<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 食欲の冬 | main | 今年もあと1週間 >>

歴史を刻め

最近地球規模で考えろだの、くそオヤジ最後のひとふりだの、ラーメン屋の名前で遊ぶ店多くないですか?最近のトレンドなんですかね?

そのうち艇の名前も文章になっちゃいそうですね。

今度の新艇の名前に応募してみようかな。

「大豆の中からイソフラボ〜ン」とかどうですか。

まあこれ原西のギャグなんですけど。しょーもな。全部がしょーもな。


どうも新2回の廣山です。今日は自分のことと、そして同期に向けて、少し書こうかなと思います。


加古川後からcoxになってもう1ヶ月以上が経ちました。最初は慣れるだけで大変だったけど、ちょっとずつ考えながらできるようになってきて、coxになってから短い間に楽しいことがたくさんありました。

艇を全身で感じられるようになったこと。

今までとは違う淀川の景色を何回も見たこと。

普段話すことのなかった先輩と話すようになったこと。

どれもcoxになったおかげです。


でも同時に漕ぐことの楽しさもたくさん知っています。

漕手として頑張りたいという意思でこの部に入部しました。そのためにしんどい練習もしてきました。それでもcoxになることを決めたのは、本当の自分の気持ちを考えたからです。


この部にはフィジカルの強い人、誰よりも自分を追い込める人、負けず嫌いな人、ボートを心から楽しんでいる人、自分にはないものを持っている人がたくさんいます。

そんな人達と一緒に練習していると色んな気持ちが出てきました。

この人達がいる部にもっと貢献したい。

もっと近くで一緒に闘いたい。

coxという選択肢はそんな気持ちに一番沿ったものでした。

だから今は後悔なんてしていません。

これからも漕手の人達と一緒に、たくさん成長していきたいです。









同期のみんなへ。(特に男子)


coxになることを伝えられなくてごめんなさい。

決断する前はすごい悩んで、何回も相談しようと思ったけど、みんながどう思うか気にして言えませんでした。

今まで一緒に漕手として頑張ってきたのに、自分一人だけcoxになることを考えると寂しくて辛い時もありました。


でも今は自信を持って言えます。

みんなが艇速を少しでもあげるために、1秒でもタイムをあげるために頑張るのなら、

僕は1秒でもタイムがあがるために、艇をまっすぐ進める。精一杯コールをする。

みんなと一緒にしんどい思いは出来ないけど、同じ目標に向かって進み続ける。


寒くて嫌になる時期だけど一緒に頑張ろう。











この前福島で食べた煮干ラーメン。

煮込む時に出汁を取る時代はもう終わった。

今度は歴史食いたいなあ



大阪大学ボート部 * - * 00:30 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ