<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日はなんの日 | main | hand eye , bow toe boo. >>

先日の康平のブログを読んで船台の草を刈りたくなったのはおそらく僕だけかと思います。

緊急事態宣言でも植物は自粛してくれませんでしたね。


いい天気なので今日は誰も求めて無いであろう阪大漕艇部淀川船台付近の草畜生の紹介をします。


1.ヤダケ(矢竹)

河川付近で一番よく見る。しなやかで折れにくいので矢として使われていたことが名前の由来。そのしなやかさで陸上でのエイトの転回を邪魔してくる。実は笹。


2.メヒシバ

足元の不快感の正体。あの緑のチェーンみたいな穂を持つ。春から秋にかけて見られる。穂がこそばゆい。アスファルトからも生える。


3.オオアレチノギク

セイタカアワダチソウに似てる。2mくらいまで大きくなる。ヌートリアと同じく()要注意外来生物指定。刈りやすくて好き。


4.ヤブガラシ

滅びて欲しい。船台入口から中間地点くらいまでで生えてる葉っぱの大きな蔓っぽい草。お上品に草を刈っていると草刈機に絡みつくのでバーサーカーっぽく刈るべし。


5.イバラ()

名前が分からなかったが、この前船台開拓中に見つけたトゲのある草()。赤い実とトゲを持つ。刺した感じ毒は無かったけど痛かったのでもし見かけたら近づかないように。


この辺にしておきます。

興味がある方はまた自分で調べてみてください。

モーション中に見かけた草の名前を調べたりすると意外な発見があるかもしれませんね。


ちなみにこの紹介は僕が今ネットで調べながらコレっぽいなと思ったものを挙げてるので間違ってたらすみません。


最後に

この前作った、ツナギのたまごを入れすぎて固まらなかったハンバーグです。味は美味しかった分結構ショックだったのでここで供養させてください。


それでは。




最上回 西澤



大阪大学ボート部 * - * 12:55 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ