<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< イッテイシン | main | ボート部生活8ヶ月目 >>

私も真面目に書いてみました

最近バイトが決まり、ニートを卒業する見込みです。梅田の居酒屋なので是非遊びに来て指名をください。新2回生舵手の上町です。


加古川レガッタが終わってから約1ヶ月半、私がcoxをはじめてからもその位が経ちました。 冬の練習は気力の勝負ですね。

さて、今日は私が最近思うこと(主にcoxについて)書こうと思います。


どうしてcoxやろうと思ったの?とたまに聞かれるので、ここで正直に理由を話そうと思います。

一つは、艇上でコールをかけ、クルーの艇速を上げることが出来るcoxが単純にかっこいいと思ったからです。

特に加古川レガッタで私たちのcoxをしてくださった先輩を見ていたら、ちゃんと艇の動きを感じて、漕手が欲しいと思うタイミングで欲しいと思うコールを入れられるので毎乗艇その凄さに感動してました。(今になってなおさらそれがすごく難しいことに気づきました…笑)coxによってクルーの雰囲気も変わるので、まさに“進む方向を決める”役割だなぁと思っています。

coxの人ってみんなしっかりした人のイメージです。私はどんくさくて割と適当な人間なので、クルーから信頼されてて仕事が出来る人!ってかんじのcoxという役割にすごく憧れていました。そんな人になりたいと思ったのもcoxを選んだ一つの理由です。


そしてもう一つの理由は自分に漕手は向いてない、と思ったからです。最後のシーズンに対校に乗っている自分が想像できなかったからです。最初は怪我とかしないで毎日のメニューを完遂して、そこそこ努力していれば最終的には2番目、3番目くらいに上手い漕手になれるんしゃないかと考えてました。中学、高校のときもスポーツをはじめたときはみんなより下手くそでも、毎日練習にきて真面目にやってれば最後には上の方に行けたので、大学でも…とか思っていたんですが、ボート部は絶対そんなあまっちょろいものじゃないと気づいてしまいました。続けていればいつかほかの人を追い越せる!みたいに夢を見せてくれる先輩もいるんですが、現実はどうなんでしょうか。きっと最後まで漕ぎ続けないとわからないのでしょうが。正直私は暇があればイメージビデオを見ているような人達に比べたらボートに対する熱意みたいなものが足りないと思います。そもそも漕いでて楽しいと思う感覚は最後までよくわかりませんでした。やっぱり人に勝てなかったら面白くない。相対的にしか価値を見いだせないんです。自己満足でやるならサークルかなにかに入ればいいけど、やっぱりボート部を選んだ以上、勝ちたい。勝つためのもう一つの可能性として、coxという道にかけました。すごく後ろ向きな理由に思うかも知れないし、結局はエルゴも回んないから逃げたんじゃないの、って思っている人も実際いるかも知れませんが、なんと言われようと私はcoxで上を目指します。まだまだポンコツで、トライ&エラー&エラーだけど、自分なりに一生懸命ボートに向き合ってみます。少しでも艇速に貢献できるように、50kg分以上の仕事をできるように、頑張ります。今のところライバルはたえこさん(と強気に出る)で、まだ全然負けてるけど、早く追い越してスーパーミラクルウルトラエクストラcoxになれるように頑張ります!


長い文章になってしまってすみません。最後まで読んでくれた方に艇庫でパパラッチしたスクープ写真をプレゼントします。ボート部の人ってゴシップ好きですよね。

仲良しコンビ。

大阪大学ボート部 * - * 05:38 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ