<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワタシのキモチ | main | 問1.入るのは簡単、出るのは難しいもの >>

体は前向きにできてる

おはようございます。

最上回マネの面白くないブログ担当降矢です。

テスト期間中に当番が回ってくることを見越して本日1/18(木)に記事を書いています。早め早めの計画的行動が大好きです。

最近ブログ更新が滞っていて大臣あきおが泣いているので早めの時間にあげちゃいます。


さて、最近の私はというと、来たる春休みをどう過ごすか、ひたすら考えてはわくわくしています。ボート部員としても大学生としても自由に時間を使える最後の春休み、めいっぱい有意義に過ごしたいですね。

就活、ゼミ研究、学年旅行、牡蠣祭り、中高の同窓会、マネ会、某後輩くんに焼肉を奢ってもらう会、ライブDVD鑑賞…いやあ、やりたいことは尽きないです、ほとんど遊びの予定ですが。どれだけ実現できるか分かりませんが一生懸命遊ぶ春休みにします。


もちろん部活も充実させます。シーズン当初にたてた「応援されるチームをつくる」という目標、まだまだ達成には程遠いので、この長い休みを使って色々動きたいなあ、と。

昨シーズンが終わる頃、尊敬する先輩に「後援会担当は他のマネージャーや全体の運営からはちょっと離れたところで比較的自由に動けるポジションだわし、やりたいことはどんどんやっていくといいよ。」と言っていただきました。すごく魅力的に感じたし、私も色々やりたい!って思ったのですが、実際最低限の仕事+αってなかなかできるもんじゃないんですよね。


もうちょっと器用だったら…って言い訳したくもなりますが、そう言っていても7ヶ月後には引退の日を迎えてしまうので。自分が後悔しないために、チームが後悔しないために、この春+αに取り組んでみようと思います。


具体的には

・普段お会いできないOBOGさんに会う!部員に会いに行ってもらう!

・体系化された引き継ぎシステムをつくる!


とくにひとつめ。現在“春のOBOG訪問 全国行脚”を企画しております。想像以上のOBOGの皆様から訪問をご快諾頂いていて、びっくりしていると同時に嬉しい気持ちでいっぱいです。


先輩方にとって「全然知らない何個も下の後輩たちがいるチーム」から「直接話したことのあるあの子のいるチーム」になったほうが、より近くに感じてもらえるんじゃないかな

部員も、なるべく現役の負担が少なくなるようにと様々な形で支援してくださる先輩方の気持ちに直接触れることで、例えば備品の扱い方ひとつ、例えばしんどい時の心持ちひとつ、良い方向に変わるんじゃないかな

広い視点で部を見るようになったからこそ考えたことを、少しずつ形にしていきたいです。





先日、なかゆかが当ててくれたライブに同行させてもらって日本一チケット入手困難なアイドルのコンサートに参戦してきました。本当に幸せでしたありがとう。もうなかゆかに足向けて寝られない…(艇庫ではそうもいかないでしょうが)

思えば今年でファンになってちょうど10年、時間の流れの速さにぞっとします。ぼーっとしてたら気づかぬ間にアラサーになってアラフォーになっていくんでしょう。こわいこわい。


無為に歳だけは重ねないようにしたいなあ。やっぱり今しかできないことに全力で!前向き姿勢を大事にしたい22歳でした。おわり。


大阪大学ボート部 * - * 10:53 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ