<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< 適性 | main | スイープ初心者 >>

大切なもの

長く寒い冬。

澄み切った青い空に凛とした空気。

嫌いではありません。むしろ私はこの季節が好きです。


でも、そう簡単に思えてしまうのはそう


私が漕手ではないからです。


痛みというものは分かち合えるものですが、そのままを完全に理解できるものではありません。

漕手の身体の痛みと心の痛みを漕手と同じように理解することはこれから先ももうずっとできっこないのかもしれません。

何処の誰にも理解してもらえない、漕手の皆さんにしか味わえない感情が多くあると思います。でもその感情は辛く重く苦しいものだけでしょうか。

日々の小さな幸せを共有し、大きな目標を大勢で一緒に見つめて、今この瞬間にしかできないことに全力で向き合って、それはきっと大きな幸せです。少しだけ羨ましく思うことさえあります。

でもそれは皆さんだけのものに見えて実は、その皆さんを支えたいと願う私たちマネージャーの幸せでもあります。


今「苦しいな」と感じているなら

その物事に真正面から向き合っている証拠で

逃げ出せば楽なのにそうしないのは

それはきっと自分のなかでどうでもいいことじゃないからです。

今はそう思えなくても

優しい時間が流れていつかの自分を見つめ返したときに

「あの時はよくやった、偉かった」

そう思えたらそれは未来に進む大きな原動力になります。


ただ本当に辛いときは、声に出してください。

身体の奥底に溜めて溜めて何事も無いように振る舞うのだけはだめです。

辛い時に「大丈夫?」と聞かれて「大丈夫」と答えるのは相手に迷惑をかけたくないからですが、それでも「大丈夫じゃないよ、辛い」って素直に吐き出して下さい。話してください。

必死に前を向こうとする姿に逆に勇気づけられ奮い立つ人はいます。少なくとも私の周りにいる新二回マネは皆そうだと思っています。

大切な人たちの弱さは迷惑なんかじゃありません。


この一週間で沢山学びました。同期が味わった痛みを無駄にはしません。

当たり前は当たり前でなく、大切なものはすぐ側にありました。これ以上失いませんように。



新二回マネ 保田

大阪大学ボート部 * - * 23:30 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ