<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 後悔などしない | main | 魔法の言葉 >>

みんなへ

こんばんは

2017シーズン主務を務めました増田です。

 

昨日の納会をもって、2017シーズンが無事に終わりました。自分が思っていた以上にいろんなものがのしかかっていたようで、納会の途中で次期主務に司会を交代した時は何とも言えない解放感でした。ボート部にいた3年半の間、本当にたくさんの方々にお世話になりました。中高と帰宅部だった私にとってはすべてが新鮮で、とっても楽しい3年半でした。本当に本当にありがとうございました。(←忘れたら嫌なので先に言っておきます!)

 

さて、インカレ後から4回生のリレーブログが始まり、それももうすぐ終わりですね。みんなのブログを読んでいるとみんならしいブログの内容ばっかりで、どんどん寂しくなってしまいました。私はなにを書こうかなといろいろ考えてはいたんですが、これといったものも思いつかないので3年半を振り返りますね。(長くなったらごめんなさい)

 

 

ボート部への入部は雰囲気の良さが決め手でした。キャラの濃い人が多くて、とても居心地が良かったです。でも、りんちゃんと私の雰囲気は入部後1年間くらい不穏やったね。ごめんね。

 

1回生のときは目の前で対校エイトの優勝を見ました。よく分からなかったけど、すごいことが起きてるんだってことは伝わりました。泣いて喜ぶ選手、マネジャー、コーチ、監督、応援に駆けつけてくださった方々を見て、うらやましかったです。「主務になりたい」と新人スタッフだった山岨さんに伝えたのも、1回生の夏でした。

 

2回生のときはジュニアの担当マネをしました。このシーズンは、対校とジュニアの立場に疑問を抱き、怪我をしないこと・させないことの重要さを痛感しました。あと、組織は大きいほど選択の幅が広がることも思い知らされました。全日本新人を見に行かずに、浜寺で郵船レガッタのバイトをしたことだけは後悔しています。

 

3回生のときは後援会担当でした。インカレがないシーズンということで、いかに後援会の方々に支援していただくか、ばかり考えていました。新人のときにお世話になった赤阪さんにお願いして春に関東OB会を開いてみたり、主務だった東出さんと1泊2日で東京OB訪問の旅を企画したり…。たくさんの方々の支え・想いの上に、阪大ボート部は成り立っていました。平成1桁代の方が集まる同窓会に、みさとと二人で参加させてもらったのもいい思い出です。なかなかアクティブでしたね(笑)「あ、ここで頑張れば、やりたいことは何でもできるかもしれない」そんな素敵な環境にいることにやっと気づけたシーズンでした。

 

そして、最終シーズン。主務としてのシーズンが始まりました。

昨日の納会でも言いましたが、本当によく泣いたシーズンでした。22歳になったので、涙腺が緩くなったのかもしれません(笑)

シーズン最初の試合は全日本選手権。しのさんの最後のレースになるかもしれないと思って、2300円の夜行バスで戸田まで行きました。(死ななくてよかった笑)下手くそなけりだしで、選手のみんなには申し訳なかったです。結果は敗者復活戦敗退でした。その後、しのさんは現役続行を決めてくれました。

その次の加古川はほとんど上回生がいない試合・遠征でした。この試合がシーズンの中で1番しんどかった。りんちゃんとみさとを何度も呼びたくなりました(笑)遠征後、あいさんとゆりかさんにいろいろアドバイスをいただいて、後輩を育てることの大切さを痛感しました。

冬場はいろんなことがありました。水道代は払ってもらえなくなるし、体育会からは援助金を減らされるし、マシンローの日は大雪だし…今思えば全部どうにかなったのでオールオッケーです。もちろん楽しいこともありました。新しく始めたコンサートスタッフの部員バイトは、変な制服を着せられますが楽しかったです。正田杯は男女とも1位で、たくさん景品を持って帰ってきてくれました。マネージャーのみんなといろんな話もできました。1番の不思議なんですが、今年の冬場はとても短く感じました。(私だけ?)

季節は進み、いよいよ試合シーズン突入です。ここらへんからですよ、涙腺が緩くなったのは(笑)

朝日レガッタは嶋田のお茶出しでもらい泣き、松田・清水ダブルの悔し涙にもらい泣き。

部車を失くすことをみんなに伝えた日の晩は、いろいろ耐えきれなくて1人泣き(笑)。

関選は対校エイトが優勝したことにうれし泣き。

最後の2000の結果を報告しにきたれいいちろうが頭抱えて「ごめん、増田」と言ったときも泣き。

インカレはM4Xが準決勝に上がったことにうれしくて安心して泣き、M4+が敗者復活戦で敗退したことに涙が止まりませんでした。

今シーズンは嬉しさ、悔しさ、腹立たしさ、どうしようもなさ…本当にたくさんの気持ちを味わいました。こんなにも充実した1年を過ごせたのは、全力でいろんなことに取り組める環境が整っていて、サポートしてくださる方々がたくさんいたからだと思います。本当にありがとうございました。

 

 

…ただの思い出話になってしまいましたね。ごめんなさい。(もう少しだけ)

ここからはタイトルに沿って。

 

後輩のみんなへ

今シーズン感じたいろんな気持ちは、絶対に忘れずに来シーズン以降の原動力にしてください。下の代に伝えることも現役みんなの役目だから忘れないでね。戸田の厳しさ、あそこで勝つことの難しさ、敗者復活戦敗退の悔しさ、絶対に絶対に忘れないでください。あとは、勝ったときの幸せな気分もイメージし続けてね。人の想いってとっても大切だと思います。

私たちの代では叶えられなかった目標をみんなに託します。いくらでも踏み台にして、越えていってください。

 

同期のみんなへ

3年半、1番お世話になりました。わがままで、すぐイライラして、口うるさくて…たぶん他にもいろいろあるけど、みんなにはたくさん迷惑かけたんじゃないかなと思っています。同期がみんなで本当に良かったです。特にりんちゃんとみさと、この3人で最初から最後まで頑張れてよかったです。誰が何と言おうと、きっと最強の最上回マネだったと思うよ!ありがとう(笑)

あと、せっかくだから学年旅行しませんか?(笑)もめるかもしれないけど。

 

 

長々と書きましたが、マネージャーはこれで引退です。

今日から2018シーズンが始動しています。今シーズンはcoxとして頑張ることに決めました。

ほとんどの人に相談したり知らせたりすることなく、急に発表してしまい申し訳ないです。(特に、同期のみんなにはごめんなさい。)また、これについては何かの機会に。

 

 

本当に本当に本当に、3年半の間ありがとうございました!

ボート部員 * - * 18:07 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ