<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< あれから101日、あと267日 | main | なんでもないこと >>

脱皮しない蛇は滅びる

使命感に駆られてゲリラブログを書いてしまったので10日ぶりの登場です。おはこんばんにちは。新三回生漕手星野です。ここまで短いスパンでブログ書くのは初めてですね笑

え?他の人が出せって?まぁそんなことは言わずに…

前回、前々回と真面目ブログだったので中身ない系のブログで許されるだろうと適当に書こうとしていたのですがとあるきっかけで書いておくべきかなということが見つかってしまったので真面目ブログです。…のつもりでしたが書き終わって読み返すとなんとも言えないブログになってしまいました…


ただその前に今塊はイベント盛りだくさんでしたので近況報告から〜詳しい話は他の人が後日書いてくれると思うので手短に〜


昨日は2000ttでした!選手の方お疲れ様でした。満足の行った人行かなかった人様々でしょうけれどもまだ試合まで時間はあります。今までの時間も有意義だったと言えるよう反省修正していきましょう!そして今日はヘッドオブ淀&クリスマスエッセンでした!企画記録運営等マネージャー、トレーナーの方々、監督、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。イベントあると気分も上がりますね!今年もあと7モーション。いい年末が過ごせるように、事故なく安全に頑張っていきましょう。



〜こっから本題〜



まずは僕が今シーズン始まって自分の中にずっと忘れられない言葉から


「君ももう引っ張っていく側ちゃう?もう50切ったんならちゃんとしないと。」


僕が初めて2000ttで6’50’’を切った時にある先輩から言われた言葉です。正直僕とそこそこ関わったことのある人ならわかると思いますが残念ながら僕は全くもって後輩のお手本となるような漕手ではないです。その言葉をかけて頂いてからかれこれ1ヶ月半ほど経ちますが今もウェイトの重量は今シーズン始まってからほとんど上がっていないし、イーブンに引ききれたエルゴなんか数えるほど。かろうじてランはみんなよりも追い込もうってやって来ましたがジョグでつなぐべきところをほとんど歩いてしまっていたり…

引っ張る人間には程遠いです…


話がずれるように感じるかもしれませんが今の阪大には怒る人や注意する人が少ないように感じます。本人のいないところでその人のああいう所、良くないよねみたいな話があがったりすることはあります。しかし結局おそらくその誰もがその人に面と向かって注意することはしません。僕もそれってダメなんじゃないの?って他の部員に対して思うことがあります。でもやっぱり言えないです。


自分自身がちゃんとできていないから…


自信を持って他の人に言えるほど責任を持てないから…


だから仕方ないんだって思ってました。でも言わないのはそれだけじゃないと思います。どこかでこう思ってませんか?



あいつはそういう人間だから…

どうせ言ったところで直らない…

別に俺あいつに期待してないから…



いつかのモーション終わりにある部員について他の部員の方々と喋っていた時に出た言葉です。その後1人になった時におののきました。


…やばくね?って


同じ仲間なのに…チームメイトなのに…そいつが気付けていないだけで言った結果もっとより良い、より強いチームになれる可能性があるのに…そいつの可能性を信じず、期待せず…チームとしての可能性も潰している…


僕以外にも他の部員のよくないところを見て見ぬフリをしている人はいると思います。正直僕ももう大学生なんだから早々人は変わらないだろうと自分ですら自分の可能性を否定している節があるのにいけしゃあしゃあとブログにこんなことを書いている自分が少し怖い気もします。それでも書こうと思ったのは最近薄々感じていることによると思っています。今シーズンの対校クルーに僕の枠はなさそうだなって…


対校に乗れなさそうと思いつつもやはり乗りたい気持ちも少し残っている僕は他の部員がモーション記録をちゃんと書いていない話や、ちゃんとモーションをこなせていない話を聞くと少し喜んでしまいます。阪大ボート部と言うチームの全体のレベルが落ちることで自分の相対的な立ち位置が上がることを期待している自分がいます。他の人を注意したり厳しく言ったりしないのの深い要因はそう言うところにもあるのかもしれません…


控えめに言ってクズですよね…チームのためにも自分のためにもよくないとわかっていても最低限でそこそこの立ち位置にいられればなぁと思っている…期待して下さった、冒頭の言葉をかけて下さった先輩には本当に申し訳ないですがやはりチーム引っ張るような人間には程遠いです。


お互いに注意すべきところは注意してぶつかり合って成長しようというようなことを書いたところで結局僕は他の人に注意したりするようにはならないでしょう。それによって周りのレベルが上がって置いていかれるのが怖いから。それによって他の部員に自分のちゃんとできていないところを突きつけられるのが怖いから…


そんな僕でも阪大ボート部として今シーズンがチャンスなんだと思っているのはそうです。強いチームになろうと本気でみんなが意識しているこの空気。 実績あるコーチに教わった漕法の徹底。レベルの高い新二回生の存在。エルゴ値的にも申し分のないレベルのクルーが実現しうる選手層。本当に対校艇がインカレで結果を残せるんじゃないかって。阪大の名が全国で轟くシーズンを部員として過ごせるのではないだろうかって…だからこそそんな阪大ボート部に何かしら良い影響を与える存在でありたい…ただの荷物にはなりたくないから…


まぁそこでブログを選ぶあたり、しかも変わるんだ、もっとお互いに良い方向へ持っていこうと言う話にしないあたりは覚悟が足りてないというかカッコ悪いなとは自分でも思いますけど…

ただ、ちゃんとモーション記録書いてない人。この程度のやつにシート奪われて試合出れなくなりますよ?


なんだか胸糞悪い感じの内容になってしまいましたが僕が感じているこんなこと以外にもまだまだ阪大ボート部がbreakthroughに至るには足りないところがいくつもあると思います。現状に満足せず、常により良く変化し続ける流れを止めないために…


【追記】

個人的な意見ですが必ずしも注意する人間がちゃんとしていないといけないとは僕は思いません。確かに「どれだけ良いことを言ってたとしてもちゃんとしていない人の言葉は響かない」.と言う話はよく聞きます。まぁこのブログもその良い例かもしれないですね…それでもダメなことにダメと言えるだけでそれは評価されるべきだと僕は思います。だってそれがチームにとってはいい影響につながると思うから。それによって考えるきっかけが生まれると思うから。チームについてイチローが話す動画を見かけました。「何かから何かを常に感じようとする人間」が集まっているチームであることが大事だそうです。とてもじゃないけど引っ張るような人間には程遠いので少なくとも何かから何かを感じとって発信することだけはやめないようにしようと思う今日この頃でした…


おわり


イチローの話

https://twitter.com/bs21t00d40/status/1197090319155646464


こんな弱気な書き方をしたが本気でそれなりの立ち位置で今シーズン過ごすつもりなど毛頭ない。俺だってあの日A決に進めなかった艇差を返すために本気でやってきている。今のままではまだ足りないとしても。

これまでの自分の価値はこれからの自分で決まる。

結果で示すのみ。

大阪大学ボート部 * - * 21:58 * comments(2)

コメント

そのことに気付けただけ星野は成長してるんじゃないかな。
頑張って!
Comment by 異国の地より @ 2019/12/21 11:50 PM
わざわざ異国の地よりコメントありがとうございます笑
頑張るんでこれからも応援よろしくお願いします!!
Comment by 星野 @ 2019/12/23 10:52 AM
コメントする









このページの先頭へ