<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< やっぱり… | main | プルルンプルン ファミファミファー >>

は?

夏本番の暑さへの不安とは裏腹に梅雨入りがずれ込んでジメジメした不快な暑さと元気なモスキートたちに支配されている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか? ごきげんよう、よく眠るように新しい枕を買ったら慣れなさすぎて逆に眠れなくなりました3回生弓削です。  


7月13,14日と関西選手権に出場してきました。まずは応援してくださった皆さまありがとうございました。僕は4+で決勝進出を目指しましたが、力及ばず、準決勝敗退となってしまいました。予選タイムだけ見れば決勝も狙えただけにむちゃくちゃ悔しかったです。夏で追い込むだけ追い込みます。  


さて、話は変わって、最近日本ボート界ひいては世界ボート界を揺るがす発見をしてしまったかもしれません。 それは艇種を表す記号についてです。 例えば、付きフォアの場合4+と表しますが、これって (漕手)4(人)+(cox1人)って意味だと思うんです。つまり「cox1人分多い」って言う意味で+がついてるわけです。一方でなしフォアの場合を見てみると、4-と表記されるわけですが、付きフォアの考え方で行けば(漕手)4(人)-(cox1人)になるわけです。つまり「cox1人分少ない」って意味で - がついてるわけです。これっておかしいですよね。「漕手4人からcoxを1人引いたら何人?」という質問をされたら答えに困ると思います。「バナナ4房からパイナップル1個取ったら何房?」って質問されるようなもんです。もはや計算式として成り立ってないわけですね。本来なら「coxがいない」という概念を表したいのに「coxが足りない」という概念になってしまってるのです。どうしても - が使いたいとなれば、最悪 5(付きフォア)と5-(なしフォア)にするのもありかもしれませんが、そうなると付きフォアの漕手とcoxの人数比が伝わってきません。 ではどうするか、ここで登場するのがφ(ファイ)です。空集合を表すこの記号なら「coxがいない」という概念を上手に表してくれます。なしフォアなら4φ、なしペアなら2φといった感じです。表記を計算式として見るのであれば4+φが正しいとは思いますが、ややこいので + は省略した方が良さそうです。

  わかりにくい文章だと思いますが、なんとなく伝わっていれば幸いです。 ちなみにこの話4人にして4人に「は?」って反応されました。天才というものはいつの時代も理解されにくいものですね。いつの日かこの表記に変わる日が来て欲しいものです。手始めとして次のインカレのなしペアとなしフォアのクルー紹介やレース速報の表記を2φ、4φにしてみませんか。    


         ↑阪名戦の4φ


 ちなみに僕はエイトでの出漕なのでφは使えません。  

大阪大学ボート部 * - * 13:12 * comments(5)

コメント

は?
Comment by 5人目 @ 2019/07/22 2:51 PM
えっ…
Comment by 真の5人目 @ 2019/07/22 3:05 PM
日本ボート協会に伝えましたが受理されませんでした。残念。
Comment by ギター侍 @ 2019/07/22 4:31 PM
φを使うのは中々面白い発想ですね。

…は?
Comment by 6人目 @ 2019/07/23 5:25 PM
めっちゃ納得ですねー
使える
Comment by 理解者 @ 2019/07/24 12:18 PM
コメントする









このページの先頭へ