<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ラスト〜☆

こんばんは。
4回生の佐藤です。
最後のブログになります…
なに書こうかなーって考えたんですけど、最後だからってこれ!みたいなのは思いつかないみたいです。
なので、前のブログの流れでまずはわたしも高校時代の部活の話しようかなって思います。

わたしは高校からボートをしていました。
大学みたいに組織がしっかりしていたわけでもないですし、先生はボート経験者でもなくて週末にOBさんやコーチが見に来てくれるみたいな感じで、部員でメニューを作ることがほとんどでした。クルーもだいたいエルゴのタイムで決められてました。タイムで決めるから自然と先輩とクルーになることは少なくて、ボートのことあんまり知らない同期と悩みながら練習していました。
そんな環境だから気づくこともありました。
例えば、たまにどうしても練習していて遅い時とか練習していて楽しくないときがありました。そんな時ってだいたい練習の雰囲気が悪くて同じ艇に乗っているのにしーんとした中で練習しちゃっているんです。
わたしの部活では練習の前後にクルーミーティングはしたりしていませんでしたが、雰囲気が悪かったりしたときだけ自然にみんなで話すようになっていました。ミーティングっていってもすっごい悩んだり深刻にするわけじゃなくて、みんなで頑張ろう!ってお互いに言って笑いあってみたいなミーティングなんですけど、ミーティングするとよくわかんないけどはやくなるんです笑
そんな経験からボートって、やっぱりひとりじゃなくてみんなでするスポーツなんだなって思っています。
ひとりで頑張っても、どんなにみんなで動きを合わせていても、気持ちがばらばらだったら絶対にはやくならない、表面上の関係じゃなくて本当に本音で話せる関係が大事なんだとおもいます。ただ楽しく仲良くするってことじゃなくてちゃんと思っていることを伝えることができるチームやクルーは強いとわたしは考えてきます。
でも、ただストレートに自分の気持ちを言うのもどうなのかなって思います。ひとの言葉には相手を頑張ろうって気持ちにもさせることもできれば、反対にマイナスな気持ちにもさせることができると思います。自分の気持ちを表現する前に、本当にこの言葉で相手をその気(つぎ頑張ろうとか、悪いとこは直していこうとか)にさせられるかなって、いったんひと呼吸おいてから話すことってすごく大事だと思います。ただ言うのは簡単だけど、ちゃんと相手を思って言葉を選ぶ必要あると思います。
わたしもまだちゃんとできてないと思うので、努力しなきゃですね…。
これがわたしが高校からボートに携わって1番学んだことです。
簡単にいったら、気持ちをみんなで共有することと伝える時に相手がどう受け止めるか想像して話すってことです!笑
まとまりがなくてすみません。

あと!
1番大事なことは楽しむことだと思います!
「みんなで」楽しめるように、「みんなで」努力する!
部活するんだったら、これが経験できなきゃもったいないと思います。
部活は、勝つこともすごく大事だけど、集団で活動する中で一つのことをたくさんの人と一緒にやり遂げることができる機会だと、この4年間を振り返って思います。
周りを大切にして、みんなで大学でしか楽しめないボート部生活を楽しんでください。


いろんなこと書きましたが、わたし自身できていなかったことはたくさんあります。でも、同期や先輩、後輩、コーチはみんな受け止めてくれて、本当に感謝しています。ありがとうございました。結果という形で恩返しできなくて、本当にすみません。


長くなりましたが、4年間ありがとうございました。
たくさんの の方の応援のおかげで、充実したボート生活を送ることができました。
来年から大阪を離れてしまいますが、このブログとか見て、今後の阪大ボート部を楽しみにみていきたいと思います。
みんなでがんばっている阪大ボート部を見ることを楽しみにしています。
応援しています!
ボート部員 * - * 22:04 * comments(0)

ラスト☆〜バンクーバーより愛をこめて〜

皆さん、お久しぶりです。
4回生マネージャーの竹内穂波です。
今年の3月末からカナダのバンクーバーに留学に来ています。丁度入部の時期と入れ違いで出国したので、一回生の人は初めましてですね。まだサマータイムなので時差は16時間です。深夜にこれ書いてるわけですが日本にいる時と違ってモンスターに頼る生活してないので心配しないでください。
正直、深夜12時にして何書くか全然まとまってません。うってぃ割と早めに言ってくれたのにごめんね。話が行ったり来たりする文章書いてしまう気がしますが、最後なんで大目に見てくれると嬉しいです。まあ今までもきれいな文章書けてたことないですが。あっ留学に関してはほぼ書かないので、聞きたい人は会ったときにでも。


後輩に伝えるとするなら、まずは自分のために頑張ることを忘れずにってことでしょうか。
私は中学時代にバレーボール部所属しており、厳しい監督にかなりしごかれました。(一個前で見たような文章ですが気にしないでね!)そこで学んだのは「先輩・後輩、お世話になった周りの人たちのの為に結果を出す」ことです。精神論なので突っ込みどころはたくさんありますが、今でもそれは正しいと思いますし、実際それが力になることもあると思います。漕艇部は大学、後援会、保護者の方々から多大な支援を頂いて成り立っている部活です。中学・高校とは支援のレベルが違いますし、企業やプロの選手のように結果を出す義務があります。かといって「支援者の為に頑張る」という思いだけで勝てるのかといわれると、無理がある。特にマネージャーはそれを実際に思い続けるのは至難の業だとおもいます。
じゃあ何を原動力にして自分が部活をしていたのか、を考えると、”誰かの為に何かをする”というよりは、”自分”が勝ちたいからなんですよね。選手もマネージャーもボート部の、共に戦い勝利を目指すことに惹かれて入部した人は多いと思うので、私のように思う人も多いと思うんです。だからまずは、自分が勝ちたいという意志を大事にしてください。その上に結果を出さなきゃいけないという意識を足してください。私がやってることに意味があるのか、そもそも部活続けることに意味があるのかとか色んなことがもやもやし始めたら、自分が勝ちたいかどうかという一番最初の問いに戻ってみてください。勝ちたいのに結果が出なくて応援やめるというOBさんはいません。少なくとも私は勝ちに向かって頑張る後輩を応援し続けるOGでありたいと思います。
インカレ最終日、進出してくれてありがとう。メール見たとき嬉しすぎて、周りの人に伝えるくらいにはテンション上がってました。来年からの活躍楽しみにしてます。

最後の一年間、特に後輩マネージャーには迷惑かけまくったなあと思います。ほぼ自分のことで部活にあんまり来れなくて(遅刻も多かったしね)、本当に申し訳なかったと思います。それでも嫌な顔一つせずいてくれて本当にありがとう。みんなのおかげで、私は何とかなってたと思います。

最後に同期に。
1回生の時の就職祝賀会で、赤阪さんが「続けてきて本当に良かったと思う。続けたもん勝ちだよ(うろ覚えなので違ったらすみません)」という話を前で話していらっしゃって、「私も本当に引退するときにそんな事思えるのだろうか。思ったとしても、思い出補正のせいだろうな。」と実は思ってたんやけど、それが杞憂で終わったのはみんなのおかげ。自分がやりたいことはやらなきゃ気が済まない、なんやかんやでわがままで我が強い私がボート部でやっていけたのはこの同期だったからだと思います。特に同期マネ、みんなが理解してくれてるっていう安心感があったから私は頑張れたと思います。最後勝てなかったのは悔しいけど、それでもみんなと同期で良かったと思ってる。本当にありがとう。


とまあここまで卒業する感じで長々書きましたが、来年まだ大学には在籍してますし、豊キャンですし何かしらボート部とかかわることになると思います。まだ帰国してないので何とも言えませんが。あれば手伝いますので。
とりあえず、運転練習しておきます笑。

それではこの辺で。
また艇庫にお土産持っていくね。
ボート部員 * - * 18:40 * comments(0)

ラスト〜⭐︎⭐︎

 

最後のブログということで竹内はこの順番で4回生に割りふったかな?(笑)

インカレの反省はさておき

インカレが終わって一つのシーズンが終わり部員みんながそれぞれ思うことがあると思います

次のインカレこそは最終日行ってやるぜ!!とか何が違うのかなーとか こんなに時間を犠牲にしたのに勝てないのかよとか正直このまま部活続けていくのしんどいなとか、、、

 

引退してみて思ったのですがみんな何のために部活をやっているのでしょうか??

僕は中学の時男子ソフトテニス部に所属していました。

その時部訓というものがあり監督がとんでもなく厳しい人でその監督が勝手に決めたものだと思っていたので俺はほとんどどうでもいいものだと思っていたのですが大学最後まで部活を続けてきてこの部訓が答えだったんかなと最近思い始めました。

 

 

 

部訓は いい男になる でした。

目標は 完全勝利

具体的に

人の足を引っ張らない

試合に勝って喜ばれる人間になる

挨拶をする

素早く行動する

 

 

テニスだけでなくボートにも通じる良い部訓だと思います。いい男は魂を込めてドライブするでしょう いい女のコールはすごくかっこいいでしょう

この1年、2年、3年、4年で自分はいい男、いい女になれたかゆっくり考えてみましょう

頑張ってボートをやって試合で勝って表彰台に乗ることもこともその選択肢の一つかもしれません

僕はこれから後輩がいい男、いい女になって試合で勝って叫んでいるのを見に行きたいと思います。

 

安達

ボート部員 * - * 20:29 * comments(0)

お金が飛んでいく

こんばんは 日付が変わる直前での投稿になります。

3回生 漕手の和田です。 インカレでの応援、本当にありがとうございました。

インカレが終わり 悔しい気持ちを持って戸田を後にした人も多いと思いますが、上回生はひとまず今はオフを過ごして、来シーズンへ向かっています。かくいう僕もオフでかなりのお金が飛びそうです。

まず、新しく買ったパソコンが今日来ました。嬉しくてたまらないのですが、値段を抑えようと努力したのですが、あれやこれや足してるうちに値段が10万超えてしまいました、欲しいものを前にすると物欲が止まりませんでした。

 オフの間に旅行に行くので、それでもお金はが飛んできそうです、3日間ほどかけて行くのですが、いらぬとこで使わないように今から気持ちを引き締めているところです。 自分は3回生なので年末には忘年会という一大出費イベントがあるので、6セメスターはボート部でもそれ以外でも馬車馬のごとく働いていくつもりです。

ボート部員 * - * 23:58 * comments(0)

ラスト〜☆

こんばんは。
東出です。

インカレ終わったということで、たぶんこの一年のまとめ的なことを書かなきゃいけないんだろうなーとは思いますが、まだそんなことまで考えれてません。
この1週間雨に降られ続けた恨み言くらいなら…
というのも、昨日新幹線で帰ってきて今日の昼過ぎまで爆睡してからのバイトだったので…って言ういいわけ。


インカレの結果は男子舵手付きペアがB決勝進出、オッ盾エイト準決勝進出と最終日に2クルー残りました。
2クルー共に2回生、3回生のクルーで、ほんとにほんとに頑張ったねと褒めてあげたいです。
なでくりまわしてやろうかと思いましたが、セクハラ疑惑はかけられたくないのでやめました。笑
本人たち的には納得のいかない部分もあったかもしれないですが。
最終日まで残ってくれてありがとう。おかげで最後までやりきれたなって思います。
最上回が最終日に残れなかったのはとっても寂しくて悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱいだけど。


後輩ちゃんたちにはめんどくさい先輩やと思われてたとは思いますが、飽きもせず相手してくれてありがとう。
口悪くて呆れさせたこともあると思います…ごめんなさい。反省。笑
この3月から始まった長い試合シーズンで1人も辞めちゃうことなく終えれたこと嬉しく思ってます。
頼りない先輩ばっかでそれぞれ思うところはあったかもしれないけど、昨日積み込みが終わった後にあんなにみんなではしゃいで楽しく写真撮れたのは良いようにとれば一つの成果かな、と。仲良いのと馴れ合いはまた違うけどね。

1年間(もっとか?)お世話になりました。
来シーズン期待してます。


同回のみなさま
4年間お疲れ様でした。
私はこの学年じゃなかったら主務なんてできなかったなと思います。
ほんとに支えられました。ありがとう。

一つだけ、
のっち、お腹いっぱいつまんでごめんね。


こんな感じでしょうか。まぁ、また書きたいことができたらFacebookでも更新します。笑


最後になりましたが、後援会のみなさま、部員の保護者のみなさま、阪大漕艇部を応援してくださったみなさま本当にありがとうございました。
これからもご支援・ご声援のほどよろしくお願いいたします。

おわり。
ボート部員 * - * 23:46 * comments(0)

違い

消灯後にすみません。二回生の田中です。インカレのことにはあえて触れず、戸田に来て感じた戸田と淀川の違い、ひいては戸田勢と阪大の違いについて書こうと思います。
・戸田
 狭い
 クルー数、大学数が多い。
 緊張感がある
 止まっている時間が短い
 転回はやい
 オラオラ感がすごい
・淀川
 広い
 阪大だけ
 緊張感?
 クルーにもよるけど基本レスト長め
 転回ぐだる
 やってやろう感低め
と言ったところでしょうか。
別に戸田勢は阪大よりもめちゃくちゃ多く距離を漕いでるとか、すごい量のメニューをこなしてるとかそういう話ではないんだと思います。戸田は狭くて大学数も多いから自然と上に書いた特徴のようになるのかも知れませんが、そのことによって練習の質に関して決定的な差が生まれているのではないでしょうか。もっと普段から無駄に止まっている時間を減らせば、短時間で密な練習ができるんじゃないか。その分集中できて練習効果も高いんじゃないか。自分の心持ち次第でもっと速くなれたんじゃないか。そんなことを思わされた戸田でした。明確な目標を全員が共通して持ち続けること、それは難しいことかもしれません。難しいと思っている時点で弱いのでしょうが…。最近の阪大は練習前、メニュー前に声を出すことで全員で気持ちを一つに高いモチベーションで練習してきたと思います。弱い阪大から抜け出す糸口はみんな掴んでいると思います。このまま冬の淀川を戸田よりも緊張感のある水域にしていきましょう。戸田との差を実感するのは今回限りでいいです。来シーズンは一泡吹かせてやります。それでは失礼します。
ボート部員 * - * 22:02 * comments(0)

インカレ2日目

お疲れさまです 

 4回生の能勢です

 インカレ2日目の結果を報告します

 

W2-6着→敗者復活戦へ

M1×4着→敗者復活戦敗退

M2+3着→敗者復活戦へ

M4×-3着→敗者復活戦敗退

W4×+4着→敗者復活戦敗退

M8+3着→敗者復活戦敗退

 

という結果に終わりました

 

 僕のシングルのレースの内容としては、スタートで3.4レーンから出ることができ、また狙い通りフィニッシュ1本で伸ばすという事ができ、1500付近で少しバテましたがスパートを意地であげることができ、自分のレースに集中して試合を終えることが出来ました。最後の試合で今までの中でもパフォーマンス的にはベストに近いものが出せたと思います。

 タイム自体はあまり良くなかったですが、朝日レガッタや関西選手権でタイムが同じような選手たちと同じかそれ以上のタイムが出たのでタイム的に考えても、出せるものは出せたと思います。

 

 腰の怪我をしてから2年と少しの間ずっとシングルにのった現役生活となりました。最初は2日連続で乗艇できないような状態から、この1年で周りの選手と同様の練習ができ、最終シーズンは本当に楽しく、また充実した内容で終えることが出来たと思います。

 

 怪我の間まともに練習できない中、気にかけてくださった先輩の方々や同回、またそのような状態で一緒にメニューや、技術指導をしてくださった監督やコーチの方々や僕と一緒にダブルにのってくれた山口さんや矢治さん、そして最後に選手を続けていいのか悩んだ時に応援して最後までサポートしてくれたマネージャー本当に色んな人達のお陰で最後までシングルを通してボートに向き合えたと思います。本当にありがとうございました。

 シングルは1人でずっと漕いでると思われますが、僕的には全然そんなことは無く最終シーズンのレースは色んな人のお陰でここまで積み上げることが出来たと思います。

 なので今日のインカレはその人達のためにも本当に勝ちたかったのですが、シングルのレベルは高いですね。分かっていたことですけど

 

 がっつり引退ブログになっちゃいましたが、阪大のボート部は明日、明後日とまだまだインカレが残っているので是非頑張って欲しいです。僕も河川敷から精一杯応援したいと思います。

ボート部員 * - * 20:18 * comments(0)

唸れ!ハムストリングス!

アンバランデンデレンバン!ハンマーカンマー!アンバランデンデレンバン!ハンマーカンマー!アンバランデンデレンバン…ハンマーカンマー。
(すぅ…)
アンバランデンデレンバン!ハンマーカンマー!アンバランデンデレンバン!ハンマーカンマー!アンバランデンデレンバン…ハンマーカンマー。

ハリウッドザコシショウの古畑任三郎のモノマネ、面白いですよね(笑)文字に起こすと面白うないですけど。

ブログ遅れてすいません。

インカレ、オッ盾が着々と迫ってきましたね。戸田は今のところ、ずっと雨が続いていて、少し寒いです。

(某Jrコーチが来てくださったので、まだまだ雨は続くかも知れませんね。)

さて、Jr8+はというと、インカレ組と一緒に、早めに戸田にinして練習している真っ最中です。試合が明日にせまり、焦っている感じは否めません。

初戸田勢が多く、戸惑うことも多いですが頑張ります。

止まってる時に、背後からモーター音が聞こえて、びっくりして振り返ったら競艇がやってたり…。

あと、オックスフォードの8+が隣を通る時にコールが聞こえたんですが、個人的にかっこいいと思いました。

あ、英語なんだァ…。って感じですね(笑)
実際に聞いてみると。

試合をするにあたって、会場に慣れるのが、まずは第一だと思いますが、実際、試合でベストパフォーマンスを出すにはどうすればいいんでしょうか?

気合いを入れる、だとか、集中するだとか様々な答えがあるでしょう。

人それぞれだと思います。

でも、実際、試合でベストなパフォーマンスを発揮できる人なんて、そうそういないんじゃないかと。

だとすれば、その場、その場でできることを全力でやって、結果はあとからついてくるって考えるべきかも知れません。

負けたなら、それまでの練習しかできてなかったのが悪いんだ。ただ、今できることをやる。

ただ、今までやってきたことを、今まで練習してきた自分自身を、信じてあげる。

練習することが自分自身を、信じられるものにしていく。

幕之内一歩くんもそんな感じのことを言ってたような言ってなかったような。


ただ、いろんなことを考えながら、

……
試合前は、結局何も考えない方がいい気がする、2回生香川でした。

おしまい。

ボート部員 * - * 09:12 * comments(0)

インカレ1日目(再び)

昨日はまとめきれなくて簡単に結果しか報告できなかったので、朝から再び書きました。2回生の中村です。ブログ大臣ごめんなさい。

1日目の試合結果を報告します。

M1× 3着→敗者復活戦へ
W2× 1着→準決勝進出
M4× 5着→敗者復活戦へ
W4×+ 2着→敗者復活戦へ
M8+(白鳳) 5着→敗者復活戦へ


さて、私は今、W4×+(天游)の3番に乗っています。どんなクルーなのかについては、書きたいですが割愛します。

去年は観るだけ応援するだけだった戸田で、今年は自分たちが漕ぐのは、やっぱり緊張しました。観るのと漕ぐのは全然違う。戸田って、ほんとに全てがボートのためにあるって感じで。ボートのための世界って雰囲気があって。なんか、すこし怖くなってたんです実は。
蹴り出しして、アップしてるとき、脚が震えてうまく脚から力が入らなかったようなそんなこともないような。

でも、スタート付近の桟台で待機してくれてる人たちに会ったり、応援してくれる人たちがいっぱいいるって考えたら、ほっとしました。ありがとうございました。
あと、雨の中応援に来てくださったたくさんの方々、ありがとうございました。

応援心強いです。


今回のレースについて書きます。ブログは苦手なので、たぶん、独り言みたいになるかもしれません。ご了承ください。


予選のレースを一言で言うと、"スパートめっちゃがんばったすごかった"です。
1700mの間ずっと、追いあげても詰め切ることができず1艇差を保っていた一橋大学に、ラスト300mで勝負。最後スパート爆上げして、ほぼ同着でゴール。おそらく写真判定でした。僅差すぎてほんとに勝敗がわかりませんでした。結果は、競り勝ってました。わずか0.01秒差。やばかったです。

最後にさしきることができたのは大きいし、すごく嬉しかった。それに、やっぱり勝つっていうのは、すごく、よかった。ほんとに。艇速明らかに上がったのわかったし。
あの追い上げは熱かったって、いいレースみた、って言われた。

一言でいうとこれ。

でも、二言目に言うなら"あぁこんなに違うのか"ってこと。追いあげて、さして、なんとか一橋には勝った。でも、2着だからまだ準決勝にはあがれない。1着の法政大学は、たしかに最終日の常連校だけど。だけど。スタートでもう見えなかった。コンスタントも、DPSから違っててぶっちぎりで予選通過して。
なんでこんなに差がつくん。
どこが違う?どうすれば戦える?どうすれば競れる?どうすれば勝てる?
同じようにボートを練習してるのに。
なんでこんなに違いが出るの。

向こうは高校のときからボートをやってる子ばっかりで、インハイ出場当たり前って感じだったから?能力の差?そもそものポテンシャルが違う?

そっかじゃあ仕方ないか。。
ってなったらそれで終わりなんだけど。負けるのは嫌いなんです。
そもそも漕ぎのレベルが違うって言われても、じゃあなんで私らにはその漕ぎができないのって思う。私たちにだってできる。やってやる。どうすればいい。どうしたらその漕ぎができるって。

うちらはスパートめっちゃよかった。それ以外も大きくくずすとか艇速おちるとかもなくて、改善すべきところはあるものの全体的に自分たちの、良い漕ぎができた。

だけど、とどかない。競ることすらできなかった。なんなんだろうこの差は。
どうしたらいいんだろう。
考えたけど私にはわからない。


...だけど。ポテンシャルが違っても、漕ぎのレベルが違っても、要は最初にゴールしたほうが勝ち。相手よりも先に2000漕ぎきればいいだけ。
だから次は攻めて攻めて攻めて、スタートからぶっ放していく。



やっぱ独り言みたいになりましたすいません。

敗者復活戦のあたりは
 立命館大学
 日本体育大学
 一橋大学
です。



最後に、2日目に試合があるクルーの発艇時間を載せておきます。

W2- 7:30
M1  9:30
M2+ 11:00

M4× 13:42
W4×+14:46
M8+(白鳳) 15:42

応援よろしくお願いします

 

ボート部員 * - * 07:09 * comments(0)

インカレ1日目

今日の試合結果を報告します。

M1× 3着→敗者復活戦へ
W2× 1着→準決勝進出
M4× 5着→敗者復活戦へ
W4×+ 2着→敗者復活戦へ
M8+(白鳳) 5着→敗者復活戦へ

いろいろ今日の試合について書きたいのですが、なかなかまとまらず、消灯もすぎてしまったので、とりあえず。

あした試合があるクルーの発艇時間を載せておきます。
W2- 7:30
M1  9:30
M2+ 11:00

M4× 13:42
W4×+14:46
M8+(白鳳) 15:42

応援よろしくお願いします。

ボート部員 * - * 22:06 * comments(0)
このページの先頭へ