<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< YO!YO!ですYO!でっすよーの最近はっ謝ることいっぱーい♪ | main | 決意表明 >>

only a few minutes are enough

to bring us back those good old days



このセンテンスはコブクロの「同じ窓から見てた空」という曲から引用しました。

近頃、たまたま中学時代や高校時代の友人と連絡を取る機会が多く、

そのたびにこの曲の景色が思い出されます。

なんでも少しの時間さえあれば、当時と変わらない話し言葉や身振りから

昔のような自分で過ごせるようで。

たしかに何年か前の続きそのままでふざけあえるような気がします。



えてして、ほんの少しの時間で人の心持ちというものは変わるものです。



「予期悪心」という言葉があるそうです。

注射が嫌いな人は、針が刺さってもいないのに気分が悪くなることがあるでしょう。

これが予期悪心です。なんでも無意識にこれまでの経験から苦痛を類推することで起きるそうです。

こうして、自分の精神がズタボロになるまで、たった数分しかかかりません。

日々の活動で、怖かったり、辛かったり、しんどかったりすることが多い人は要注意です。


「ノセボ効果」という言葉があるそうです。

ネガティブな予想が悪影響を及ぼすことだそうです。

驚くべきことに、ある患者はこのために本来は小さな腫瘍であるはずが末期のガンであると誤診され、

亡くなったそうです。(詳しくは『「無」の科学』をお読み下さい)


普段のストレスに耐えるにしても、強豪チームに立ち向かうにしても

多かれ少なかれネガティブなことは考えがちです。

このために緊張したり、気分が優れなかったりしたことは誰しも経験していると思います。

そうして、良くないことが起こらないために、今のうちに練習しておきませんか。



何かに立ち向かうときに勇気をだして、自分がうまくやれることを強くイメージしましょう。

これだけで、きっと結果は好転するようになるはずです。

ストレスフリーで練習している人は浜寺や戸田のレーンをイメージしてみては。

もっと本番に強くなるかもしれない。

これを「プラセボ効果」といいます。

プラセボ効果は自分を騙すことでいい結果をもたらすそうです。


ほんの少しの時間で人の心持ちというものは変わるものです。

よろしければ、トライしてみて下さい。


寺前からでした。


(参考)

コブクロ,同じ窓から見てた空、アルバム「NAMELESS WORLD」に収録

ジェレミー・ウエッブ(著),水谷淳(訳),「無」の科学,SBクリエイティブ株式会社,2014




大阪大学ボート部 * - * 16:38 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ