<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本気の失敗 | main | 何を書くか3日間考えました >>

忘れがちな

おはこんばんちわ!!

これは私のブログを読んでくれる人が朝に読んでも昼に読んでも夜に読んでも通じる挨拶です。みなさんおはこんばんちわ。新二回生漕手の栗田です。


いきなりですが、みなさんは親孝行していますか?私は実家生なので週に二回実家に帰れるわけですが、全く親孝行出来ていないなと自分で感じています。私事になりますが、木曜日はバイトで夜遅くに帰ってそのまま翌朝直ぐに家を出る、日曜日は練習後みんなとダラダラして帰るので一週間に24時間も家に居らず。なのに。せっかく親が話しかけて来ても「はいはい。」とか、ちょっと腹立つことを言われたら逆ギレしたりだとか、ちょっとくらい家の手伝いしてよと頼まれても中々しない。


と、こんな日々を送っています。これじゃダメですね…( ̄∇ ̄)

「自分がこうやって部活を続けて来れたのは周りの人の支えがあったから、家族の支えがあったから。」という言葉を皆さんよく聞いたことがあると思いますし、そんなことは勿論わかっているよと思っているはずです。ですがここでもう一度、一人で立つことも出来なかった自分がここまで育って来れたのは親の「無報酬で献身的な支え」があってこそであり、更に今こうやって部活が出来ているのも学校に通えているのも、親のおかげである。ということを再確認したいです。


もし今、親の支援がプツンと無くなったら。想像してみてください。今のこの生活は全て崩れ去ると思います。乗艇でマメができることも、食堂でワイワイと笑いながらエッセンを食べることも、部屋で寝転んでギャーギャーと騒ぐことも、エルゴでしんどくなることも無くなります。……こう考えると、やっぱりちょっとくらいは親孝行しなきゃいけないですよね。


実家にあまり帰ることのできない私達が出来る親孝行は何だと思いますか?私は、ある人にアドバイスを貰ってから、ひとつ意識してやる様にしていることがあります。それは「日常の、どうでもいい近況報告をすること」です!こんな事で良いのかな?って感じがしますが、きっと親は遠くにいる自分の子供がどんな生活を送っているのかちょっとでも知れたら嬉しいだろうと思いますし、これなら実家生も下宿生も簡単に出来ますよね。なので親孝行最近出来てないなーて思う人は、私もたまにしかしませんが一緒にやってみましょう。そして帰省する時はちょっとだけでも家の手伝いをしてみましょう。


随分ダラダラとした文章になってしまってごめんなさい。言いたかったことは、親への感謝を忘れずに寒いけど厳しい練習を乗り越えていきましょう!とゆうことだけです!おわり!


たまりさんはるかさん誕生日おめでとうございます!!

大阪大学ボート部 * - * 09:40 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ