<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 全日新に向けて | main | マイナスイオン >>

ボート祭りはまだまだ続く

秋の3週連続ボート祭り


第1弾 全日本選手権大会に舵手付きペアで出場して来た4回生の三浦です。

まだ加古川レガッタ、全日本新人選手権大会とボート祭りは熱いですねー。


僕にとって今回の大会でようやく2017シーズンが終わった気がします。(ボート部暦ではもう2018シーズンなのだが…)そしてもう引退ですね。これからはOBとして部をサポートできたらなと思います。


この日にブログを回されたということは全日のことを書けということですかね。


全日について。

今回の大会に出場を決意するには今だから言えますが相当な覚悟がいりました。インカレで他大学との力の差を見せつけられて惨敗したこと。練習する為に卒業研究に関わる大事な実験参加を断った事。本当に最後の試合だから負けたら次は無し、少数精鋭で挑むのだからなんとしても結果を出さなければならない。など様々な事が頭をよぎりある意味大きな賭け事でしたね。


出場するかどうかをいろいろな人に相談すると、「今しか出来ない事やからやったら。後で後悔するよりはいいんちゃう」的なことを言われました。たしかにここで辞めたら後で後悔する気がして「できるかできないかはやってみないとわからないじゃ無いか」と自分を奮い立たせて挑戦することに決めました。初めは二人の漕ぎが合わずバランスも悪くてどうなるんやろと思ってましたが試行錯誤して漕ぎを擦り合わせ、膨大な練習量をこなし、UTの目標タイムを大幅に更新してもしかしたら自分らはダークホースになれるんじゃねとワクワクしながら戸田に行きました。レース本番スタートラインにて本来ならここが一番緊張するものですが今まで悔いなく練習をこなせてこれたせいか絶対上手くいく自信しかなかったですね。そして3レース全て全力を尽くすことができたと思います。とくに決勝では日本一を決めるレースに出られていることに感激し、結果は3位でしたけど最高の経験でした。今度はこの経験を後輩らに伝えたいです。




最後に4年間ボート部に入ってさまざまな人のサポートを受けているのだなぁと思いました。コーチの方々、マネージャー、後援会の方々、スタッフ陣、先輩、同期、後輩あと家族。僕がボートに集中できたのも周りの人の支えや応援があったからです。あまり恩返しできるほどの結果を出せてませんが感謝を伝えたいです。


今までありがとうござしました。


あっそういえば今年から写真を一枚添えるルールでしたね。

表彰式にて。

(ここに阪大がいるのは違和感があるが…)

大阪大学ボート部 * - * 23:58 * comments(2)

コメント

ひょっとしたら優勝できるかなと思いましたが、甘くはなかったですね。4年間の活動を振り返ると実力相応だったかもしれません。でも予選から決勝まで同じペースで漕いだのは練習の成果を出し切った結果ですね。
Comment by 3R @ 2017/11/10 11:08 PM
確かに相手の方が格上でした。上には上がいますね。しかし、淀川からでも全日本選手権ファイナルに行けるという事実を胸に後輩たちには練習を頑張ってもらいたいです。僕もサポートしようと思います。
Comment by 三浦 @ 2017/11/11 12:08 AM
コメントする









このページの先頭へ