<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 脱皮しない蛇は滅びる | main | 当たり前といえば当たり前ですが、たまにはこういう話も >>

なんでもないこと

4回生の野口です。

最近のブログを読んでいると、新3回からは後輩を思いやった文章だったり、新2回からは頑張ろうといった思いだったりがひしひしと伝わってきます。


みんな色々考えてるんやなとか思いつつ、こういうブログが多いっていうのは、やっぱしんどいんやろうなって思います。


相変わらず朝早いし、1限急いで行かなあかんし、ボート乗っててもうまくいかんことばっかやし、メニューしんどいし。


それでもなんやかんやメニューこなして、部屋で楽しそうに喋ってる。

こんだけお互いを思いやったり、先輩が後輩のこと思ってたりする姿を見ると最上回としては嬉しかったりします。


いまのボート部は変革の時を迎えていると思います。いろいろなことが変わり、皆が勝利のために何ができるか何をすべきか考え、行動する。そんな空気が流れています。

勝つためにはそれ相応の覚悟が必要です。相当しんどいメニューをこなさなければいけない。

でもみんながみんなそれに打ち勝てるほど強くはないんじゃないかと思います。

勝つことは重要です。でも勝利のために自分の心と体を滅ぼしては元も子もありません。

手を抜けなんてことは言いませんが、ボートを楽しむことを第一に考えてみたら、意外とその方が良い練習になるかもしれませんよ。





大阪大学ボート部 * - * 21:39 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ