<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ショートカット | main | 風の強い日を選んで走ってきた >>

戦隊ショー

新勧キャッチも終盤にさしかかりいよいよイベントが近づいてくる今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
ごきげんよう、Born this wayの流れるところにこの男あり、新3回生の弓削です。
先日京大さんの艇庫に泊まらせていただいて、合同練習をしてきました。
僕の乗るフォアはSR28の1,000m並べはエルゴ値の差(?)で4本とも勝てたのですが、試合レートの1,000m並べでは2本とも負けてしまいました。
目標としている大会が違ったのでレート差が3〜4枚あったとはいえ、負けっていうのは嫌なものですね。
有名ブログRowingの志でも強くなるには「負けることは異常なんだ」という認識が必要と書いてありましたし、今回の負けを踏まえて今一度危機感を持って日々の練習に取り組んでいきます。

さてさて、最近凄いことに気付いちゃいました。
先輩って見上げればめちゃめちゃいっぱいいるじゃないですか、で、後輩も今後どんどん増えていくじゃないですか、上にも下にもほぼ無限の世界が広がっているのにも関わらず、同期ってのは一つだけなんですよね。これって当たり前だけど凄いことだと思うんです。
地球が47億年とかあるうちの同じ1年をたまたま引き当ててここにいるんですから、運命感じちゃいますよね笑
僕のイメージだと、同期という線を境に線対称の世界が広がってるイメージです。
美しいですねー、線対称。
シンメトリーとも言いますが、やはりあの調和のとれた完璧なバランスがたまらないです。
しかも対称の中心となる線の上に自分がいると考えるともうニヤニヤ止まんないですね。

ちょっと話の内容がわかりづらくなってきました、すみません。
言いたいのは「同期のみんな、、、、!!」
って言う言葉にならない感情です。
エルゴ回すし、頼れるし、考えてるし、すすんで助けてくれるし、頭いいし、真面目だし、バカだし、おもろいし、しっかりしてるしetc...
なんだかラストブログよろしくの同期大好きだぜな内容になってますが、ご容赦を。
新勧でお互い連携しあったり、試合シーズンで上のクルーにいたり、艇庫に新しいことを持ち込んだりしてるのをみて感じるんです。
こいつらすげぇなって。語彙力低めで申し訳ないですけど、感じるんです。
新勧イベントが始まって試合シーズン入って次のシーズン入って、、、考えるともうすごくワクワクするんですね。
だからこれからもよろしくって話ですここで言いたいのは。
そんでまずは新勧でとんでもない成果あげれるように一致団結、準備万端、春夏秋冬頑張っていきましょう!

最近玄関綺麗ですね!線対称より美しいかも



以上、消灯後に失礼いたしました。

大阪大学ボート部 * - * 23:24 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ