<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< I Made The Best Choice | main | SwitchかPS4か、、、 >>

幸か不幸か

3回生漕手の中田渡月です。


自律神経には交感神経と副交感神経というものがあります。

昼の活動的なときは交感神経が優位で、夜のリラックスしているときは副交感神経が優位です。



活発にする交感神経と休ませる副交感神経。

なんだかドライブとフォワードのようではないですか?

そこで根拠はないですが

交感神経=ドライブ

副交感神経=フォワード

と仮定します。

そして漕ぎ方のタイプから生活習慣を診断し、アプローチを提示します。


[1]ドライブが弱く、ドライブとフォワードのメリハリがない人


おそらく交感神経と副交感神経の切り替えも上手くできていません。

もしかして昼間もだらだらし、一日中ベッドの上で過ごしていませんか?

昼も副交感神経が優位になってしまって自律神経が乱れます。

運動をしてパリっと体を起こしましょう。


[2]シートラッシュする人


寝る時間が短くても大丈夫だと思ってませんか?

1日6時間未満の睡眠を14日間続けると、2日間徹夜したときと同じくらい集中力が低下します。

最低でも7時間寝ましょう。


[3]フライアップ+蹴りこみする人


良い睡眠にするための準備ができておらず、気持ちいい目覚めもできてないのではないでしょうか?

就寝90分前に入浴剤を入れた湯船に浸かり、朝起きたらコップ1杯の水を飲んで胃腸から目覚めさせましょう。

ちなみに僕はこのタイプです。


[4]意図的にフィニッシュ時に一旦止まる人


クルーに合わせてタイミングを調整できるあなたは自分をコントロールする力に長けています。

また夕食、シャワー、就寝時間をある程度決めていて、寝る前のルーティンを持っているのではないでしょうか。

夜は照明を最低限にするとさらに寝付きが良くなります。


交感神経優位。

大阪大学ボート部 * - * 11:43 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ