<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春まで待てません! | main | 手遅れになる前に >>

夜明け前

昨年のインカレ、エイトで中央大学が優勝し、仙台大学が総合優勝。日本大学が王座に君臨していた一つの時代が終わりを迎えました。

エイトの決勝が終わり、対岸でうなだれる日大を横目にコースを離れる人々は時代の変わり目の目撃者として、熱気を持った波を作り出し、両者のコントラストがどこか滑稽に僕の目には映りました。


関西に目を向けると、同志社大学がM4+で優勝を果たし、強豪校としての歴史をすでに作り始め、

他の大学も全日本レベルの大会で入賞することが目立ってきているように感じます。

また、関西の大学全体の傾向として部員数がここ数年で増えて来ているのではないでしょうか。

関西ボート界も新たな時代に突入しつつある、ひしひしとそう感じます。




では大阪大学では?



そう問われるとどうか


個人的な意見では

新たな時代に突入しているというか、時代が変わったな と感じます。


僕が一回生の時は、ボート部の男子は野球部あがりが多くを占め、理系が多数を占めていました。

しかし、時代は流れ今年の一回生に目を向けると野球部あがりは一握り、サッカー部あがりが多いです。

学部も僕の代から外国語学部が急増し、ボート部員だけで10言語は占めています。


色々とたくさんのあらゆることが僕の入部以来変わりました。


外部コーチに指導していただくようになりました。

消灯時間は21:45に変わりました。

河川敷の野球場も今は横切っています。

モーターも新しいものに変わりました。

スキニーオールや新艇も何杯も寄贈していただきました。

靴が脱ぎっぱなしの玄関はもうなくなりました。

ウエイトの重りには番号を振って揃えやすくしました。

出艇表も少し変わりました。

シングルラック、オールラックなるものが出来ました。

男子トイレのスリッパも、台所のスリッパも今はキレイに並んでいます、紙パックは未だ放置されがちですが。

イナバ物置の中身もキレイに整えられています。

コミュニケーションツールとしてslackが導入されました。

パソコンのディスプレイもすごくキレイです。

多くのクルーが出艇ミーを寝る前にしています。

BCAAを当たり前に飲んでいます。

2階にお茶が持ち込めるようになりました。

エッセンのカロリー、PFC比も表示し始めました。

コーチミーティングの議事録も共有しています。

部員は一回生が入ると100人近くに行きます。

女子宿舎を借り、新人が入ってきた時には食堂に布団を敷いて寝ていました。

トレーナーという役職が出来ました。

アップが全く新しいものに変わりました。

今シーズンは固定メニューとしてエルゴのUTトレーニングはしていません。

エッセンクリップなるものが出来ました。

エッセン用のお皿は個人のものになりました。

エッセン代が安くなりました。

ハートレートモニターも多くの人が使用しています。

紙パックは包丁で切っています。

加古川で新人女子クォドと新人付きフォアが優勝しました。

今年の冬はそこまで寒くないです。

リギング道具を置く棚の位置も移動しました。

体組成計も購入しました。

部のスローガンとシーズン目標を艇庫に張り出しました。

階段に掲示板を設けました。

外国語学部の人が女子リーダーをし、

外国語学部の人が主将をする時代になりました。


こう改めて挙げてみるとかなりの数になりますね。

OBOGの皆さんも当時と違うことがあると思います。

現役部員でも変わったと知らないことがあるのではないでしょうか。


書いていて気づいたこと、それは

今の阪大ボート部が昔の阪大ボート部と全然違うということ。

普通ですね。


では昔と変わっていないことは何でしょうか?


やっぱり一人一人の勝ちたいという思い。

そこがやっぱりボート部員をボート部員たらしめるものだと改めて思います。


上記の通り、変わったことは山ほどありますが、結局どれも微々たるものに過ぎません。

勝利への熱意を燃やし続けるという変わらないものが脈々と受け継がれた結果が今の僕たちです。

偉大な先輩方の系譜の先に僕たちは立っているんです。

僕たちは先輩方の未来に立っているわけです。


とても光栄なことです。

僕の知る限りでは男子エイト、女子ダブルで関西選手権の優勝経験があり、全日本新人でもメダルを獲得した1896年以来続く大阪大学ボート部員の一員であること。すごく誇りに思います。


ただ、ここ最近は振るわない成績が続いています。後援会の皆様からもそのような声を頂いています。

ただただ、強いチームになりたい。

そう思って主将になりました。

そう思って僕らの代が中心となって少しずつ部をかき回して来ました。



今年は、過去との訣別をします。

新たな時代に突入します。

Brand new ageの幕開けです。


怖いと言ったら嘘になります。

僕らにとってはとても高い目標を設定しました。

去年の結果から考えると控えめに言って高すぎです。

けどもう決めました、貼りだしました。

僕は信じてます。というかまず僕が信じないと始まりません。



全クルーインカレ最終日

全クルーインカレ最終日

全クルーインカレ最終日



もう弱い阪大なんて言わせません。

半笑いで戦績が振るわないなんて言われたくありません。



俺のチームが弱くて良いわけがない。


振り返らないで走りだしましょう、


新しい時代へ



主将 弓削俊介

大阪大学ボート部 * - * 12:00 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ