<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 生存報告 | main | 暑くて熱くてアツい夏 >>

現状維持では後退するばかり

メルハバ!2回生マネの谷口友香です!

メルハバはトルコ語なんですけど、どの時間帯でも使えるから便利ですよ。


題名は姉が好きな言葉らしいです。なかなか、いやかなり!自分に厳しい言葉やと思います。休日は昼の12時に起きる人なのに泣泣


ところで、みなさんは名言は好きですか??

私は名言はやる気を出させてくれたり、自分をいい方向に変えてくれるので好きです。このブログを読んでいても度々名言に出会っちゃうこと、ありますねぇ〜〜😎


今日は好きな名言を紹介します。

三浦しをんさんの『風が強く吹いている』から。

駅伝についての話なので、スポーツ系ですね。


一つ目は


「身体能力に個人差があるのは、当然のこと。しかしそのうえでなおかつ、スポーツとは平等で公正なものなんだ。」


です。これは藤岡という主人公のライバルが、長距離走で、留学生をチームに入れるのはずるいという理屈に対して言った言葉です。日本人同士でも確かに身体能力に差はあるから、一理あるかもと思った言葉ですね!


二つ目はこれまた藤岡の言葉で


「たとえ俺が一位になったとしても、自分に負けたと感じれば、それは勝利ではない。タイムや順位など、試合ごとにめまぐるしく入れ替わるんだ。世界で一番だとだれが決める。そんなものではなく、変わらない理想や目標が自分のなかにあるからこそ俺たちは走り続けるんじゃないのか」


です。漕手の皆さんも何かそういう変わらない理想や目標があるんですかね。気になります😎


次の名言はサイゼリヤを起業した正垣泰彦さんの言葉です。


「ちっぽけな『自分』という壁を乗り越えてごらん。苦しいとき、あえて他人の荷物を持ってあげてごらん。

誰かのために生きる喜びを見つけたら、人生、こんなに楽しいことはないよ。嫉妬もしないし、つまらないことで腹を立てることもない。自分と他人の区別がつかなくなるから、人間関係のストレスがゼロからになる。

  そして荷物を持ってあげたくなる仲間をたくさん見つけることが、いちばん大事じゃないのかな。」



です。どんな時でも誰かのために生きれるほど、キャパは大きくないですが、私はこの言葉の最後の部分が好きで、こーゆう仲間がボート部にいるんじゃないかなって思うんです。


お〜わ〜り〜です!




ズムスタで多分オタクな先輩が書いたオタクの絵です。崇拝してる感がよく出ててすごいなって思います!!

大阪大学ボート部 * - * 23:20 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ