<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オリジン | main | ほぼほぼ夏 >>

ザレゴト



夏ですね。冬のモーション着はもう永遠に着ることはないのだと思うと、複雑な気持ちになります。




今年は最後です。




来年続ける気ないから今年最後なんですよ私も。みたいな言葉を聞きますが、そんなものとは比べ物にならない『最後』だと思ってる。ごめん、一緒にしないでくれ。



覚悟と責任が付きまとう最上回は、こんなに苦しいものだったのかと日々感じています。今の阪大ボート部には周りに無頓着な人がいかに多いか、そして自分もかつてそうであったことが、いかに先輩たちを苦しめていたか、思い知りました。



自分のことだけ考えている人間ばかりのチームが果たして強くなれるでしょうか。



私はこれに気づくのが遅すぎて、もう時間が足りないかもしれない。ここから足掻いても間に合わないかもしれない。だから皆さんはどうかもっと早く気づいてください。今は分からなくてもいい。でもいつかこの意味を分かってください。できるだけ早いと私は嬉しい。



阪名戦、私は勝ったことがありません。クルーは今週決まります。長く乗ってもらった整調を変える。ドライブの質が違う3人の妥協と尊重。4人目はどこまでついてくるか。名古屋は今年も勢いがあるみたいですね。



全日の結果が出揃った時、『今年女子はぼろ負けでしょ(笑)』と笑っていた奴がいたな。



ちゃんと聞こえていたからな。今も私に刺さったまま抜けないその言葉を発したあなたを絶対に許さない。そして何よりも、そこで何も言えなかった自分が許せない。



『今年も女子は多いので、層の厚さで勝負したい』と話した納会から半年、いまやお世辞にも多いとは言えない数になりました。しかし失ったものにフォーカスするのはダサいのでやめます。



残った者が今同じ方向を向いていると私は信じています。信じている。だからもう一度自分の頭で考えてほしい。インカレに出る気はない?レース経験になると思って他大と計画した並べにやる気が出ない?そんな言葉を私の前で放てるのは、ある意味私のせいなのでしょう。またその場で何も言わないでこんな所に書き連ねる私は底が知れているでしょうね。



ただあと少し、対校がなんであれ、結果がどうであれ、チームとして、どこまでいけるか考えたいし、今までのどの女子リーダーも残せなかったものを私は残したい。最後まで読んでくれてありがとう。





最上回女子部主将 平尾

大阪大学ボート部 * - * 16:44 * comments(2)

コメント

インカレの後、「気づくのが遅すぎて間に合わなかった」という結果は出たとしても
今「間に合わない」と考えるには、きっとまだ早い。

自分が今までしてきたこと、チームが今までしてきたことを信じて勝ち切ってください。
陰ながら応援しています。
Comment by H28女子リーダー @ 2019/05/27 9:28 PM
ありがとうございます。頑張ります。
Comment by R2女子リーダー @ 2019/05/28 2:02 PM
コメントする









このページの先頭へ