<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< なんでもないこと | main | カレーおいしかったです。 >>

当たり前といえば当たり前ですが、たまにはこういう話も

いつ頃からだったか、既に川に足をつけているだけで痛みを感じる季節となりましたが、気づけばもう今年も終わろうとしているんですね。やっぱり試合やら学校やらで忙しい時期というのはあっという間に過ぎていくようです。
ということで、上回生にとってはおなじみの、そして新二回生は色々と噂を聞いているであろう冬の練習が既に始まっています。ここで皆さんに問いたいのは、「今ボートを楽しんでいますか?」ということです。恐らく、冬場はしばらく試合がないためにモチベーションを保てなかったり、寒い中手がぼろぼろになりながら漕ぐことを嘆いたり、中々上手くいかないことに対していらいらしたり、あるいは劣等感を感じたりすることもあるでしょう。でも、せっかく朝の4時代に起きたり、放課後や土日の大部分を捧げて練習に打ち込むのなら、楽しまないともったいないのではないでしょうか。
もちろん、だからといって緩くだらだらと練習するだけでは中々上手くはなれないでしょうが、しんどいと感じるだけの練習も練習効率が良いとは言えないでしょう。月並みですが、どんなことに対しても「好きこそものの上手なれ」というので、今こそ新歓で感じたであろうボートに対する楽しさというものを大切にしていきたいですね。
とまあ誰に向けてともなく書いてきましたが、今年の新二回生は和気藹々と楽しそうにやっているので、あまりこういう話をする必要はなかったかもしれませんね。目が死んでいた去年の僕らの代に見せてやりたいくらいです、笑。でも、もし一人でもそういう人がいるのなら、周りにどんどん相談してみて下さい。特に上回生は皆んな同じ様な状況を経験していると思うので、きっと共感して、場合によってはアドバイスもくれることでしょう。
以上、こんなことを言っておきながら未だに2000ttを楽しめるレベルには達していない新三回生漕手の今井でした。2000ttであろうと楽しめるよう、楽しむ努力をしていく所存です。

正田杯の準備の時に撮った写真です。この微妙に似合っているような感じが気に入っています、笑。

さて、この部員が誰か分かるでしょうか。

大阪大学ボート部 * - * 22:07 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ