<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4連敗中 | main | いつまでもあると思うな親とつぼらや >>

「歴史を肌で感じる」時代

みなさん、こんばんは。新二回生漕手の中塚陸朗です。
コロナウイルスによる現在の惨状は僕が教科書で見たオイルショックのようなものを感じます。しかし今回は病気なので歴史を繰り返さないように努力しても限界があったようです。
大阪は都市の規模の割に回復が早いように思います。僕は大阪が感染者数を抑えられている理由が不思議でしたがこの前、バイトの家庭教師に行った時そこのお母さんが理由を知っていました。「大阪人なアホやけど素直やねん。」「うちら吉村好きやねん」単純明快で度肝を抜かれました。世の中難しいことだけで成り立っていると思っていた僕は大阪のこの純粋さに魅力を感じます。

大阪人ひいては関西人の行動のお陰でボート部の普段の練習に戻れる日も近いようで何よりです。
僕は気を抜くと以上のように上からものを言う感じになってしまうので大阪の方を見習いたいです。
箕面の滝、すごかった
大阪大学ボート部 * - * 20:49 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ