<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 追いコンでした | main | 安堵ロイド >>

伝えてみる


少しお久しぶりです!

新2回女子ローの佐藤夏奈です


一昨日の追いコンではれいいちろうさんと三浦さんに鯨を食べに連れて行ってもらいました!初めての鯨でわくわくしてました。お刺身でも全然生臭くなくて美味しかったです(*´꒳`*)ありがとうございました!

ごはんの写真はないので、追いコン前に加古レで本当にたくさんお世話になった天游の先輩方にフライングでプレゼントを渡したときの写真を載せときます



プレゼント選ぶのすごく楽しかったです!

喜んでくれる顔をみてとても幸せな気持ちになりました(*´∇`*)



実はまだ書きたいことがあって、


最近同期女子ローでのミーティングで、情報を共有すること、伝えることの大切さを感じました。

フルモーションできる人、インジャーズ、その中間。今女子ローには様々なグループで頑張っている人がいますが、それぞれみんなモーション時間も内容も違うので、きちんと情報が共有されていないと不信感が生まれて、ボートのことで高め合うのに障害となることです。フルモーションしてない人が、毎日何をしているのか、それはどうしてなのか知りたいという話がでました。


伝えることって大切だと思ったので、気にしてない人も多いと思いますが、女子部だけでなく現役部員にむけてわたしの近況と気持ちをちゃんと伝えておきたいと思います。情け無い状態ですが。


特にこの冬場のシーズンみんなと一緒に練習できませんでした。甘えだと言われたらそれまでですが、最初は身体を痛めて、寒くなってくると、体質的に苦しいことも色々あって、去年の年末からは体調も崩しまくってて、夜眠れなくなったりもして、、、過呼吸も克服できず、加古レ前にひいたとき以降、2000ttも一度もひき切れていません。

毎日のように、次はできるはず!明日は大丈夫!って思って、頑張ろうとしましたが、結局できなくて、周りに迷惑かける、、、その繰り返しでした。

朝、出艇表を取り消すのが情けなくて、女子部LINEで体調不良を伝えて士気を下げている自分が嫌で、焦ってるだけで正直先のことが全然見えてないことも自分でわかってました。色々と疲れてしまって、体調の不調とも相まって艇庫に来ず、家で休むことも多かったです。ごめんなさい。

今はコーチとも相談して、無理なメニューは組まず、出来ることをしようということになってます。少しずつステップアップ出来るように頑張ってます


体調不良の原因の1つに、血圧が低いことがあります。体質的なもので、今までも少し苦しいことはありましたが、最近特に症状が強くしんどいです。一般に怠けているように見えて理解されにくい症状だと言われているし、それは仕方ないことだと思いますが、調べてみると、朝元気がでない・疲れやすさ・だるさ・めまい・耳鳴り・頭痛・不眠・食欲不振・集中力の低下・動悸・息切れ・冷え、などその他色々な症状が書かれてありました。低血圧の人がみんなこのような症状がでるわけではないし、わたしも調子の良い日と悪い日があります。冬は冷え対策の薬ものんでるし、朝カフェインをとったり対策は色々してますが、寒くて、毎日お風呂にもつかれず、日が出ないうちから活動するボート部の生活ではかなり辛かったです。暖かくなってきたら少し楽になると思ってます。



「冬場の練習を頑張れないと試合シーズン勝てない」

「体調管理ができない奴が勝てるわけない」

何度も聞きました。そんなこと当たり前です。

なのにわたしは何してるんだろ、なんで艇庫にいるんだろ、わたしは何がしたいんだろ、、、

何度も考えました。

きっと最近のしんどそうな私や、よく過呼吸になる私をみて、「この子やめないのかなぁ」って思ってる人もいると思います。私も考えましたが、何度考えてもでてくるのは、 「 まだやりたい、もう少し頑張りたい」  でした。今の私じゃ、この冬身につけられた技術も筋力もなく、唯一少し自信があった持久力まで落ちてしまって、部としてはお荷物でしかないこともわかってます。でも、理由は色々あるし、うまく言葉にできないですけど、ボート頑張りたいんです。自分勝手で周りのことを考えれてないって思われるかもしれないですけど、また体調も安定してきてみんなと同じように頑張れるって私は思ってます。

本当に未熟な私ですが、実は必死にもがいてたりします。理解して欲しいとは言いません、暖かく見守ってもらえたら嬉しいです。


大阪大学ボート部 * - * 15:24 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ