<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1年間? | main | まだまだ >>

Hall of Fame

皆さんこんにちは!!2回生漕手の稲垣太朗です。

 

  

 最近では淀川の温度も徐々に下がってきており、足をつけるのを一瞬ためらう季節になってきました!いよいよ冬の到来ですねえ。



 今日、ブログが回ってきたというのはブログ大臣から、全日新について書けい!ってことだと思うのでしっかりとその期待に応えちゃいますね。ちゃんと本音を書こうと思います。(笑)


 




それではいきます。



 

 

 自分の代の男子には色んな奴がいます。大きい人、小さい人。うるさい人、静かな人。エルゴにヒイヒイ言わせる人、エルゴにヒイヒイ言わせられる人。ここでは述べ切れませんが、色んな人がいます。入部した当初からうちの代はキャラの濃い奴が多いと言われてました(笑)。でも自分はそんな奴らが大好きです。はい、あまり口にはしませんが大好きです。そして、一緒に勝ちたいと思います。戸田で。この考えが芽生え出したのは去年の加古川からかもしれません。


 

 去年の加古川では、自分は2ndフォアで出漕させてもらいました。そこでレガッタとはどのようなものかを、一緒に乗らせてもらった偉大な先輩方に教わりました。そして、クルーに準優勝まで引っ張ってもらうことができました。しかし、表彰式のとき、自分はめちゃくちゃ悔しかったのを覚えています。それは優勝に届かなかった事と、同じくらいエイト組が全クルー敗退していた事です。特に対校エイトの敗退は悔しかったですねー。選考のエルゴ2000ttで木っ端微塵にされた対校エイトだっただけに(笑)。でもそれぐらい、「うちの代で」っていう気持ちが強かったです。


 

 そして加古川後の打ち上げで、同じクルーの偉大な先輩方、新人コーチ、同期などと様々な話をします。その中で全日本新人選手権の存在を知ります。はい、ここでやっと登場です。次の全日新はちょうど自分の代までが出漕する権利が与えられ、自分の代はそれにエイトで出漕するチャンスがある。その話を元新人コーチで、現全日新コーチである能勢さんからされたのを鮮明に覚えています。ちょうどこの時だと思います(笑)。


 うちの代は、対校エイトの6人はいいエルゴスコアがあり、2ndフォアから2人勝負できるエルゴ値、漕技のある選手を出すことができれば、エイトで出ることができる。みたいな内容の、激アツな事を言われました。2ndフォアBowだったM重さんもその時はマックスニヤニヤでした。


 その日から、全日新を意識するようになりました。冬練の寒い寒い日もいつかの全日新のためひたすら技術を狙いました。自分は乗艇ノートを書くのが苦手だったので、携帯のメモに残しているのですが、読み返してみると

 全日新のため◯◯、などの内容ばっかでした(笑)また、技術を最速で伸ばすために、とくさんや矢地さん、三浦さん、木本さんなど、多くのボート経験者や全国で闘ってきたjrコーチさんにめちゃくちゃアドバイスを聞きに行くようにしました。矢地さんに、「大学からボートを始めた人が1番苦労するのが技術」と聞き、とにかく乗艇ビデオを見て、自分がその船に乗っているかのように妄想しました。学校でも、消灯後も興味のあるのは片っ端から見ました。試合シーズンでは、自分的にいい結果を残すことができなかったものの、レース観、ボートとの付き合い方など着々と少しずつ準備をしてきました。





 ここで、どうして全日新が自分にとってこれほどまで大切か話しておきますね。多分一緒にsペアである弓削俊介くんも似ていると思います。自分は外国語学部でありまして、留学をすると考えて入学してきました。そのタイミングは3回生が終わってから行く人が大体を締めます。なので自分たちは最終シーズンをみんなと漕げるかわかりません。何より、全国とやれるチャンスが限られています。そのために、自分は今年の夏、ヒンディー語の多くの人が行ったい、インドへ40日行くプログラムにも参加しませんでした。でも、それくらい戸田で勝ちたいと思っています。







 逸れてしまった話をもどしまして、今年の9月、自分は全日新エイトに選ばれました。正直言って、死ぬほど嬉しかったです。本当

に。


 








大好きな奴らとともに全国と闘える。









 しかし、めちゃくちゃ興奮したのと同時に、すごいプレッシャーを感じました。シートレースで負けてしまった人の分まで結果を残さないといけない責務と、自分は整調に選ばれたのですが、自分がストロークする船が果たして速いのかどうか。うちのクルーは整調張れる奴が多いです。なのでこの1ヶ月は、その重圧との戦いでした。


 

 


 自分の乗る船には色んな奴がいます。リーダーシップのある人、平部員の人。アメリカ産の人、ドイツ産の人。フル単の人、フル単じゃなかった人。でも今は、その色んな奴が同じ方向を向いています。全ては阪大史上最速のため。


 

 ぜひ応援よろしくお願いします。


  全日新組へ

 いつも後ろからあり得ないパワーで押してくれてありがとう。戸田に行ってユニフォーム負けだけは1番面白くないから、スタート位置について、どの船が隣につけようと怖じけずいこうぜ!



大阪大学ボート部 * - * 21:57 * comments(1)

コメント

阪大ボート部さんのブログのファンです。
娘が戸田で練習しています。全日本新、私も戸田に行きます。阪大さん、頑張れ!
Comment by Ben_chan @ 2018/11/08 10:15 AM
コメントする









このページの先頭へ