<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< σ(´・д・`) | main | 試合シーズンに向けて >>

写真の向きの変え方がわかりません


こんにちは。新2回漕手の山口友菜です。


もう1ヶ月くらいするとクリスマスですね。クリスマスラッシュが起き始めるのはまだなのか、それだけが楽しみな毎日です。


ちなみに私はクリスマスより年末お正月の方がだいぶ好きです。おせち料理はそんなに好きじゃありませんが、普段は行かない神社やお寺やおばあちゃんちに行けるからです!頑張ってダラダラして無駄にテレビを見ようとするあの感じもすごく好きです!!



そんなことはどうでもいいとして、最近はメニューが新人期に比べて長い系になってきました。

なので、みんななんで時間とられる上にキツい練習を毎日毎日追い込めるんだろうってよく思います。



私にとってそれは、間違いなく加古川で味わった悔しさです。



私は毎回レース後に、感想的なのを書いているのですが、予選敗復準決のには全部「楽しかった」「次が楽しみ」があります。だけど決勝の感想は「悔しい」ばっかりです。



1000までは予定通りのレース展開でした。スタートから他に1艇身くらいでて、予選と準決で負けた神大の背中をみながら漕ぎました。このまま逃げきれるんじゃないかって思いました。だけどそんなに甘くなかったです。
1000過ぎたあたりからジワジワ離されていって、スパートでも全くさせませんでした。たくさんの方が応援してくださってたテントの所では既に圧倒的3位でした。



同じスタートだったはずなのに他大に完敗して悔しい。男子(八雲が準優勝)に負けて悔しい。今までは、レースが楽しかったなら、自分たちのベストが出せたなら、それでいいやって思ってましたが、今回だけはこれでいいやって思えませんでした。




乗艇中にうまく行かなさ過ぎてノーワークで漕ぎたくなった時、エルゴ中にちょっとくらい休んでもいいかなと思った時、ウエイト中にカウントを早くしたいと思った時、決勝で神大がゴールした瞬間聞こえてきた音が思い出されます。
 



寒いのがめちゃくちゃ嫌いなので毎朝起きたらエルゴでいいやって思っちゃうけど、川に出て漕ぎ始めた瞬間、寒くてもやっぱ楽しいなって思います。狙いたいところをめいっぱい狙えるこの冬を無駄にせずに、この悔しさを忘れずに、加古川で合計3回も負けた神大に今度こそ勝ちます!




写真は、某TMさんの待受画面です。可哀想なのでひかないであげてくださいネ。

大阪大学ボート部 * - * 21:08 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ