<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 行くぜシーズン初戦! | main | 28分の18の頂点 >>

ジュニアの叩き上げ

どうも。

先日の誕生日でついに21歳になってしまった3回生COXの藤井です。

 

5月の朝日レガッタに2ndフォアで出漕しましたが、敗者復活で敗退。阪大の3rdフォアが決勝進出。忘れてはいけない試合がまた一つ増えました。

 

朝日のクルーは漕感の良いシーンが多く、自分が漕手のパフォーマンスに頼りきりになっていた部分がありました。自分の漕感と実際の艇速にギャップはなかったかどうか。

 

艇上でレース/練習中に肉体的な過酷さに左右されず、船の現状に正しい評価を下せるのは

我々COXだけです。

 

漕感は良いが本当に船は走っているか?漕感は悪いが本当に船は走ってないのだろうか?

 

次に阪大が迎える大会は阪名戦ですが、僕は出漕しません。7月、関西選手権の浜寺杯の部に2回生主体のクルーで出漕します。

 

若い選手の多いクルーは乗艇の度に船は違った動きをします。8人もいれば8通りの漕感があって、クルーの雰囲気も現状とはかけ離れたものになることがあります。そういった空回りは確実に選手のパフォーマンスに影響するし、狙いを考える上でも本当に必要な要素が見えなくなることもあります。漕感と現状のギャップを埋めていきたい。

航路も成長曲線も最短一直線で。

 

僕の脳内のメモ書きみたいになってしまいました笑

さらに混乱する前にここでやめておきます。

 

大成長を遂げたインフィニティの8人と共に浜寺でお会いしましょう。

 

 

 

 

忘れてはいけない日↓

大阪大学ボート部 * - * 14:14 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ