<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ボートって | main | みんなだいすき!! >>

詰め込みすぎの三年半

   怒涛のように過ぎていった三年半のボート部生活を終えて何を思うのか、そんなことを考える暇もなく自身のボート部生活は終わったような気がします。


   終わった今も、寂しいとか達成感とか強い感情はまだあまりないような状態です。


   ただ今感じていることは、ボート部に戻ってよかったということでしょうか。


   知らない人もいると思いますが、僕は一年の加古川レガッタ後に一度部を辞めました。レースもしたこともない当時の自分には、ボートという競技に楽しさを感じられず、苦しいだけのものでした。加古川レガッタの前までは、絶対に辞めようと思っていました。


   でも加古川のレースでゴールを通過し、イージーオールがかかった時、初めて楽しいと感じたんです。

   また、レースに負けて悔しいと感じたんです。なぜ辞めたい競技をして当時そう感じたのかは今でもわかりません。結局その後部を辞めてしまったのですが、これが自分をもう一度部に戻る決意をした要因だったように思います。


   自分が伝えたいことの一つは、部を続けて欲しいということです。部を辞めて少しの間、学校のない日は好きな時間まで寝て、たまに遊んで、食堂でだべって、という普通の大学生生活を送ってみてそう思います。苦しいことなんて全くないけどあまりに味気ないです。戻って本当に良かったと思います。


   こんなにも大学生活全てをかけて、夢中になれる場所に戻ってこいよといってくれた人、一度やめた自分を受け入れてくれた人全ての人に感謝してもしきれません。


   自分に関わってくれた全て方々、本当にありがとうございました。この上なく苦しく、そして充実した楽しい3年半を送ることができました。



   来シーズンの後輩たちへ

   僕自身、今回のインカレが最初で最期のインカレでした。いつも陸から見ていた戸田のトップクルーと並べて感じた楽しさ、そして戸田で勝つことの難しさを痛感しました。どれだけ体力値を上げなければならないか、淀川でどれほどのタイムを出さなければならないかということを感じさせられましたが遅すぎました。

   一つ下の学年は、インカレに出場したことのある人は少なくありません。必ず来年は戸田で勝っているところを見せてください。阪大の中でどれくらいの位置にいるかというレベルでは戦えません。

   エルゴやランでも、自分のハートレートも大事ですが、結局はタイムです。結果を積み重ねて行ってくだい。全て戸田を見据えて欲しいと思います。

   

   次の世代は間違いなくポテンシャルを秘めています。期待しています。


四回生 新田



大阪大学ボート部 * - * 18:52 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ