<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< もう負けたくない | main | 負けた分だけ強くなる >>

立ち止まらないために

新二回生の中川と申します

ここまでボート部に入って8ヶ月ほど

経ちましたがブログを書いたことないので

自分の思ったことを口下手なりに

頑張って書いていきたいと思います笑


先週の金土日と加古川レガッタがありましたが

そこで新人の対抗エイトで出させて頂きました。

結果は決勝で最下位となって4位となりました。


自分たちのクルーは最後の決勝戦では

最初から攻めていく

レースをしようと決めていましたが

スタートでは神戸に負け

コンスタントでは神戸と京都どちらにも離され

スパートでは恐ろしい程の追い上げで

京都に突き放されるという全体的に

いいところなしのレースでした。

しかし決勝ではいつもよりいいスタートができ

そこから第一Qから出し切りベストを尽くすことができたのではないかと思います。


それでも決勝では勝てなかったということは

決勝であたった他のクルーとかなりの差がある

ということです。

レースで出し切れてその結果負けたのは

仕方がないという考えは個人的にあまり

好きではないです。

レースを終えてとても悔しく、

情けなく思いました。

でもここで負けたくないという思い、

阪名戦では感じられなかった悔しさ、

を感じ自分がボートをこんなにも真面目に

取り組んでいたんだなと

思えたことも嬉しく感じました。

レースに負けたからといって

腐らずしっかり前を見つめ

これからの試合が終わった後に

後一歩足りなかったと嘆くのではなく

練習で後一歩でも前に進む努力をしていく

これを皆一緒に行います。


加古川が終わり、新人期も終え、

これから冬に入っていきます。

加古川で感じた神戸と京都に勝てなかった差を

今から半年くらい続いていく冬において

追いつき、そして追い越せるように

頑張っていきます。

乗り越えるためには1人では

無理だと思います。

しかし周りを見れば、自分だけでなく

皆苦しくても頑張っています、

新人期では味わえなかった優勝を

皆と掴むために。

それを見れば自分もという気持ちに

なっていると思います。

できれば、自分の頑張りをみてもらい、

他人のやる気を引き出す人に

そして他の人から目標にしてもらえる

漕手でありたいと思っています。


すごく短い文章となりましたが

このまま続けると自分では

だらだらとした文章を

書いてしまうと思うので

ここで終わらせていただきたいと

思います笑


書いていたのが深夜で

見直してもいないので

変なところもあるかもしれませんが

ご了承下さい笑


最後に新人期にお世話になった

スタッフの皆様一同ありがとうございました。




上同じクルーだったあべくんです

勝手にとられてたので載せてみました笑

大阪大学ボート部 * - * 16:42 * comments(1)

コメント

臥薪嘗胆も必要かもしれないけど、プラス思考で頑張ってください。これから頑張った分、成果はついてくるはずです。
Comment by こうじ @ 2018/11/07 8:56 PM
コメントする









このページの先頭へ