<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< もうすぐ夏休み | main | 夢ならばどれほど良かったでしょう >>

もうすでに夏休み

ハノイよりマニラより暑く,カイロと同じぐらい暑い国日本にお住いの皆様,いかがお過ごしでしょうか.
かのイニエスタが最初に覚えた日本語は「暑い.」だそうで,私も他の言葉でも「暑い」と言えるようになりたいものです.ファッキンホット.

このままでは8月の気候と言語力が思いやられる心持ちです.

研究室に配属されてから,英語を使う機会が多く,face to face なら何とかなるという実感を得て,この国の英語教育も悪くないじゃんと思う今日この頃です.
とはいっても電話口ではなかなかこうもいかず,聞き返せば聞き返すほどに内容よりも相手のイライラが伝わってくることが多々あります.
電話を取って,”hello”と受話器から聞こえたときの焦燥感がなくなって,すらすら会話ができる日はくるのでしょうか.

そういえば,先日大学院入試の出願のために証明写真を撮った時に,見慣れた鏡像と写真に写った虚像で左右が異なることに気づきました.冷静に考えれば当たり前のことでも,実際に気が付くまでは,その違いがあることすらも失念しがちになります.
艇上における表現でも,慣性系の表現と非慣性系の表現は意図せずとも,いささか混在することがあり,系の違いによる見解や解釈の相違を把握できない場合,混乱や誤解を招くこともあろうかろ思います.
他方,例えば実験室系に対する重心系のように意図的に系を変更することで,運動が容易に理解できるものもあります.適当な系を選択して,アドバイスを加えたときには,まったく異なるリアクションがあることが実に興味深く思います.
つまり,系というものに対して,力学的な問題の解決だけでなく,日々の問題や艇の挙動,あるいは立場といった抽象的な概念においても,意図的に関心を向けることが重要であろうという話です.


普段,写真を撮らないので,先日奈良県は若草山での写真を1枚.院試に合格して走りに行きたいという願いを込めて.落ちたら某医大にこっそり入れてもらおかな.

寺前


大阪大学ボート部 * - * 16:52 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ