 

最高に充実した4年間を、みんなで。

 

続きを読む >>
大阪大学ボート部 * - * 21:30 * comments(0)

On Our Way

こんにちは!Made in the US 稲垣太朗です!


 みなさん新人レガッタおつかれ様でした!どうでしたか?初めてのレースは。

 上手く漕げなくて悔しいとか、息を合わせて漕ぐとボートはこんなに気持ちよく進むのかとか、リードして相手の背を見ながら漕ぐ爽快感とか、ボートの様々な表情をちょこっとだけ体験できたかと思います。


 一夜明けても、レースのことを思い返すだけでワクワクが蘇ってきますね!



 先輩たちも最初はそういったボートの魅力に惹かれ、徐々に徐々にはまっていきました。


 何にせよ、入学してからまだ1ヶ月も経たないうちにこれほど熱くなれたのはボートの特徴の1つだと思います!


 ボートは大学から始める人がほとんどで、いわゆるカレッジスポーツってやつです。なので大学から始めた人にも、全国の表彰台に登るチャンスがゴロゴロ落ちています。


そのチャンスを活かし、真剣に勝利を目指しているのがこの阪大ボート部である!




 しかしなぜボート?大学で何故わざわざそんなきつい事をするのか?自分には正直無理だと思っている人もいると思う







でも、本当に無理だろうか?






何かに夢中になる熱意を高校に忘れてしまったのか、


青春の全てを高校で捧げ切ったのか?




 前の先輩のブログでも書いてある通り、大学生活には何でもできる時間も猶予も与えられている。



 ただ何もしないで量産型大学生になればそれはそれで楽なのかもしれないし、そこそこの喜びがあるのかもしれない



 しかしみんなで努力して、みんなで喜ぶからこそ、自分史上最速で、もっとも充実した4年間、そして最高の仲間たちがきみを待っている


じいちゃんになった時、真っ先に思い出すであろう激アツな4年間がここにある。





 こんな激アツアツアツなチャンスを生かすも殺すもキミシダイ。











息の仕方を忘れるほど苦しい練習があっても、

悔しくて涙が止まらないレースがあっても、


自分が選んだボートという選択を1度たりとも後悔したことはありません。






部員一同、きみの挑戦を待ってます。


稲垣太朗





大阪大学ボート部 * - * 16:15 * comments(0)

2年前懐かしいなぁ笑笑

こんにちは!
新学期になり学生実験が週5で行われ日々実験ノートの
予習やレポートに追われています。
なかなか慣れなくて大変です。がんばります。

さて、昨日は新人レガッタ、一昨日は試乗会でした。
この二日間だけでなんと15人をも超える新入生が
入部してくれました。本当に嬉しかったです。
まだ喋ったことない子もたくさんいますが
これからよろしくお願いします‼


でも、まだ昨日まででは決められず迷っている人も
いると思います。
僕も2年前のこの時期とても迷ってました。
僕はほぼ準硬式野球部に入るつもりでした。でも初めて
乗ったボートがとても楽しくて急に迷い始めて
gw合宿にも参加してさらに迷ってまだ決められず
結局gwも終わってしまってからの豊中練習で
入部宣言をしました。
もう上回生もほとんどいなくて
こじんまりとしてしまいました。

しかし、悩んで悩んで自分で決めた入部は
モチベーションになり本当に良かったです。

僕はずっと野球をしてきて野球が好きで辞めて
新しいことをはじめるには勇気がいりました。
でも、一歩踏み出して正解でした。


いろんな事情で迷ってる人たちも悩んで悩んで
自分が良いと思うものを選んでください。

ただ、もしボート部を選んでくれるなら確かにしんどいことも
よくありますが、最高に充実して楽しい、そしてたぶん
やり遂げた時に後悔しない4年間が待っていると思います。

なにかの縁があって偶然参加した新歓で出会ったボート。
僕はこれにいろいろ運命を変えられたと思います。
入部当初から同期で1番体は大っきいけど運動神経がなく
不器用でどうしようもなく下手くそでしたが
今では人並みちょい以下ぐらいにはなれたと思ってます。
これからも頑張ります。笑
まずは朝日レガッタ決勝まで行って
大学一位になるという目標を達成したいです。

3回生漕手山本晶

大阪大学ボート部 * - * 20:10 * comments(0)

#令和からボート部

な人がこの土日で15人?もっと?増えたみたいです。嬉しい限りですね


おはこんばんにちは。2回生新人スタッフの稲津です。

令和からボート部の皆さんのことを全力でサポートすることになってます。仲良くしてね❤



GWですねーー。GWといえばそう、GW合宿です!

予定表見ました?新人コーチのあきおさんが頑張って作ってくれた予定表はこちらです!

注目すべきはここ

初めての500TTですね!頑張ってください!!!

初めての500TTに限らずGW合宿は初めてのエッセン、初めての艇庫で寝泊まり、初めての朝乗艇と初めて尽くしですね!!ワクワクが止まらなくて吐きそうなところを堪えて5/1、艇庫にお越しください。



最後にひとつだけ、


ボート部に入ってくれて、本当にありがとう。激アツな大学生活を一緒に過ごしましょう!

まだボート部に入っていない人、まだ間に合う!量産型大学生でいいのか!?一緒に勝ちを目指そう!



2回生の稲津でしたー。

ブログにこの写真を載せるのもn回目ですが、顔を覚えてもらうために貼ります。イケメンな方が僕です


大阪大学ボート部 * - * 07:00 * comments(0)

夢中

今日はボート部最大にして最後の新歓イベントである「新人レガッタ」が行われました!参加してくれたみんなありがとう!

僕は、新入生の時新人レガッタの日に入部宣言しました。あれからもう2年経ったのかと思うと、懐かしいですねー。月日の流れは早いですねー。

新勧していて、新入生と話していると「先輩はなんでボート部入ったんですか?」と最近よく聞かれます。思い返してみるとそれほど悩まずに入ったような気がしますが、はっきりとした目的は2つありました。

全国で勝負したい、そして勝ちたい
ひとつの事に熱中してやりきりたい

この2つです。
高校までの部活は、競技人口がかなり多く、地元の中ですらなかなか上位に入れず、はっきり言って不完全燃焼でした。どーせやるならてっぺんを目指したいのが僕というか、、、きっとアホなんでしょうねー。
また、大学という自由な環境でいろんな事に手を出すのも有りでしたが、1つのことを突き詰めてみたいと思いました。やっぱり体動かすのが好きなので、運動部が良いなーと。




競技は、はっきり言ってなんでも良かったです。ボートでなくても。しかし、最初に声をかけられたのがボート部であったことや、先輩に全国で成績を残した人が居て、求めている環境がある、と思いボート部に決めました。
まあ「手段」としてボート部を選んだような感じですね。つまり、初めは「ボート漕ぎてぇ!!」って感じではなかったわけですよ。


そんな僕が今では
ボートに染まり、ボートに熱くなり、ボートが大好きになっています。それだけ夢中になれる環境、魅力がボート部には詰まっています。

ほかのどの団体にも負けていないという自信をボート部員全員が持っています。


既に入ってくれた新入生のみんなへ
数ある選択肢の中からボート部を選んでくれて本当にありがとう!これから、練習などで苦しいこと辛いことがあると思います。そんな時、抱え込むことなく周りの人と支え合い、ときには先輩に相談するなりして決してくじけずがんばって欲しいです。来シーズン君たちと最高の結果を残すことを楽しみにしています。

まだ迷っている人へ
その悩みは最高に贅沢なものです。しっかり自分と向き合って後悔のない決断をしてください。選んだ先がボート部であってくれると、僕は最高に嬉しいです。絶対に後悔はさせません。




大学4年間をかけたボート部での生活は、一生の財産になる。ひとつの事に熱くなれるのはこの4年間が最後であり最大のチャンス。周りにバカだと思われるくらい夢中になろう。




最高に熱く、最高に楽しく、最高にかっこいいボート部へ



3回生
金丸大成

懐かしいですねぇー

大阪大学ボート部 * - * 22:55 * comments(0)

悩んだらボート部へ!

こんにちは!二回生漕手の石井です!

新歓も終盤にさしかかりどのサークルや部活に入るかそろそろどこに入るか確定する頃だと思います。


去年、僕は全くと言っていいほど体育会系に入るつもりはなく旅サークルなどに入って人生の夏休みを勉強と遊びで過ごそうかな〜って思ってました。

でも、新歓期たくさん奢ってもらえるし入んなくてもいいから色んなとこ行こうって思ってたまたま声かけられたボート部にとりあえず行ってみました。

最初は全く入る気なかったけど試乗会や同期とやった鍋パとかBBQで一緒にいて楽しい人ばっかりで徐々にここも悪くないなと思い始めていた時新人レガッタに出ることになり500m漕いだ。


正直きつすぎて当時一緒に乗らせていただいた先輩に入部を勧められましたが今までの楽しさにきつさが垣間見られてまた、考え直した。

しかし大学生活、サークルや学部だけの繋がりで終わるのは物足りない気がしてしかもボート部はほとんどが初心者で初心者からでも全国の表彰台に立てる数少ない競技という点に惹かれて入部宣言を去年の今日した。

ボートは練習も試合も正直いってきつい。

しかし、全員の漕ぎがあい艇が進んだ時の爽快感や試合本番の筆舌に尽くしがたいあの緊張感や勝った時の達成感は絶対サークルや他の部活では味わえないものがある。

また、ボート部は何と言っても仲がいい!!

オフの日は温泉に行ったり卓球したり飯食ったりスマブラしたりして過ごしている!

こんなに充実して楽しい部活が他にあるわけないので是非迷ってる新入生はボート部に入って欲しい!



一福にて

大阪大学ボート部 * - * 09:01 * comments(0)

新入生必見!部活・サークルはなぜ入るべきなのか!?

こんにちは。4回生漕手の林だ!

 

今回はこのブログを読んでくれている新入生に向けて、どうして部活・サークルに入るべきなのかを語りたいと思う(タイトル通りだ)。それでは!行くぞ!

 

大学、と聞いて皆は何をイメージするだろうか。おそらく多くの人が「自由」という単語をイメージすると思う。間違いない。一部の学部、コースを除いて高校に比べ圧倒的に自由だ。好きな勉強ができるし、バイトで貯めたお金で2ヶ月ある夏休みを利用し海外旅行もできる。勿論それらは社会人であったり、高校生でも可能ではあるが、それを当たり前のように行うのは大学生だけではないだろうか。ただし、間違って欲しくないことがある。それらはいくら大学生でも自分で積極的に行動せねば手に入らないのだ。学科にクラスはあっても、高校の文化祭、体育祭のような全員参加のイベントはないし(一部の学部はあるようだ!)、授業もばらばら。何もしていなくても得られる人間関係は高校に比べ圧倒的に少ない。総合大学なのに何もしなければ他学部の人と関わる機会もない。それでも卒業できてしまう。大学は「何もしない」ということに関しても「自由」なのだ。

 

だが、踏み出してみれば大学ほどなんでもできる場所はない。阪大は色々な地域から色々な考え方を持った人達が沢山来ている。それなのに学科の子達とだけ絡んで卒業するのはもったいない!

 

部活やサークルは多くの人と関わることが出来る場だ。1つの目的を全員で目指すことで他では味わえない結束感を出すことができる。

 

そこでオススメなのはボート部だ! ボート部は本当に多くの人と関わることが出来るし、全国を目指すことで結束感が高まり、世界を広げることができる。ボート部は大学から始める人が輝けるスポーツなのだ。

上は先の西日本選手権の写真だ!このクルーは一軍のクルーだがこの中で未経験者は8/9だ!君たちの熱意ある入部を待っている!

大阪大学ボート部 * - * 21:59 * comments(0)
このページの先頭へ