<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アジア人の眉毛は下向きに生えている | main | 闘志なきものは去れ? >>

ボート部登山班募集


どうも!新三回渡邉です。今回は題名の通りボート部登山班の募集を告知させてもらおうと思います!( ՞ ՞)☝


まぁ誰も来なかったら来なかったで一人で登るんですけど


さてこの登山班、一体いつどんな活動をするのか、それは単純で月曜のオフや長期オフに時間と体力に余裕のある人達でまずは手頃な近畿の山。ゆくゆくは本学のワダーフォール部みたいにガッツリ登山出来ればなぁと言う感じです!


さて山の魅力が分からないと言うそこのボート部員向けに3つ程魅力を紹介したいと思います。


1.おそらく歩ける限り何歳でもできる


ボート部員はボートはやはり激しいスポーツなので怪我をしてしまったなんてことがたまにありますよね。そして練習が出来ず走ったり体幹しか出来ないなんて事になりしばらくすると飽きが来てしまいますよね。でも登山なら大丈夫!まず登る山を変えてしまえば飽きたなんて事はありません!歩ける限り半永久的に登れます。



2.しょーみ川より山


ボート部は川で漕いで常に川と共にいますね、たまには息抜きに山に行きましょう。

もしかしたら逆に川の良さがもっと分かるかもしれません。


3.ボート部員に多く見られるドM本能をくすぐられる


多くのボート部員は練習はしんどいもののUTメニューを完遂した時のような達成感が好きな人が多いのではないでしょうか?その達成感を頂上の絶景と共に味わう事ができます。僕は登っているときはマジで帰りてーと思いながらも達成感を餌に登る事もしばしばあります。ドMの多いボート部員にはオススメです!


以上特にボート部員に勧めたい登山の魅力です。こんなのじゃ登る気起きんわ!って人も多くいると思いますが、本当に登山はスバラシイので是非行きましょう!長い人生で色々な知り合いができると思いますが誰とでも行けて他にも山で仲良くなれたりもするので一度は経験とでも思って行きましょう!年内に!

上の写真は同じ山の写真です同じ山でも色々な一面があるんです!

大阪大学ボート部 * - * 10:24 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ