<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 闘志なきものは去れ? | main | 物性行けました >>

#春から阪大


 引っ越して家は広くなりましたが、自炊をしなくてはいけなくなりました。新2回生山本です。


 最近モチベーションについて考えることがありました。もし、このブログを見ている新入生がいるのなら嬉しいです。



 そもそも自分はなぜボート部を選んだのかというと、スポーツが好き・高校までやっていた野球以外をやってみたくなった・やるならしっかり部活をやりたい、  この3つが大きかったと思います。でも、サッカーやバスケなど、経験者でないと太刀打ちできないスポーツは流石に無理なので、結局野球部に入ろうか悩んでいました。


 そんな時、ボート部の人から声を掛けられました。「君たち新入生?よかったらエルゴ引いていかない⁇」 この時初めてボート部を知りました。パンフレットをもらい家に帰って読んで、


,曚箸鵑匹未経験者

⇔鮖砲あり、割と大きなスポーツ団体

4慇樵手権2017優勝など、実績がある


ということを知りました。この時、結構自分に合っているんじゃないかと思いました。そして、ラインを交換してもらっていた先輩に、週末に試乗会があると聞いていたので、友達と試乗会に行くことにしました。



 試乗会の日は、ボートに乗るだけでなく、食堂でカードゲームをしたり、河川敷でサッカーをしました。受験勉強後、久しぶりに思いっきり体を動かしたりカードゲームをしたので、とても楽しかったです。そして何より、ボート部の雰囲気の良さを1日を通して感じました。



 これが、僕がボート部に入部するまでの主な流れです。新入生のみなさん、もちろんこんなに即決でなくてもいいです。しっかり悩んで決めればいいと思います。ガツガツしてないとダメなんてことも全く無いですよ。皆さんの選択肢の一つとして、ボート部があればいいなと思います。



 ここからはモチベーションの話です。これはこれで新入生のみなさんにも見てほしいです。ボート部に限らず、何かを続けるのは、やはり何か楽しいと感じられないと難しいと思います。


ゞサ擦箸靴謄棔璽箸楽しい

▲棔璽班瑤楽しい

(スポーツとして)勝つのが楽しい


 僕はこの3つが浮かびました。

,蓮入部したての頃に一度味わいます。しかし、ボート競技をだんだん学ぶにつれて、ボートの奥深さや難しさが分かると、また違う楽しさを感じられるらしいです。僕はこの前、プロコーチの方に来ていただいた日に少し分かったような気がします。



△蓮⊆腓防員のみんなと一緒にいる時間のことです。毎日一緒にご飯を食べて、暇な時は部屋で遊んだり、たまにクリスマスパーティーをはじめとした行事もあります。部活がない時も結構ボート部で遊ぶことが多いのではないでしょうか?



は、どのスポーツにも言えることかもしれません。みんなで頑張って練習をして、マネージャーさんからの全面的なサポートを受けて、そして大会で勝つ。試合が始まるまでの緊張感、勝った時の喜びや達成感を味わえるのは、練習を頑張った人の特権です。



 そんな充実した大学生活を送りたい新入生を待っています。

大阪大学ボート部 * - * 15:36 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ