<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< ずっと考えてたんだぜ | main | 大切なもの >>

適性

更新遅くなり申し訳ありません、本日バースデーの2回生の内田です。さあ、冬がやってきました。先輩たちにひたすら脅されていた冬。噂以上の過酷さに驚いています。


この時期になり僕の高校の浪人の友達で大学に受かった第1号が出ました。彼にとってこれからの時期はどの部活に入ろうかとか色々想像が膨らみ楽しい時期です。僕も色々思いを馳せていました。そして、色々な新歓を周りボート部にきました。この部に入って一番思うことは束縛がえぐいことです。長期休暇も取れて一週間で、学部や高校の友達と海外旅行になんて行けない。オフである月曜木曜も艇庫には行かねばならず丸一日の休みは取れない。オフのときも眠くて結局昼寝、外出なんて多くても週2。ライブもいけない。僕の思っていた大学生活とは違う。夏休みのときほんまに何してんやろって7、8回思いました。野球しときゃよかったって。今でもたまに思います。しかし思えば今までの僕も中高野球部でオフは水曜とたまにある日曜。でもその時はそんな生活に不満もなく楽しい記憶しかありません。今はあの時より厳しい環境だけど楽しいことも多いです。もし僕が週2のサークルで暇を持て余していたらずっと家の中でスマホしかいじってないかもしれない。この忙しさがあるからこそ毎日充実しているのかもしれない。正直ここまできつい部活だとは思っていなかったけど、やっぱり僕はダラダラするよりこういう忙しい生活こそ向いているのだとおもいます。

       加古レの時の写真です

       この時の興奮を覚えている限り冬場も

       頑張れると思います。











大阪大学ボート部 * - * 23:40 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ