<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

またも短い1年

こんにちは、新4回生の佐野です。

2018シーズンもあっという間に終わってしまいました。


結果としては、

加古川 準決勝敗退

朝日   準決勝敗退

阪名戦 勝利

浜寺杯 優勝

OX盾   準決勝敗退

でした。


この1年を振り返った感想としては、最低限勝つべき相手には勝てたが、レベルが同程度以上のクルーに勝つことが出来なかったという感じでした。


阪名や浜寺杯、OX盾の予選では1着でゴールできたのはうれしかったですが、朝日の準決勝では差をつけられ、OX盾の準決勝でも競っていた早稲田に負けるなど肝心な部分で勝てなかったというのが正直なところです。


この2018シーズンを通じて上手く行かなかったところを考えると、なかなかエルゴを引ききれなかったことが頭に浮かびました。


エルゴを引くと腰が痛くなることが多くて、その辺をなあなあにしてやってきたのがかなり体力値や重要な場面ででてしまったと思います。


その結果、新シーズン始まってすぐに腰をやってしまいました。自分にとってはこのシーズンはラストシーズンとなるので、1日1日が最後のこととなります。


また、なあなあにしてしまっては結果に結びつけることはできません。なので今は腰をしっかり治して万全の状態で朝日、関選、インカレ等に望めるように頑張りたいと思います。





大阪大学ボート部 * - * 22:25 * comments(0)

乾杯


寒いです、今からこんなんじゃ冬が思いやられます。末端冷え性は秋から辛い。


どうも、新二回生漕手の稲津晴也です。最近石井と間違われなくなってきたので先輩方も区別をつけてくれたんだなと嬉しく思う今日この頃です。


さて、今日は京都レガッタが行われました。タイトルの言葉はお茶出しの時にクルーリーダーが放った驚きの一言です。試合結果は京大全日新エイトに半艇差敗れ準優勝。メダルを獲得することはできませんでした。敗因はスタートで出られたこと、第3クォーターでユニフォーミティが雑になること、スパートのレート4枚上げのユニフォーミティetc... まあ挙げたらキリがないでしょう。加古川までの2週間でその弱点たちにどうスキルポイントを割り振るのかが僕達の新人戦の結果を左右するわけです。


ここからは僕の一人語りなんで読みたくない!不快!という方はこのブログを閉じて乗艇ビデオでも見てください。



僕たちの代は男子新人対抗○○で他大学に勝ったことがありませんでした。名大にはボロ負け、京大にもボロ負け。完敗です。乾杯だけに。それが自分はすごく嫌でその事実をふと思い出す度に惨めで不甲斐なくて情けない気持ちになっていました。

今回勝ててよかった。京大1回生クルーにほんの少しでもリベンジが出来た。自分が艇の速度にどれほど貢献できたかは分からないけど、自分の乗っている船が他大学に勝てたことを本当に嬉しく思います。


次は加古川です。もっともっと艇速を伸ばさないと到底優勝なんて出来ません。勝って兜の緒を締めよ。(Byクルーリーダー)これからも頑張って漕ぎます。もっと頑張って漕ぎます。応援よろしくお願いします。


以上、帰りの電車に揺られながらおかしなテンションで書いた駄ブログでした〜。

問題のシーンです。

大阪大学ボート部 * - * 20:29 * comments(0)

この時間のブログ投稿はたえサン


もうすっかり秋ですね。豊中キャンパスに銀杏の芳しい香りが漂っています。


前回の初ブログは新人マネージャーとして書かせていただきました。勝部天音です。今回は新2回生COXとしての初ブログになります。前回のブログで、自分ができることとやりたいこと、どっちも大事にしたいと書きました。私なりの答えのひとつが、COXでした。


初めてコックスシートに座ったのが1か月ちょっと前。どう座ったらいいのかわからなくて正座してました。行儀正しかったあの頃が懐かしいです。今では寝そべっています。でも寝そべりすぎるとトップの方に吸い込まれてしまうので、腹筋で耐えようと、今日はコックスシートで密かに筋トレしてみました。寝そべると周りが見えにくくなってしまうので、不意に起きあがってミーアキャットみたいに安全確認しています。艇を揺らしてしまってたらごめんなさい。


オール運ぶの遅いし、コールは噛むし、ストサイバウサイごちゃごちゃになるし、だめな自分にがっかりしてしまうこともあるけれど、頼もしいクルーが助けてくれています。みんなそれぞれにいいところがあって、漕ぎの上手いところがあって、そんなみんながひとつの船にのって、少しずつではあるけれど、確実に、上達しているのを、いちばん近くで感じることができていて、楽しいです。

早くみんなに背中を任せたいと思ってもらえるCOXになりたい。


明日、私にとっての初レース、京都レガッタがあります。どきどきです。さっき背中を任せてもらうとか言ったけど、明日はスタンコックスなので、初めて自分のクルーが漕いでる姿を、顔を見ることになります。みんなにみとれないように、安全第一で航路とるようにがんばります。

あくまで私たちの大きなゴールは加古川レガッタだけど、レースでいいイメージをもちたいです。がんばりましょう!自信もっていこう!


消灯後に失礼しました。


大阪大学ボート部 * - * 22:52 * comments(0)

小麦色の祝福

   どうも。1限の先生がとある悪徳な中国人に騙されてチンタオに講演をしに連れ去られた影響で休講になった時間を使ってブログを書いています。2回生COXの西澤です。


   さっきまで書いていた内容があまりにもいつも書いてる内容と変わらない感じだったので破棄し、新しいことにチャレンジしてみようと思います。


   自分は先シーズン西日本選手権の迫真即席フォア以外ではエイトにほぼずっと乗っていたせいか大体クルー紹介されてます。多分運良く全試合登場しているんではないでしょうか…

   

   ですが僕自身クルー紹介をしたことがありません。


   やってみたい。


   でもいきなり生身の人間を扱うのは抵抗が…と思ったのです。


   だからちょっと練習に大阪大学豊中キャンパス福利会館3階にあるパン工房のパン紹介やります。

   ちょうど通いすぎて顔パスで組合員価格で買えるようになったのでその記念です。

   お金さえもらえれば買ってくるので豊キャン民以外も良ければ暇つぶしにでも読んでみてください。


   小手調べに3つほど普段よく食べるパンの紹介やります。


   さあいこう!


エントリーナンバー1

メロンパン(通常)160円


   メロンパンのメロンってどういう意味なんだろうと考えさせられるタイプの味のメロンパンではあるが、焼きたてのサクフワの食感とここにしか出せない程よい甘さがクセになる。邪道のチョコチップメロンパンに席を奪われることが多いようだが、店頭に並べば必ず買う。


エントリーナンバー2

もっちりゴマあんボール:120円(?)


   中華料理店で出てくるごま団子。もはやパンでは無いと思えるほど餅に近いモチモチとした食感の生地になめらかなこしあんを包み、アクセントの効いた白ごまがふりかけられた一品。これは館下にも売っているので手が出しやすい。わたなべしゅうとの好物。餌付けに使おう。


エントリーナンバー3

ベーグルサンドチキンカツ:200円


   コシのある歯ごたえと柔らかさを併せ持つベーグルでシャキシャキしたキャベツの千切りとジューシーなチキンカツを挟んだハンバーガー。最近有能な店員さんによりマヨネーズが間に挟まれて、倍になったジャンク感とジューシーさが襲いかかってくるようになった。迷ったらこれ。パン工房には他にフィッシュフライもある。阪大坂にあるカフェ坂にも亜種があり、そちらではハンバーグかグリルチキンが挟まれている。


   美味しそうに伝えるのって難しいですね。他にもまだまだ美味しいやつ色々あるので営業時間が11:00〜14:00と短めですがよかったら行ってみてください。


   さてこのままで終わるのもアレなので、近況報告をさせてもらいます。


   自分は今回の加古川レガッタで新人3rdエイトの淀に乗せてもらいます。

   1993年生まれの古い艇で3番の星野のシートにキノコが生えるほどの古さですが乗っている新人はピッチピチのフレッシュです。去年の3rdエイトだった自分たちよりも艇の状態を感じられていてすごいなと思っています。正直たまに怖い。

   たった1年間ではありますが、エイトに乗ってレースに出て培った経験を武器にもりやまさんとべーたさんと新人達を導いていけるように頑張ります。よろしくね!淀メン!

それでは!


写真はアメコミっぽいブログ大臣です。

大阪大学ボート部 * - * 10:16 * comments(0)

余計なお世話

こんにちは。

1年前全く理解できなかった専攻語の授業がみるみる理解出来るようになってきて最近ロシア語の勉強が楽しい2回生(強調)の藤井です。


新人達は加古川期の真っ只中。元気いっぱい(最近はそうでもない)の新人達を見ていると否が応でも1年前の自分の新人期を思い出してしまいます。あの時の自分はラダーではなくオールを握って3rdエイトのバウで必死でみんなについて行ってました。


さて、加古川が終わると長い長い冬がやって来ます。冬を迎える前に自分から新人にメッセージ。これはローヤンに限らずマネージャー、コックスみんなに言えること。


もしかするとなんだか引け目を感じながら艇庫にいる人がいるかもしれない。


エルゴも回らないし、体も小さいし、自分なんかが漕いでていいのかな。どうせあいつが漕いだ方が速いんだろうな、とか思ってるローヤンがいるかもしれない。


怪我でエルゴを回せなくて、船に乗れなくて、艇庫にいる意味あるのかな、とか思ってるインジャーズがいるかもしれない。


私は艇速に貢献できてるのかな、クルーに必要とされてるのかな、って心配するマネージャーがいるかもしれない。


コックスってなんのために乗ってるのかな、コックスいない方が速いんじゃない?って悩むコックスがいるかもしれない。


自分がそんな新人に言いたいのは、「自分が持つ影響力を信じて」ていうこと。


自分が元漕手の身として、少なからず引け目を感じて漕いだことのある身として、やっぱりそんな思いを持ちながら漕いでるローヤンを応援したい。フィジカルパワーが大前提にある競技だから、体格やフィジカルの強さを言い訳にすることは絶対にできないんだけど、その前提の中でこのポジションを選びがんばってる君へのリスペクト。これは自分がコックスになることを決めた日からずっとずっと忘れずに思ってること。


もしも自分が今のクルーの中で一番下手くそ、一番フィジカルが弱いと思ってるなら、逆に君はその船の一番の伸びしろってこと。君のキャッチがフィニッシュがいつもよりクリアに決まるだけでその船のAve.は平気で12秒変わってくるよ。


マネージャーの艇速への貢献。自分は一度もマネージャーをやったことがないから実感としては分からないけど、マネージャーの同期から聞く感じだと結構難しいみたい。でも、自分はマネージャーはチーム力の鍵だと思ってる。「物理的」に艇速に作用しないポジションだからこそ、このポジションが強ければ他のチームに大きな差をつけることができる。マネージャーの艇速貢献に異を唱える奴が万が一でもいればそんな奴には中指立てとけばいいよ。せっかく最近の阪大は各ポジションに豊富な部員数を誇るんだからここを活かさないと勿体なすぎる。


これはコックスにも言えること。物理的に艇速に作用できないコックスが真価を発揮した時その船はどう動くんだろうか。自分が冬場にコックスの存在意義を見失っていろんな大学のコックスのブログを読み漁ってた時に見つけた同志社のM8+コックスの言葉。「コックスが9人目の漕手になった時その艇速は想像を超える」想像を超えた艇速を見てみたい、それだけの思いで毎乗艇コックスしてます。


長々と書いてしまったけど自分が言いたいのは、とにかく自分がどのポジションだったとしても自分が思ってるよりも、少なくとももう一段階は大きな影響を与えられるよ、ということ。阪大ボート部がただのクラブじゃなくて「チーム」になるためにも各ポジションがベストを尽くしていきましょ!


以上、2回生舵手藤井からの余計なお世話でした!

約束の地/彩都西の公園から眺めた光景。

ああ、なんと美しい風景であることか!

聖地奪還に向けてあと半年、苦行を続けます。

レコンキスタ達成の日が待ち遠しいぜ。

大阪大学ボート部 * - * 10:03 * comments(0)

各人の役割

こんにちは。3回生漕手の林雄大です。

 

新シーズン始まりましたね。 過去を振り返るのはまた今度にして今回は新シーズンにおける僕の立ち位置について僕の考えを語弊を恐れずに述べたいと思います。

 

この1年間、それなりに練習して大会に出て引退するとして。のちのち振り返ってみれば思い出は美化されてこれからよっぽど酷いことがなければこの4年間は大小はあれど、良い思い出として残ることになるでしょう。

 

『大小あれど』…!

僕は絶対に最大がいいです。チームメイトにも最大であって欲しいです。 どうすれば良いか。 メダルを全ての大会でとること!全クルーがインカレの準決勝に駒を進めること!

 

結果を残すこと。そりゃそうです。でもそれ以前に。「勝ちにこだわる」こと。これだと思います。

 

僕らの学年は優しい人が多いです。 優しいというのは、乗艇中やエッセンを作っている時に怒らないとか宥めてくるとかではなく。人のことをちゃんと思いやれたり、弱い方の味方が出来たり、ということです。

 

これは団体として競技をやる上では絶対的に必要なことですがこれだけでは足りません。優しいだけの部活なら呑みサークルで十分だから。

 

私見ですが勝ちにこだわることで「良い思い出」は「有意義な経験」に変わると思っています。

 

そのためには厳しい意見、強い人の意見・見方が必要なのだと思います。また、そういう意見があるところでやっと「優しさ」が効果を発揮するのだと思います。

 

話を冒頭に戻しますが、僕は強い人の意見・見方を持った立ち位置でこの部活に最上回としていたいと思っています。アメとムチ、その両方がきっちり居座ることができるハリのある部活を作っていきたいと思っています。今のところ至らぬ点しかありませんが、どうぞよろしくお願いします。

 

写真は学年旅行のものです。30人弱いた我ら戸野チルも

今やこれだけしかいませんがこのメンツで。頂点へ。

大阪大学ボート部 * - * 10:33 * comments(0)

take it easy

こんにちは。
みなさんいかがお過ごしでしょうか。
まだ暑さが残る日はあるものの
ひんやりとした早朝の空気を吸うとどことなく秋の訪れを感じますね。
そんな調子で、この頃はちょっぴりすがすがしい気分で朝の堤防を楽しんでいます。

どうも。新二回生マネージャーの甲斐詞音です。部員のみんなからは "さりっつ" と呼ばれています。

四月に入部してから約半年が経ちました。早いものですね。

初ブログを書いた5月頃、Googleマップ無しには艇庫へ行けなかった私も、今となっては片目をつぶって艇庫に行くくらい朝飯前です。

さて、下らない話もほどほどに。加古川レガッタまであと1ヶ月を切りました。
加古川への意気込みとかをゴリゴリ書こうかな〜とも思ったのですが
月並みな言葉を並べて終わってしまいそうな気もするので、
今回は私なりのリフレッシュ法について綴ろうと思います。
何で急にリフレッシュ法やねん!ってなるかもしれませんが、それは最近私に余裕がなかったからです。

1ヶ月前くらいかちょっと忘れましたが、加古川のクルーの担当マネージャーを決めました。
一度対抗を持ってみたいという気持ちがあったので、やる気満々で対抗エイトの担当になったものの
変なプレッシャーと、クルーのために色んなことをやってのけたい!という気持ちばかりが逸って、結果として何もできていない自分にもどかしさを感じていました。
結果余裕を失って全然クルーのことを考えられていませんでした。本末転倒といったところでしょうか、情けなくて悲しかったです。

たとえ余裕がなかったとしても、心の余裕は大切です。
余裕がないと周りが見えなくなってしまうし、ちょっとしたことにイライラしてしまったり、身に覚えのないアザも増えるし良いことなしです。

そこで、リフレッシュ法というほどのものではないですが心に余裕を持つために毎日の中で心がけていることを紹介しようと思った次第です。

まず私がしていることは、その日のお天気をよーく見ることです。特にこの季節のカラッと晴れた秋空は、見ていてとてもすがすがしい気持ちになるのではないでしょうか?
雨の日はあまり好きじゃないので何とも言えませんが。笑

あとは、身近な生き物を観察することです。
阪大生なら知らない人はいないであろう名物猫、斎藤さんの自由気ままな姿を見ていると、こっちまでのんびりした気持ちになります。
私の場合、家に住み着いてる小さな蜘蛛の成長を見るのが少し楽しみだったりします。たまにいない日もありますが、大抵階段の窓際にいるので、朝見かけたら挨拶するようにしています。そうしているうちに愛着も湧いてきて、ちょっとした家族のような存在です。

些細なことばかりですが、改めて目を向けてみると、ほんの少し心にゆとりが生まれていたりします。

加古川が近づくにつれ練習も大変になり、しんどかったりくたびれている人も多いんじゃないかなって思います。
1限に間に合うために走っていて空やら猫やらを見る余裕なんてないかもしれませんが、
たまには肩の力を抜くことも大切だと思います。
大変な時期ではありますが、みんなで乗り越えましょう!

少し長くなってしまったのでこの辺にしておきます。
読んでくださってありがとうございました。



↑これは斎藤さんのお気に入りショットです。とても可愛いですね。




大阪大学ボート部 * - * 15:43 * comments(0)

てんゆうのゆうが変換できない

はじめまして、新二回生の盛本です。


記念すべき初ブログ、β部屋で一人で書いていたのですが、めちゃめちゃでっかいタランチュラみたいな蜘蛛が出てきてビビり過ぎて何を書こうか忘れてしまったので、無難にクルー紹介にしようと思います。


私が今乗っているのは加古川レガッタ新人女子クォドです。シート順は京都レガッタまでの暫定的な物なので加古レでは変わるかも知れません。


S  ひろみんさん

人間科学部外国語学科ドイツ語専攻。女子部に様々な伝説を残してきたレジェンド。ほんわかふわふわしているように見えるが艇の上ではとても頼れる。でも艇を降りると基本ふわふわしている。今セメは色々と忙しいのに一緒に乗ってくれてありがとうございます。


3  しきほ

一回生女子ロー1エルゴを回す。自他共に認める隠キャ。人混みが苦手すぎて2000t.tを引くか梅田に行くかを天秤にかけたらきっと前者を選ぶ。最近新人と上回が混ざってモーションすることが増えてきて、あまりに人が多いのでテンションが低いとか低くないとか。


2  ちはる

コミュ力オバケ。私がダブル乗りたいランキング同会の部一位。絶妙に寝相が良くないので隣で寝ている私の布団に長い手足が進出してくる。意外と寝坊する。毎乗艇色々と試行錯誤している、がんばれ。


B  私

最近、整調からバウに左遷されバックスプラッシュがかかるようになって、お肌が荒れがち。お肌のためにも上手くなって整調に返り咲きたい。


C  うぃんちゃん

マネからcoxに転向した。最近どんどん漕手の漕ぎを評価する眼や艇を感じる能力、コールなどが上手くなっていっている。コックスシートに寝そべるとすっぽり収まりすぎて前が見えなくなるらしい。


マネ  プリンセスさわ

体調記録を漕手が楽しめるように工夫してくれる。単位を余分に取りすぎて文学部なのにコマ数が工学部並み。プリンセスすぎてカップラーメンを食べたことがないとかなんとか。


COX2  たえさん

たえさんにならどんな鬼メニューを組まれても誰も文句を言わないであろう。今の新二回生は鬼主務時代を全く知らないが、なぜかたえさんには従順。艇上では結構エモいコールを入れてくれるので頑張れます。


コーチ  川尻さん

新人コーチ兼新人女子ローメンタルケア係。最近忙殺されていて艇庫に川尻さんが来れないことが多いので新人女子ローが寂しがっている。うぃんちゃんを飼い慣らしている。


 

まだまだ課題の多いクルーですが加古レまであと3週間ほど、毎乗艇“大成長”を遂げて本番では良い結果を残したいなと思っています。頑張りましょう。


そしてなぜか写真をはっつけることができませんでした。すみません。




大阪大学ボート部 * - * 21:22 * comments(0)

そして母になった 〜2018夏〜

みなさん、こんにちは。略称を母にさせていただいた新二回マネの大谷です。

次の新人にはお母さん、その次の新人にはおばあちゃん、そのまた次の新人にはひいおばあちゃんと呼ばれたいです。その次の代にはもはやババアでいいです。同回や先輩の皆様は公序良俗に反しない呼び方で呼んでください。


ブログすこし遅れて更新するので、ブログ大臣様には大変申し訳なく思っております。


事務連絡ですが、最近モーター免許を取りまして乗艇中にモーターを運転させていただく機会が増えました。結構楽しいのですが、それはさておき。

まだ経験不足で波を必要以上に漕手の皆さんにかけてしまうことが多くなってしまっております。すみません。本当に申し訳ありません。もしご迷惑をおかけしていたら、是非あの時は動かないで欲しかったなど教えていただけると幸いです。上手に運転できるまでもう少しお待ちください。。

事務連絡は以上です。



最近、納会が終わり新二回マネとして一人前と言うとこっぱずかしいですが、一人前の仕事をしなければならない時が来ました。


自分はできているかと言われるとまあ正直よくわからないのですが、担当クルーの淀の皆さんはどう思っていますでしょうか。淀の担当マネージャー大谷は褒められたり、感謝されると喜ぶので、是非。まあ褒められなくとも担当マネージャーとして、応援していることに変わりはありません。支えたいと思える漕手の皆さんでよかったなと思っています。


まあそんなこと考えているうちに、マネージャーというものについてちょっと考えたり考えなかったりしている今日この頃です。最近よくどうして自分はマネになったんだろうと考えます。


僕は漕手ではなく、マネを選んでボート部に入りました。ただ支える人としてのマネージャーにだけ憧れて入ったわけではありません。漕艇部の運営者としてのマネージャーに特に憧れて入りました。納会でも言いましたが、僕はただ漕手に仕えるマネージャーではなく、艇庫と漕手を読んで字のごとく守ることのできるマネージャーになります。そのために一つ一つできることを増やしていきます。


なんか真面目になってしまいました。

まあ大谷は根は真面目なのです。あっ、最近度付きのサングラスを買いました!あと麦わら帽子を艇庫に持ち込みました!どっちもたまに付けますので笑わないでください。


あとレインコートを買いました。あと1日早く買っていれば土朝のゲリラ豪雨に間に合っていたのにと思うと非常に後悔の念が湧いて仕方がありません。


大谷の買い物事情は以上です。(少し韻を踏んでみました)


あとブログで言っておきたいことはそうですね。来年の春のデルタへ収容される人数が恐怖で夜が眠れないということと今週僕の横で寝ていた稲津くんが夜中に彼のでかい足を寝ている僕の腰に支えるように蹴ってきたことですね。腰が支えられてるっ!!って感じでした。サポーターってこんなんなんだろうな。


あと、デルタで寝起きの僕が急いで食堂に降りようとしている時によく同回漕手を蹴ってしまっているようで大変すみませんでした。もっと落ち着いて行動します。


最後に最近印象に残ったこと、あるコーチがボート部にいるのは部のためじゃなくていいから自分のために自分を高めるためにボート部にいてねというようなことをおっしゃっていました。(だいぶはしょりました)


その通りだと思います。自分のために全力を尽くすことは必ず部のためにもなるんだと思います。大学という自分を高めるために学ぶ所に折角居るのでこのボート部でもどんどん自分のためになることをしていきたいと思います。


いよいよ、加古川レガッタ。淀のみんなはもちろん、他のみんなも頑張ってください。マネという立場では頑張ってとしか言えません。でも我々マネージャーも漕手の見えないところで頑張って支えます。


p.s 最近僕のツイッターをフォローしてくださる方が増えましたが、ただ変なことを呟いているだけなので艇庫で大谷が変人だと言いふらさないでください。微妙なツイートをリツイートしないでください。

写真は「野球に行く看護師」です。

あと、淀のみんなです。いつもお疲れ様!


1セメはギリギリフル単だった新二回マネの大谷がお送りしました。

大阪大学ボート部 * - * 23:08 * comments(0)

ざつにくるーしょうかい

こんちには!新3回coxの上町です
加古川へ向けて、私は今上回クォドに乗らせていただいております。
新シーズンがはじまって乗る艇も天游から天澪にかわり、今までのクルーとも少しメンツが変わりましたので紹介でもしてみようかしら。

S、めぐっぺ→新人期から同じクルーになった回数最多。試合に置いて敵クルーを棄権させる、沈させる、レーン侵害させる、という素晴らしい魔力を持っている。今回もよろしくお願いします。

3、かりん→しょもないこと言ってもかりんがツッコミで面白くしてあげてんねん、と自負していたが今のクルーではしょもないことを言う人がいないので仕事を無くしている。

2、とねきょん→不思議ちゃん通り越してサイコパス。家でセミを羽化させるのが趣味。初めての30分エルゴの数日後に60分を引きたがるというタフさを見せる。

B、阿世知さん→天澪に乗り続ける女。乗艇では1番声をだしてくれるが、たまに喋りすぎて息が切れてしまう。パン食べ放題には命懸け。バウの安心感ナンバーワン。

C、上町→サウナスーツを着て乗艇する。それによりお尻が濡れることがなくなり、coxシートで快適に過ごせるようになった。滑舌が悪く、「艇立てよう!」と「7,7,7」がいつも言えない。

D、山田さん→チョコレートおじさん。今度ガーナに出張してウンパルンパを捕まえてくるらしい。クルーのグループLINEでノロケがち。でもそういう話いっぱい聞きたいです笑

以上、全員外語のワールドワイドクルー、天澪でした。
加古川ではきちんと“レースに勝って”メダルをとりたいです!!!とりましょう!


面白かったんで思わずスクショしてしまいました

大阪大学ボート部 * - * 19:23 * comments(0)
このページの先頭へ