<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おわおわり | main | みんなへ >>

後悔などしない

こんにちは4回生の三浦です。

 

オフに釣りに行きまくったせいで全身日焼けして痛いです。

いやー、やっぱり山口の海はきれいでしたねー。疲れと悩みが

ぶっ飛びます(笑)。ぜひ皆さんも一度行ってみてください。

 

 本当は釣りのエピソードをダラダラ書きたいのですが、今日は最後のブログ

ということで、ボート部に入ったことによる自分の変化(成長?)について3点書こうと

思います。

 

 

 一つ目。プラス思考。

プラス思考とは、何事においてもきっとうまくいく何とかなるものだと良い方向に物事に考え

が向くことです。ボートの練習はきつくて時間も取られる、毎日の生活がカツカツでしんどい。

そう思うこともあるのではないでしょうか?そういう時はほんの少しかもしれませんが毎日の

自分の成長を感じましょう。しんどいということは、自分に負荷がかかっている状態です。

この負荷に負けじと自分自身は何かしらレベルアップしているはずです。それが結果として

目に見えなくてもいいのです。例えば自分の場合、けがをして練習ができないとき。自分はエルゴも乗艇練習もできない。

こういう時は一見、体力値も乗艇技術も落ちてレベルダウンしているように思えますが、体幹を鍛えるとか、

イメージビデオを見ていいイメージを植え付けるとかして自分のけがが治ったときに周りに(こいつの成長率やべー)

と思わせるくらいのエンジンというかエネルギー源を蓄えるようにすると充実した練習をすることができます。

レベルアップのスピードは時期によってまちまちですが毎日自分は進んでいると考えると意外と困難は

乗り越えられるものです。

 

 

 二つ目。逆境に対する強さ。

まあこれはプラス思考とも密接な関係があるのですが、要はピンチをチャンスに変えるということですね。

主に学業面で話をしますと、ボート部の生活はとにかく時間がない。朝は4時半から練習、消灯は10時

院試の前にすら練習がある。マジいつ勉強すんねん!とよく言われますがこれはある意味ピンチですね(笑)

こういう時は利用できるものは何でも利用しましょう。例えば先輩に教えてもらうとか逆に後輩に教えることで

自分の理解を深めるとか。10時消灯というシステムすら利用できます。10時までに勉強を終わらせなければならない。

まるで毎日が試験みたいですね(笑)消灯を守ろうとする結構集中力がつきますよ。とまあこんな感じでピンチもよく見るとどっかに抜け道があってそこからチャンスに変えられると思います。学業面の話しか書いてないですけどもちろん何事にもこの力は使えます。

 

 

 

 三つ目。自分の殻の壊し方。

自分の殻を壊すこととは今までの自分のレベルよりも、もう一段階上にいくことと僕は考えます。対抗メンバーは

2000t.t前に殻を破ってエルゴ値でベストをだせとコーチによく言われましたね。ここで大事なのは気持ちの持っていき方

だと思います。さっきの一つ目、二つ目に述べたことで自分の力は強くなりますが指定された日に最高のパフォーマンス

を持っていくのは結構難しいです。最高のパフォーマンスを出すには自分の世界を作ることが大事です。他人と比べる必要は

ありません。自分との勝負なのです。自分のやってきたことに自信を持って、僕ならできる。そして最高の結果を出すんだと強気で勝負に挑むと結果はどうあれ自分の殻をぶち壊すことができます。そしてこういう時に限って満足のいく結果が得られます。

 

 

 

 

 

 以上ボート部の生活で得たことについてつらつら書きましたが、今思うと僕は4年間常に上を目指して充実した毎日を送っていたのだなーと思いました。このような環境で生活できてはっきり言って幸せでした。周りでサポートしてくれた方々のおかげですね。

ありがとうございました。ボート部はつらいことも多いけど自分にプラスになることのほうが圧倒的に多かったです。途中でやめたくなって何でボート部に入ったのかと後悔することもありましたが。続けてよかった、後悔などしてない。そう心から思います。

 

 

 

 

 

 

 なんかもう終わりか、的な内容になりましたが、僕の戦いまだ終わっていません。インカレでは情けない結果でしたが、全日本選手権出場というリベンジの機会が与えられたのでここでしっかり結果を残して戦いを終えたいと思います。

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボート部員 * - * 22:51 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ