<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 立ち止まらないために | main | ぜんにっしんんんん >>

負けた分だけ強くなる

前回はゲリラブログを行いましたが、今回はシンプルにブログ当番が回ってきました。どうも、2回生の諸越です。


 先週は加古川レガッタがありましたし、今週は全日本新人選手権があります。そして、この試合が終われば冬の到来です。あの暗く、寒く、しんどい冬ですね。


 ということで、僕は後輩に向けて冬に関するイロハを書いていきたいと思います。


冬とは...

1.UT系が増える

  乗艇でもエルゴでもとりあえず低レートUTが増えます。それにともなって、乗艇時間も長くなります。60分エルゴや30分エルゴもどんどんやっていきます。

2.とりあえず寒い

  本当に寒いです。もうめっちゃ寒いです。ちなみに阪大は船台なんて持ってませんから、水温が10度をきろうと川の中に足をつけますよ。感覚が麻痺してしまいます。うちの学年のN澤君なんて何回も寒すぎて死にかけてましたよ。


 はいっ、ということで冬のマイナス面ばかりを取り上げてしまったので少しプラス面でも紹介しましょうか、、、


あれ?んっ??全然思いつかないですね💦


というような過酷なものです、冬とは。


 ただね、本当に辛い冬を乗り越えてこそ春が来るんですね。僕は去年の12月末から3月くらいまで怪我で乗艇できませんでした。原因は言うまでもなく、降艇後エルゴと書いて悪魔との契約と呼ぶこいつです(中二病)。まぁそれは置いといて、冬場を漕げなかった僕は全く試合シーズンで結果を残せませんでした。エルゴ値も全然伸びませんでした。本当に辛い試合シーズンでした。


 だからこそ、今の1回生には怪我をして欲しくないし、今怪我をしてる人は早く復帰して欲しい。今、加古川レガッタが終わり、みんな大なり小なり悔しい気持ちがあると思います。が、その気持ちそのままに行動することだけはしないでください。


 具体的には

1.無理な補強(降艇後エルゴ)や体のどこかしらが痛いのに無理にメニューをこなそうとすること

2.アップやダウンをおざなりにすること

3.睡眠などの休養を削ること

4.痛みをそのまま引きずり、病院等に行かないままほっとくこと


 無理に強度の高い練習を自ら行い、身体を壊してしまっては元も子もありません。全員が怪我なく、来年の朝日(もしかしたら西日本⁉)を迎えられるように元気にふゆを乗り越えましょう!!


 めちゃめちゃ偉そうに書きましたが、参考になればと思います。


追伸

 全日新に出る人(もれなく戸田に行ってる人全員)は必ず結果を残してきてください。戸田のクルーを一掃してきてください。バカほどエルゴを回し、アホほど長く降艇ミーをやって、ずーーーっと乗艇して、やれる努力は全てやってるなぁと思ってました(月並み)。なので戸田で漕いだ経験とかいう実態の無いものだけをお土産に持って帰ってきたら、艇庫の敷居を跨がせませんよ(笑)。頑張れっ!!

 この写真は実家の周りを散歩してた時に"ばえる"なと思って撮ったものです。インスタしてないんですけどね...

大阪大学ボート部 * - * 12:10 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ