<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 最近思うこと | main | ヒトリサビシイ >>

財布見つかった

はじめまして。新二回生の平です。

一回生の頃に当番に抜擢されたのですが、あいにくのど忘れにより今回が初ブログとなったしだいであります。

何について書こうか悩んじゃったのですが、加古川レガッタについて書こうと思います。しかし僕はクルー紹介もできなければ意気込みも言えません。インジャーズなうなので加古レに出れないのです。だから今回は選手たち、特に同期へ向けての応援のブログとしようと思います。



加古レ期は練習強度があがり、今までになくみんなしんどそうでした。これまでの何倍の距離を漕がなくてはならないこと、コーチや上回生やクルー、そして自分が求めるレベルまで自分を持っていけないこと、疲れがたまり、精神的に余裕がなくなったこと。河川敷でランと体幹を繰り返すだけの生活だった僕にもその過酷さは伝わってきました。学校の宿題や、バイトや、自宅と艇庫との往復で忙しかったりと各人で色々な要素が加わり、大変そうでした。



ただ、それを乗り越えたみんなはこの短期間で劇的に成長していると思います。実感はあんまりないかもですが、本当に劇的に。乗艇技術もフィジカルも7月で止まったままの僕にはよくわかります。乗艇後のダウンやご飯を食べてる時艇速をあげるために話し合っている姿を見たときに、こいつらはもう新人じゃないんだなと強く思いました。みんなが日を追うごとにどんどん先に行っていく、追いつけなくなっていく、見えなくなっていく。それは僕からしたら寂しくはありますが、その寂しさがみんなの成長の証拠です。自信を持ってください。



新人期の集大成である加古川レガッタ。正直めちゃめちゃめちゃ出たかった。だから、月並みな表現ではあるけども、みんなにはオレの分も存分に楽しんでほしい。そんで最高の新人期の締めくくりにしてください。誰よりも応援しています。


いい感じの写真がなかったので、壊れかけのよしにいの写真でも貼っときます。

大阪大学ボート部 * - * 12:18 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ