<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 霜焼けにはサ〇ンパス | main | トルコ語でクズは羊 >>

待て

新3回漕手の中田γです。


今年のブログを見ていると「冬は辛い」という感想もありますが、「意外ときつくない」「楽しめてる」といった感想が去年より圧倒的に多いです。


暖冬だから。で片付けるならそれでいいのですが、「冬だけが特別しんどい」というのは実は嘘ではないでしょうか。


辛いと言っている人を悪く言うわけでは決してありません。一意見として聞いてください。


練習に一生懸命取り組み、全力を尽くすのは一年中同じ。

寒いならあったかくて防水の服を着ればいい。

モチベーションが上がらないならとにかく成長できた所にだけ目を向けたらいいし、冬で磨いた技術や体力を春夏で爆発させる自分を思い描けばいい。結果はすぐについてくるわけじゃないんだから。

それでも辛いなら一緒に考えて乗り越えよう。


ボートはサッカーや野球に比べあまり対外試合をせず、比較的閉鎖的であるという側面を持っているため誰かが言った独自の理論が常識のように信じられているのではないかと怖くなることがあります。(マシンローはタイムが出づらいなど。)


僕は去年の冬、「冬は辛い」と散々聞かされ、冬に負けないよう耐えることに終始してしまいました。


でも今年は違う。

ランもウェイトもエルゴも乗艇も着実に積み上げてきました。

この冬に意味を与えるのはこれからの試合の結果です。

いつかこいつらが2本ずつオールを持って阪大史上最速のクォードを作り上げることを想像するとワクワクします。

大阪大学ボート部 * - * 22:33 * comments(1)

コメント

まさかシート順狙ってたんか!?
Comment by 部員 @ 2020/02/09 10:59 PM
コメントする









このページの先頭へ