<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

もうすでに夏休み

ハノイよりマニラより暑く,カイロと同じぐらい暑い国日本にお住いの皆様,いかがお過ごしでしょうか.
かのイニエスタが最初に覚えた日本語は「暑い.」だそうで,私も他の言葉でも「暑い」と言えるようになりたいものです.ファッキンホット.

このままでは8月の気候と言語力が思いやられる心持ちです.

研究室に配属されてから,英語を使う機会が多く,face to face なら何とかなるという実感を得て,この国の英語教育も悪くないじゃんと思う今日この頃です.
とはいっても電話口ではなかなかこうもいかず,聞き返せば聞き返すほどに内容よりも相手のイライラが伝わってくることが多々あります.
電話を取って,”hello”と受話器から聞こえたときの焦燥感がなくなって,すらすら会話ができる日はくるのでしょうか.

そういえば,先日大学院入試の出願のために証明写真を撮った時に,見慣れた鏡像と写真に写った虚像で左右が異なることに気づきました.冷静に考えれば当たり前のことでも,実際に気が付くまでは,その違いがあることすらも失念しがちになります.
艇上における表現でも,慣性系の表現と非慣性系の表現は意図せずとも,いささか混在することがあり,系の違いによる見解や解釈の相違を把握できない場合,混乱や誤解を招くこともあろうかろ思います.
他方,例えば実験室系に対する重心系のように意図的に系を変更することで,運動が容易に理解できるものもあります.適当な系を選択して,アドバイスを加えたときには,まったく異なるリアクションがあることが実に興味深く思います.
つまり,系というものに対して,力学的な問題の解決だけでなく,日々の問題や艇の挙動,あるいは立場といった抽象的な概念においても,意図的に関心を向けることが重要であろうという話です.


普段,写真を撮らないので,先日奈良県は若草山での写真を1枚.院試に合格して走りに行きたいという願いを込めて.落ちたら某医大にこっそり入れてもらおかな.

寺前


大阪大学ボート部 * - * 16:52 * comments(0)

もうすぐ夏休み

こんにちは、3回生マネージャーの加田です。

最近よく私が利用している電車が、線路が暑いやらで止まってしまいます。7月の今ですらこんなに暑いのに、8月はどうなるんでしょうね。

みなさん熱中症に気をつけましょう。


今シーズン、残る試合もあと2つだけです。

今シーズンが始まるとき、自分の担当クルーがなくなってからの試合はどんなのだろう、試合に対するモチベーションも変わってしまうのだろうかと思っていました。でも、いざシーズンが始まってみると、試合が楽しみだけど緊張するいう気持ちや、全クルー勝ち進んでほしい、表彰台に立っている姿が見たいという気持ち、1試合でも多くの試合が見たいという思いは変わりません。

マネージャーとしてできることは、選手が練習に集中できるような環境を整えること、試合の準備をすること、そのくらいしか思いつきません。それが勝敗に関係するかというと、答えは人それぞれです。それでもせっかく同じボート部にいるのだから、少しでも力になれるよう自分ができることを着実に、また他にもやれることがないか考えながら残りのシーズンを過ごそうと思います。

もうすぐ夏休みですね。部活に勉強にインターンに、充実した夏休みにします!


去年の学年旅行です。あぁ海に行きたいなぁ。

大阪大学ボート部 * - * 18:25 * comments(0)

かき氷に埋もれたい


夏だ!暑いですね!ガリガリ君箱買いしたい
お祭りに行きたいとか言いながら高校時代は全く行けず、大学生になったらいくらでも行けるやん!とか思っていたのに行けていません
いや!まだ夏は始まったばっかりだ?!

はじめまして
1回女子漕手の刀祢響子(とねきょうこ)です
とねきょんです
大阪生まれ大阪育ちで、阪大周辺の狭い世界で18年間生きてきました
なのに!関西弁が流暢に話せません!なんでやねん!

私は中高吹部で弱小ではあったけれど部長をしていました
吹奏楽は好きだったしそのまま続けようと思っていました
だけど!気付いたらボート部に入っていて、ボート部にどっぷり浸かっています
人生わからないもんだ!

一人暮らしに憧れていた私にとって、艇庫での生活は半一人暮らしみたいな感じでとても新鮮です
1日分の食事やん?と思っていたエッセンも、案外自分の胃のキャパが大きいことを気付かせてくれてこれまた新鮮です

そして何よりも乗艇が楽しいです
でも楽しいだけじゃダメで、早く先輩方のように上手くなりたいです
エルゴだってブンブン回せるようになりたいです

これから4年間、どれだけ強くなれるかは分からないけど、少しでもボート部に貢献できるように精一杯頑張ります!
よろしくお願いします


↑マイブームの柑橘系ジェラート

   フルーツそのまんまな感じがたまりません

大阪大学ボート部 * - * 15:08 * comments(0)

ほかの誰でもなく自分が勝ちたいからこそ思うこと。回想長め。

 

ブログ大臣のあきおくんに忘れられて10ヶ月振りになります、M1漕手徳舛です。

 

最後のインカレにあと2ヶ月まで迫って、否が応でも引退を意識するようになりました。

 

 

インカレ。

 

去年あれだけ自信のあったクルーでも結局勝てなかった。

 

院生にもなって続けるからには結果を出さなければいけない、結果を出すためには去年の自分を超えなければいけない、クルーとしても去年以上の艇速を、自信をつけなければいけない

 

果たして俺にそれができるのか?

 

インカレで不甲斐ない漕ぎをして、これが最後のレースでいいのか?という思いと

先ほどの問にはっきりとyesと答えられない思いとの狭間で、続けるかどうか非常に悩んでいました。

 

ただその続けるという意思を後押ししたのは、同期の飛永、三浦、木本の付きペアが全日3位になり、表彰台に上がったのを見たから。

 

全国の舞台で表彰されるのはどういう気持ちなんだろう?

そこからの景色はどう見えるんだろう?

それはそこに立った人しかわからない、コーチをやって教え子が上がったとしても感じることのできない、やっぱり自分でそこに行ってその気持ち味わいたい、

そう強く思いました。

 

 

ーーーーーーーーーー

 

初心者からでも全国狙えるよ、その言葉に心引かれて高校でボートの世界に足を踏み入れました。

 

 

競技人口が少なくとも、全国でトップを狙うというのはそれ相応の努力が必要で、結果が出ない間は何度も心折れそうになりました。

 

先輩が引退して最上回となって4×+で臨んだ秋の中部選抜。

そこで東海1位になって、僕の高校としては7年振りとなる全国選抜出場を決めたときはこれまで感じたことのない喜びを感じられました。

 

そして3月の全国選抜に向けて練習してる中で起きた東日本大震災、知らされる全国選抜中止の連絡。

 

このときはまだインハイも国体もあるからと、そこまで気にしてはいませんでした。

 

しかしそのあとインターハイ県予選を間近に控えた4月、どうにもこうにも腰が痛くて漕げなくなりました。

 

 

診断の結果は側弯症。

 

 

なんとか早く漕げるようになりたいとリハビリに励んでいましたが、大会まで時間もなくクルーから外されることになりました。

 

結局練習できない期間に体力も落ちて、ダブルで臨んだインターハイ県予選は4位という結果に終わりました。

 

怪我をしなければまず抜けられてたであろう、インターハイと国体の県予選を目前にして、結局目標にしていた全国の舞台で戦うという夢は叶えられませんでした。

 

ーーーーーーーーーー

 

 

こういうこともあって全国の舞台で戦う、結果を出すというのは僕の中でずっと目標にしていたことで、その最後のチャンスがもうすぐのとこまできてます。

 

高校の時は自分より上手くて強い同期に助けられという感じだったので、大学入ってからは僕がそうなれるように、彼らのようになれるようにやってます。

エイトのみんなには伝わってるかな?

 

インカレまでの残りの期間ビデオ見て、自分の漕ぎを見つめ直して、疑問あったらどんどん質問して、自分の漕ぎに自信を持ってインカレに臨めるように。

 

俺は何としても勝ちたい、阪大ボート部の歴史に名前を刻みたい、今のクルーなら不可能じゃない、そのためにはみんなの覚悟が必要だから、残りの毎乗艇覚悟決めていきましょ。

 

 

 

最後に僕の中のモチベーションビデオ紹介しときます。

 

https://youtu.be/fJaLXvRRnfU

 

去年の関西選手権。

嬉しすぎて叫びすぎてこのあと熱出すんですけど、

一回叫んだあとまだレース成立してないからって一旦静まって、白旗上がってからもう一度叫んでるのが面白いですね。

インカレで最終日に残るためには関選で優勝が必要条件になると思うから、しっかりと勝つイメージしてこう。

 

https://youtu.be/EP8LhMSVf3w

 

これは僕の代わりに後輩が乗って出たインターハイの決勝レース。

3番が準決勝で39℃を超える熱を出した中、出しきってなんとか上がった決勝なので、ヘロヘロだけれども。

あれだけ速かった彼らでも勝てなかったレース、ゴールして倒れ込んだ彼らは何を思ったんだろう、俺も全国の決勝の舞台にたってその答え知りたいと思います。

 

 

 

写真は去年の関西選手権優勝したときのもの。

 

この光景をもう一度

大阪大学ボート部 * - * 19:38 * comments(0)

雷神がアツい!

こんにちは、3回生漕手の須多です。


最近暑いです、乗艇中なんてとにかく暑い。気温が高いのに加えて雷神が日光を集めて温まってたりなんてするんでしょうか?サーモグラフィーで調べてみたいところです。




というわけで今は関西選手権、インカレに向けて雷神に乗って練習しています。

舵手なし艇で試合に出るのは初めてなので試合での航路管理(特にスタートとその直後)に不安しかないです。



後ろに乗ってる吉田くんとは去年の全日新以来、7ヶ月ぶり、今シーズン初の同じクルーになりました。

久しぶりにクルーを組んだわけですが、試合のスタート前に相変わらずニヤニヤしながら後ろから僕を呼んで「緊張するよな」って言って緊張を移そうとしてくるのか、はたまたどっしり構えるようになっているのか




話は変わりますが、この前の朝日レガッタ準決勝では頼もしい先輩と後輩の後ろで「決勝いくぞ!決勝!決勝!」と騒いでるだけで決勝に連れて行ってもらいましたが、その決勝の最後では勝負させてもらえませんでした。



決勝という舞台での試合に憧れてそこにいけたことは嬉しかったけれど、そこで勝負して競り勝っていきたい、勝負できなければ意味がない、と強く思わされました。


そのリベンジのつもりでまずは関西選手権に臨むつもりです。

今回、ペアは準決勝がなく、予選3組と敗者復活3組の各1着で決勝をするので1着にならなければ2日目はないというなかなかシビアな状況ではありますが、決勝に出るだけでなく、出た上で勝負するためにはそれくらいじゃないとダメだと言い聞かせてます。



その先のインカレを考えれば決勝に進むしかないし、リベンジのつもりで挑むからには決勝に行かなければそれこそ意味がない。




勝ちにいきます
笑顔で船台に帰れるように






↑誕生日プレゼントを渡したらすぐに着て食堂に急いで向かっていく無邪気な新22歳

誕生日おめでとうございます。


大阪大学ボート部 * - * 18:32 * comments(0)

なかゆかチルドレン

こんにちは

2回生マネージャーで新人担当マネの中原です。

今日は新人マネの紹介をしたいと思います。


大谷 まひろ

有能。有能。教職&バイトで中々会えない。ゆえに謎が多い。男マネ新歓コンパでキャラ崩壊しがち。時間割に余裕が出来てからの男マネとしての活躍期待してます。


小川 あゆな

姉さん。あゆなって呼ぶと喜ぶ。のに、心の距離感近い感じで接すると引かれる。漕手の家にいがち。琵琶湖に浮かぶ離島出身。特殊小型船舶免許より上の2級小型船舶免許を取るらしい。


甲斐 しおん

さりっつ呼びをゴリ押ししてくる。高校からの付き合い。わたしの熱烈な勧誘(without 圧力)で入部。高校の時は大人しかったのに、今やクレイジーさに定評がある。


勝部 あまね

この度coxに転向したチャレンジャー。広大附属福山(察し)。変わってるんやろうなこの子って思うことが最近よくあるから、化けの皮が剥がれる日を楽しみにしてます。


岸田 ともこ

この度マネに転向したボート大好きガール。諸事情により一発芸再履なので来年に期待。彼女の何かが新人女子ロー盛本を惹き付けるみたいなのでわたしももっと仲良くなって惹き付けられたいです。


中山 あゆみ

大谷と行動を共にしがち。たまに片鱗が見えてるので、きっと仲良くなるとかなりの毒舌になるんだと思う。彼氏が相当な変人。だからそのうち慣れて変人になることを期待。


米森 さわ

ええとこの子って感じ。プリンセス。お嬢。マンガに出てきそう。日本語が美しい。と思いきや急にタメ口になる時がある。仕事できますと見せかけたただのぽんこつ(≒松田卓)。


みんなで仲良く頑張ってくださーい!















で、終わろうと思っていたのですが、2回生マネも紹介しろとのことなのでてきとうに紹介して終わります。


安達 きょうへい

仲良くなってからが彼の魅力の本番。


酒井 ななこ

彼女を見てると運命ってあるんやろうなと思う。


鈴木 かのこ

妹似てなさすぎ。


高田 ゆい

価値観が合いすぎるこじらせ仲間。


武内 りさ

なんでもスパッと言ってくれるから助かる時もある。



試合シーズン頑張りましょ〜



大阪大学ボート部 * - * 23:22 * comments(0)

誰も知らない話

どうも、3回生漕手の竹田です。

最近の猛暑のせいで朝日の頃には77キロあった体重が今では73キロまで落ち相当焦っております。やばい笑



さて、前置きはこの辺にして、あと1ヶ月で関西選手権、そしてインカレが迫っています。大好きな4回生の皆さんとともに汗を流せるのもあと少しだと思うと目頭が熱くなります。



今思えば今シーズンは僕にとってほんとに激動のシーズンだったと思います。


去年の夏、訳あって僕は一度部活を離れました。当時同じクルーだった人たちにはほんとうに迷惑をかけたと思いますし、今でも頭が上がらないです。それでも去年の10月、ボートに未練があった僕は、雄大さんに「ボート部に戻りたいです。」とラインで言いました。こんな僕を拾ってくれた雄大さんには感謝してもしきれないです。そしてこの時僕は、部に迷惑をかけた以上、結果で貢献するしかないと思い「死ぬ気で頑張る」と雄大さんと約束しました。



「インカレまでに対抗に乗る」が僕の目標でした。大きなブランクがあり、技術も体力もゼロからのスタートだった僕には無理な目標だったと思います。練習の強度にもはじめはついていけず、辛かったです。それでも僕の身体を突き動かしたのは、雄大さんと約束した「死ぬ気で頑張る」という言葉でした。


そのおかげで、阪名戦後には対校エイトのシートレースに参加することができました。残念ながらシートレースには敗れ、対校エイトには乗れませんでした。正直めちゃくちゃ悔しかったですが、相手があずまさんだったので仕方がありません🙃


そして、今はまさとペアに乗ってます。日々成長してる感じがして練習してて楽しいです。目標は関西選手権でメダルを取ることです。正直まだまだその実力には及んでいませんが、部に貢献するためにも、自分のためにも死ぬ気で頑張っていこうと思います。



↑朝日レガッタJr.エイトの写真

この写真撮るときけっこう恥ずかしかった😂





大阪大学ボート部 * - * 20:04 * comments(0)

あと4週間

暑いですね。ただでさえ汗かきなのにこれ以上暑くなるとどうなってしまうんだろうと心配です笑

冬が恋しいような恋しくないような、、、


関西選手権まで1ヶ月を切りました。去年、一回生だった僕はボートについてほとんど知らず、関西選手権で先輩が優勝している姿を見て「すごいなぁ」と単純に思っていました。一年経って、血の滲む努力の上の勝利だったんだなと身にしみて感じます。あの表彰台でメダルをもらってる先輩の姿がめっちゃ格好くて、自分も表彰台に立ちたいって思いが強くなりました。


4回生の先輩は最終シーズンで、モーションでも僕たちには想像出来ないような覚悟で取り組んでおられると思います。自分は元々体力があるわけでもなく器用でもないので、そんな先輩達に追いつこうと思えば、それ以上の覚悟でモーションに臨まなければなりません。一回のモーションも無駄に出来ないし、体調不良や怪我なんかしてられませんね。


もう朝日レガッタの時のような不完全燃焼で終わりたくないし、関選の表彰台の一番上からの景色を見てみたい。そのためにも、一回一回のモーションで少しでも成長できるように課題を克服出来るようにしなければなりません。なので毎回、ラストモーションという気持ちで集中して取り組みたいです。急に暑くなってきて体調も崩しやすく、集中力が落ちて怪我をしやすくなると思うので、自分も含めて気を抜かずに毎日過ごしていきましょう。


短いですが眠たいのでこのくらいで許してください。

2回生 寺田





能勢さんにうなぎ食べさせてもらいました。この味は忘れられないです笑

大阪大学ボート部 * - * 21:46 * comments(0)

初心

  1回生山本康平です。はじめてのブログを書きます。


 現在の最大の悩みはエッセンです。今日も僕はエッセンを食べるのが一番遅


く、何度窓からぶちまけてやろうかと思ったことか…

これが夏休み毎日続くと思うと絶望ですよ本当に。


 そんなことはさておき、インカレが何ヶ月後かに迫っているらしいですね。そこで引退する先輩方もいるようで、艇庫にもだんだんと緊張感が高まっていくのではないかと勝手に想像しています。


 それと同時に、3年後、自分もあと数ヶ月で引退ってとこまできたらどんな感じなんだろうと思いました。やはり、ボートを続けていてほしいです。できれば選手で最後の引退試合まで頑張っていてほしいです。今の1回生全員が残っていてほしいです。怪我人も出るかと思いますが、最後の試合はできればみんな出場できる状態であってほしいです。できれば数艇ほど表彰台に上がってたらいいなと思います。


 まだまだ先のことではありますが、3年後、自分がこのはじめてのブログを何かの拍子に見返して、初心を思い出してくれたら嬉しいです。

↑入学式の僕です。1番初心の状態です。

大阪大学ボート部 * - * 16:20 * comments(0)

安達写真館

こんにちは、2回生マネの安達です。
写真館の容量がいっぱいで現在あげることができない状態なので自分が今まで撮ってきた写真を公開したいと思います。



この頃はたえさんのことびびってたなあ。あ、今もか



2回マネ。両端の年齢差がえぐいことに。



シングルレースで弓削沈しました。



加古レ後。悔しそう。



同じく加古レ後。くつろぐけんとさん。



見下すベータさん。



新田さんなんか祈ってる。



みんなでスーパーマン。



今年の新歓。すでに懐かしい。



本日最後の写真。この人は誰でしょう?

大阪大学ボート部 * - * 09:29 * comments(0)
このページの先頭へ