<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ラッキーでアンラッキー | main | ボートって >>

加古川レガッタへ、さあ、いこう


こんにちは、一回生漕手の笹橋です。

オックスフォード盾レガッタ、そしてインカレ、

熱く、暑く、厚い二日間が終わりました。

僕にとっては刺激的で、大きなモチベーションとなりました。

これまで以上に乗艇技術の向上や身体作りに真剣に向き合って行かなければならないと感じさせてくれました。


まずは食事。

個人的に一番シンドイのはこれ。ボート部に入って4ヶ月くらい経って唯一慣れないのがこれ。

ハードスケジュールにも慣れたし、ウエイトにも慣れたし、パズルのように隙間で寝る就寝環境にも、常にmaxで水を含んでいる風呂場のマットにも、どうみても坊主なのにドライヤーで髪を乾かす先輩にも慣れたのに。

あまりのキツさに必ず途中で手を止めてしまいます。家で一人で食べてるときも、途中でYouTube見たり、本を開いたり、なんか別の作業したり、ザラです。

駄目ですよね。成長しようとしていない。こんなままでは、加古川レガッタで勝てるはずがない。

ゆっくりでもいいから箸を止めない。止めてはいけない。

当面の食事の目標は途中で手を止めない、他のことをしない。


そして乗艇技術。いろんな人の動画をみて、いろんな先輩に聞き、毎乗艇上手くなりたい。

この二日間で聞きまくった、いや、聴きまくった

あの、クルー全員が同時にフェザーを返すときのゴトっていう音。今の自分達のユニフォーミティではあの音は出せない。あの音が大好きで大好きで、いつか自分達であの音を出したい。低レートでひたすら聞いていたい、いや、聴いていたい。

一応YouTubeの勉強用BGMであの音集がないか調べたけど、やっぱりなかった。


改めて、この二日間でモチベーションが大きくなり、漠然としていた目標がハッキリと見えるようになったと思います。僕は今のところエイトにのっていますが、同じクルー達も同じように思っているのではないでしょうか。メンヘラモチベーターも、目がデカすぎて瞼の皮が足りてないやつも、部専属ドライバーも、僕と整調を争うアイツも、則行も、そう思っているのではないでしょうか。

僕らは3rdエイト。同期達もスタッフも勝てないと思ってるかもしれない。でも、本当に勝ちたい。絶対に勝ちたい。あわよくば、僕が整調として。

また、今日から頑張って行きたいと思います。

加古川レガッタへ、さあ、いこう!








じゃあ、ご飯の続きたべてこよーっと





本当は雲一つない快晴の空を撮りたかったけど、これはこれで悪くない













大阪大学ボート部 * - * 10:30 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ