<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 今日は全休やけど無駄に過ごしたくない | main | 吉凶相央 >>

コミュニケーション

新最上回生の金丸です。

何ヶ月ぶりの登場でしょうか。

ブログの当番がコンピュータによるランダムな割り振りになってからブログ当番が回ってくるのがめちゃ早かったりめちゃ遅かったりする人がいます。まぁしゃーないです。

今回はタイトル通り「コミュニケーション」について。


コミュニケーションとは・社会生活を営む人間の間で行われる知覚感情思考の伝達生物学動物個体間での、身振り音声匂い等による情報の伝達
(Wikipediaより)


だそうです。

これを読むと、やっぱりコミュニケーションというのは「ボート部」という社会の中で生活をする人間として、めちゃめちゃ重要なことだと思うんです。


いつだったか、某F井君が、

「ボート部は擬似社会だ!色んな価値観を持ったやつが集まる、社会に出る前の予行演習や!」

と豪語していらっしゃいました。
僕もそう思います。選手・マネ・コーチ関係なく自分の思っていることを相手に伝えるという行為は、ものすごく重要なことです。

重要だと考えられる場面を挙げてみます。選手目線が多くなるかもしれませんが許してください。(もし長すぎるようであれば、スクロールして頂いて最後の方に行って下さい)

1.物事の方針を決める時
少なからず体験したことある人はいると思います。今まさに次の新勧に向けて準備が進められているようです。しかし、全員が同じ方向を向いて新勧という一大プロジェクトに挑まなければ、大勢の新人獲得や育成成功には繋がらないでしょう。こういったプロジェクトにはリーダーが存在しますが、リーダーの独裁で上手くいくかと言うと必ずしもそうではありません。リーダーの方針にメンバーが納得いかないまま進行してしまうと、どこかでリーダーの想定と異なることをしてしまう人も出てくるはずです。そうなった時のリカバリーも上手くいきません。やはり一人一人とのコミュニケーションによって意見のすり合わせ、譲歩を行う必要があります。

2.他人の変化に気付くか気付かないか
これは明らかに差が出ます。なんかこの人元気ないなーとか、髪型変わった?とか、なんかいい事あったのかなとか、気付ける人はすぐ気付きます。某T朗くんは人の髪型の変化にソッコー気付きます。女子同士でも気付かなった変化にも気付きます。マジすげぇ。
日頃のコミュニケーションの量によって気付くことが増えます。僕もみんなにできるだけ話しかけるようにして、ちょっとした変化にも気付けるようにしようとしているところです。気付いてもらえると人ってめちゃめちゃ嬉しいですからね。

ここからボートっぽく
3.クルー組んだ時
そんなん当たり前やろ!ってみんな思うと思います。しかし、じゃあ出来てるのかって言われると怪しいと思います。クルーというのは運命共同体です。試合に勝つも負けるも同じ運命です。
ボートで例えると、もしコミュニケーションが十分に取れてたならば、相手の仕草や行動で、
次にどんなことをして欲しいのか、どんなコールが好きなのか、どのタイミングでイベントが入るとノってくるかとかが感じとれるようになるんだと思います。これは最強だと思います。だって、言葉を介さずに相手の意志を汲み取れるわけですから。ここまでいけるといいなぁ、、

4.漕ぎを合わせる時
これこそボートの真髄。最も苦労し、合った時の感覚が病みつきになる瞬間です。
難しいですよねー、僕も未だにどんな表現なら伝わるのかたくさん試しているところです。まあ正解なんて一人一人に対して違うんでしょうけど。コーチとのコミュニケーションにおいても表現というのは無限大です。コーチに「〜な風に漕いで」と言われた時に、それを感じ取ろうとする事が大切で、「こうかな?」と思ったことをコーチにまた確認するとそこにコミュニケーションが生まれ、相互の漕ぎのイメージのすり合わせが出来ます。確認したことで、コーチの中には「〜な表現だとこう伝わるのか」というのが生まれるはずです。
最近は僕にアドバイスを求めてくる方もおり、アドバイスした次の日にどうだったか聞いて、
「良くなりました!」と言われたときは嬉しく思います。

この辺にしときますね、長くなりそうなんで(もう長い)

せっかくボート部という社会に足を踏み入れ、その中でインカレ最終日という大学生活をかけた超ビッグプロジェクトに挑んでいるわけなんですから、共に闘う仲間とのコミュニケーションは大切にしたいと考えています。ボートの話ももっとみんなとしたいし、それと同じくらい他愛もない話をみんなとしたいと思っています。

全員が自分の役割を理解し、実行に移せる最強のボート部にするため、コミュニケーション大事にしていきましょう!

マシンローの時に招待選手のお2人と一緒に撮ってもらった写真です。この2人はメンターとメンティーの関係だそうです。

ps.
ご飯とか誘ってくれたら無限に行くので誘ってくださいな(ただ暇なだけです)
あんま喋ったことない人も意外な発見あるかもしれませんよ、、、
大阪大学ボート部 * - * 09:08 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ