<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 試合にカツ丼 | main | ベイビーステップ >>

広瀬◯美

どうも、新3回生漕手の弓削です。
まずはブログ大臣さん、色々とまとまらず結局うまくまとまってないけど投稿遅れてしまってすみません。

さてと
長い冬が終わり爽やかな春が過ぎ燃えるような夏が去ってそうしてやってきた秋ももう冬への準備を始めている今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?
私に限って言えば11/9〜11/11に行われました、全日本新人選手権に出場してまいりました。
まずは応援していただいた全ての皆様に感謝申し上げます、ご声援ありがとうございました。
そして敗者復活戦敗退という不甲斐ない結果を残してしまいほんとうにほんとうにすみません。

新三回生だけで出場できる最後の大会ということもあり同期および新人期にお世話になった方々からたくさんの声援をもらいました。また8+でのエントリーは阪大史上初とのことで周囲の期待も膨らんでいるのは感じていましたし、もちろん我々漕手の気持ちも奮い立ちました。
でもそう簡単じゃありませんでした。
8人もいると意見が山のように出て降艇ミーは時間かかるし、かといって雰囲気が悪くなって誰も喋らなくなると8人いてこれかよってなるし、漕ぎもバラバラしてバランス悪かったし、とにかくまとまりに欠けてたと個人的に思います。
UTは伸びず、新人エイトにも辛勝、一度勝った神大さんには2回目の並べで成長の差を見せつけられました。当初の目標であった「阪大最速」という言葉もいつしか口にしなくなりました。

恥ずかしい限りです。
目標を立てておきながらその道からそそくさとと脇に逸れていったのですから。
学年の代表及び部活の代表として選ばれたクルーがこんなんじゃ部活はいつまでも強くはならないでしょう。周囲の方々に期待させるだけ失礼です。

責任

レース直後からこの言葉が何度も頭をよぎります。
学年の中の9人に選ばれた責任。大阪大学の看板を背負って全国の舞台に立つという責任。多くの方の期待に添うような結果を残さないといけない責任。なにがなんでも勝たなければいけない責任。
その全ての責任を果たせなかった。
この罪は重いと思っています。
ある種裏切ってしまった、そんな感覚です。

能勢さんに言われてしまいました。
この代は負け癖がつきそうで怖い。と。
ダメだと思ったら「あぁまたか」と折れてしまいそうなそんな風になりそうだと。

そんなやつらが責任なんて負えたもんじゃない。
そんなやつらが夢なんて語っちゃいけない。
そんなやつらに部活の代表なんて務まらない。
そんなやつら勝てない。

でも皆に問いたい「そんなんでいいのか」と。
「負けっぱなしでいいのか。」と。
「この部活に負けるために来たのか。」と。
「お前らの心の奥底にあるなにかはもう燃えていないのか」と。
そして「こんなんでたまるか」と言って欲しい。
もっと「なにクソ魂」を押し出していこう。
今年の冬は人数も多く陸上でのライバルも多くなるし、同じ艇種同士の並べも実現しやすい。また部としても並べを積極的にしていく方針になった。
これ以上の機会はない。この冬で「なにクソ魂」を鍛え上げて誰かが言う「勝ちグセ!」を全身に染み込ませてやろうじゃないか。
さぁ冬はこれからだ!!!

あ、技術面も疎かになさらぬよう。


P.S.
「なにクソ魂」と言う言葉は中学の時の野球部の監督に何度も言われた言葉です。
何度も何度も「負けグセ」とセットで監督の話に登場していました。
今までまったくわからなかったけどようやくあの時言ってたことの意味がわかりました。
直接いうのはなんだか癪なのでこの場を借りてお礼の言葉を書かせていただければと思います。
良い言葉をくださりありがとうございました。


 

最後に可愛い鹿とのツーショットを載せて、このブログの方向性をわからなくしてみましょうね。

消灯後に失礼いたしました。
 

大阪大学ボート部 * - * 23:23 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ