<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 勝ちグセ! | main | なんでこんなに蒸し暑いんだ >>

天秤

はじめまして。WAになっておどろうの自己紹介ギャグで一世を風靡した1年生の沢辺です。
まずは、阪名戦お疲れ様でした。僕にとって初めて見るボートの大会がこれでした。先輩方かっこよかったです。

さて、ボート部に入部してそろそろ2ヶ月が経ちます。振り返れば僕はボート部の新歓にほとんど行っていませんでした。というか、新人レガッタとその前日の中止になった試乗会しか行っていません。
そんな僕がなぜボート部に入部したのか。言ってしまえばノリです。新人レガッタで見事2位になってその勢いで入部宣言しました。でも、それだけではありません。実は、僕の心を動かしたのは中止になった試乗会でした。それまで僕は色んな所の新歓に行ってて、ある程度候補を絞ったなかで最後に行ったのがボート部でした。それも友達(内田)が楽しいよって言ってて暇だったから来たみたいな感じでした。頭の中にはボート部のボの字もなかった。
ところがどっこい。ハッキリ言ってボート部の雰囲気は異質でした。
「こんなに仲が良いのか」「なんて楽しい空間なんだ」「あの子かわいいなー」
と思ったのを今でも覚えています。この集団の一員になれたらいいなという思いが湧き上がってきました。だから僕は新人レガッタの日、入部宣言で手を挙げてもいいかなと思えました。
その分僕はボート部の大変さとか全然考えていなかったです。だから入部した後想像とのギャップに、心の中で「このままボート部でいいのだろうか」と葛藤し続けていました。いや、正直言うと今でも葛藤し続けてます。
でも、迷いが生じたとき僕は心の天秤をかけるようにしています。迷いと、ボート部で出会えた人たち。最初の方はどちらに傾くのかブレブレでした。でも、最近は少しずつどちらに傾くか定まるようになりました。出会えてよかった。ありがとう。WANIMAっぽく締めます。長々とすみませんでした。
大阪大学ボート部 * - * 02:04 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ