<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新しい試み | main | まじで浮いてる >>

本とボート

最近本を読み始めました
ネットで暇つぶしに情報を見るのが好きだったのですが今のネットは一昔前に比べて広告が多い、すぐページを移動させる、どのサイトも他のサイトをぱくったような内容しかないといった現状です
またネットは情報源が不明瞭な場合が多く嘘か本当かを見分けるリテラシーも必要です
それに比べれば本は大多数は権威ある人が書いており情報源が明確であることが多く同じ内容そうな本であっても作者の捉え方が違い異なった意見が書かれているなどネットよりも得るものが大きいかなと思います
こんな偉そうに講釈を垂らした割にはまだ2冊目なんですけどね




最近読んだ本はアウトプットについての本です
インプット:アウトプットの比は3:7であることが理想で、例を挙げればみなさんも試験勉強のときには教科書をそこそこ読み込んだら練習問題や過去問を解くのに多くの時間を割くと思います
このインプット、アウトプットを最も効率よくできるのが教えることです
また本を読む前や映画を見る前に自身が知りたいことを明確にすると、知りたい場面がくると強烈に頭に焼きつき長期記憶になります
他には本で得られる気づきは3つまでにしたら良く、その気づきから何をすべきかを更に3つあげ、実際に行動に移すのが大事です




結構当たり前なことを書いていると思いますがこれはボート競技にも当てはまるのかなと
僕らは艇上で漕ぐというアウトプットに対して他の仲間、コーチからの訂正、フィードバックが行われどんどん上手くなっていきます
また下回生は上回生から教えられ情報がインプットされ実際に漕ぐことで上達すると思います
このとき上回生も教えるという行動はなぜそうなるのかというプロセスも教えなければならないためより深く理解しなければならないのでボートが上手くなります
また出艇前ミーティングで狙いを決めることで毎ストロークそこを意識するのでかなりアウトプットの効果が高まります
また降艇ミーのときに乗艇から得られた気づきを3つあげ、それを修正、強化するために何をすればよいかを話し次回の乗艇で実際に行動することでボートは上手くなるのかなと思います



今の現状僕らは乗艇というアウトプットに対して、情報のインプットが少ないかもしれません
もしそうならもっと仲間内で話し合ったりはたまた艇庫の本棚にあるボート関係の本を読むことが大切になります




本を読むことによって知識の幅が広がったり、深まったりします
それによって周りを見る目が変わるかもしれません
みなさんも春休みにもし暇な時間があったら読書をしてみては如何でしょうか
以上普段ハイパー意識低そうな新四回生の天野でした


彼は日頃ストイックに勉強しているFくんです

無事進級おめでとう!

大阪大学ボート部 * - * 11:11 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ