<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< まだまだこれから。 | main | 右手と左手 >>

出会いと別れと時々再会

おはこんばんにちは!二回生漕手の山下でござんす。
なんと、ついに、あの、全隠者ーずが泣いたヘルニアから復活の兆しが見えてきました!
いえーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!ふぉ!
てな感じの気持ちです。これまで温かく見守って下さったファンの方々にはどうお礼を言っても言い切れないので、
ここはおとなしく言わないでおこうと思います。でもその代わり、朝日の準決に対抗が進んだ時にマネージャーの某K田ちゃんが見せたうれし涙のように、これまで支えて頂いた人々に感動を与えられるような漕手になれるように必死で頑張ります。でも、あまり無理しすぎるとまた怪我するからたまにはやすませてちょ。

さて話は変わりますが、今年も僕たちの時と同じようにたくさんの新入生がはいってきてくれました。
僕のイメージでは女子は意外と理系が多く、4回生までたくさん残っていそうでインカレがすごい楽しみです。いっぽう、男子はというと、女子も結構いるのですが「外語、外語、外人」ていうイメージで、最近艇庫で聞く言葉は「なに学部?」ではなく「何語?」のような気がします。だから、挨拶するときはその人の勉強している国の言葉でするのも面白いかもしんないですね!
まー、僕はしないけど

こんな感じで楽しいこともある反面悲しいこともあります。それは、あと、約3か月後に今の4回生、そして、その1年後に今の3回生の皆さんがやめていってしまうことです。練習終わりに癒しを与えてくれる食堂から「うける」、「ごペンなさい」、「はい、知ってたーお前がぐーをだすことは」、M清さんの思わずみんなが絶句する「消灯どえーーす」、βさんの「、、、、、ぼー」が聞けなくなるって考えると相当悲しいです。それに、来年は僕らが主導で新歓をしていかなければなりません。はたして、「ergoでdon!!! returns」は成功するのか、今の新入生をしっかりと広背筋から引っ張っていくことができるのか、考えだしたらきりがありません

だからこそ、今先輩たちと一緒にいれる時間を大切にしようと思うし、とても楽しいです。最近でいうと、K松さんと一緒にダブルに乗ったこと、M清さんが僕のために30分エルゴのところを40分にして引いてくれたことがとても楽しかったです。普段は一人でエルゴをしている僕にとって、誰かと一緒に引けることがこんなに心強いなんてとかんじました。今度は一緒に乗艇できるといいな
そのためにもできるだけ早く復帰できるように頑張ります。

これで終わってもいいのですが、今回は特別に最後、僕がおすすめの洋楽を紹介します

辛いときときに聞きたい曲
Daniel Powter - Bad Day

踊りたいときに聞く曲
"CAN'T STOP THE FEELING!”

彼女がほしくなる曲
Bruno Mars - Just The Way You Are

走り出したくなる曲
Ed Sheeran - Castle On The Hill

※あくまで個人の意見です

ほな!
大阪大学ボート部 * - * 15:38 * comments(0)

コメント

コメントする









このページの先頭へ