<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

まだまだこれから。


こんばんは。
昨日まで戸田で行われていた全日本軽量級選手権で惨敗してきました。3回生漕手今玉利です。
今日はそのことについて書かせて頂くためにブログ当番に回して頂いたんだろうと思います。
ブログ大臣さんありがとうございます。

私は今回の軽量級選手権に、シングルで出場させて頂きました。
私はこの大会を含めると、戸田で漕ぐのは、2016のお花見レガッタ、2016インカレ、2017お花見レガッタ、今回と4回目でした。そのうち2016お花見レガッタ以外は全部小艇なので、シングルでの出場でしたが、インしてから戸田の混雑具合とか、航路とか、航行ルールとかで戸惑ったり焦ったりすることなく淀川での漕ぎと同じか、なぜかそれ以上の漕ぎができました。
インしてすぐは漕ぎを崩しがちなところがありますが、今回はそれはなくて気持ちよく漕ぐことができました。
ですが、迎えた予選当日。
天気は雨で、私の前の組から逆風が強く吹き始め、スタートする頃にはものすごくラフコンになっていました。前日までの練習で淀川よりいい漕ぎができるようになってきたとは言っても、全部コンディションは良かったので、ラフコンの中では良くなってきた漕ぎも出せることなく、長い時間漕ぎ続けそのままゴールしてしまいました。速い人はそんなラフコンの中でも確実に自分の漕ぎをし、1本1本で確実に艇を進めていました。結果は10’55”で4/5位。敗者復活戦に回ってしまいました。ほぼ11分もかけて2000mを漕いだのは、去年の西日本選手権の時のシングルで同期の奥田と二人で淀川で2000T.T.をした時以来ですかね(笑)
10分間隔のレースで、自分がゴールする前に次の組がスタートするなんてすごい経験をしました。
しんどい中で、相当悔しかったですね。スタートして500mほどでモーターに追い越されそうになり、それだけはあかん!と思いながら、必死に漕ぎました。
こんな経験初めてでした。とても悔しかったです。
コーチからは自分の漕ぎが出せなかったね。でも出せたら敗復は勝てるはずだから。と励ましてもらいました。
本当にそうなのかな。と不安でしかなかったですが、その時はとりあえずそれを信じて晩練をしました。
そして、敗者復活戦。天気は晴れ。コンディションはとてもよかったです。
コンディションの影響はなく、自分の漕ぎは出せました。それでも結果は8’48”で3/4位と敗者復活戦敗退。明らかな実力不足でした。まだまだでした。悔しかったですが、惨敗だったのでその時は涙は出ませんでした。受け入れるしかない周りとの差。これが現実なんだなと。阪大から一人コーチから選んで頂いて、出場させて頂いたのに…。すごい申し訳ない気持ちになってしまいました。
自分に自信が無くなってしまいました。

でも、船台に着けて、コーチの顔を見たら、やっぱり泣きそうになりました。
泣きそうになっている自分に腹が立ちました。
ただの弱虫やんけ。くそが。
そう思ったら、なんだかもっと練習したい。しなくちゃいけない。強くなりたい。
そんな気持ちになれました。

強い人の漕ぎを見ようと思って決勝を見に行きました。
やっぱり強い人はうまかったです。力強いのに、バテることなく諦めることなく力強く漕ぎ続けていました。クルー艇は、やっぱりユニフォーミティの精度が高くて、バラバラし始めたクルーはあっという間にそうでないクルーに置いて行かれていました。
ユニフォーミティは大事だと思いました。そして何よりも、力強いだけでは勝てない。技術もなければ勝てないんだということを強く感じました。
阪大女子は今まで、とりあえずゴリゴリ漕げば勝てるはず!で勝てない。という状態だったと思います。なので、これからはパワーだけでなく、技術面ももっと極めていきたいです。



やはり意味不明な文章になってしまいました。(・・;)
なんだか毎回試合後にこういうブログばかり書いている気がしますね。

 

最後に、負けてしまいましたが、この試合に着いてきてくれて、サポートしてくれた二人のマネさん。ありがとうございました!戸田に来てまでコーチングしてくださったコーチさん。ありがとうございました!

次こそもっと良い結果を残します!

これからもよろしくお願いしますm(__)m

 




最後まで読んで頂きありがとうございました。

大阪大学ボート部 * - * 22:00 * comments(0)

笑い飛ばすプロ

さて、ブログが回ってきましたね、今日も元気に皿ジャン皿ジャン、近藤です。


いつもどんなブログを書いているのか見返したら面白くて笑ってしまいました。


しょーもないことばっかやけど、人生楽しそうに生きてる感じが出てますね。


はにかみ王子が有名になったのは2008年のことですが、今部内でホットなニュースと言えば、じゃんけんサークル「あいこでチョ」ではないでしょうか。


ぐー、ちょき、ぱーの3つの象徴が織り成す欲望と栄光のドラマ。そのドラマに魅了された人々が集い、高め合うのが我がじゃんけんサークルです。


じゃんけんあるところに、笑顔あり。艇庫の中でもこの不変の事実に気づきつつある人は多いことでしょう。


ん?じゃんけんサークルって何をしているの?と気になった人は過去の林雄大のブログを読むといいでしょう。めちゃくちゃふざけたサークルです。Twitterのアカウントも思い切りふざけています。ただこんなサークルに部外の人が入りたいと言ってきた時には、正直ウケさせてもらいました。


けれど、しんどい部活、しんどい合宿生活に潤いをもたらすのはこういうくだらない熱意なんじゃなかろうか。


んぼくはそう思います。声にならない声、グーにならないパー、様々な思いがあるでしょうが毎日楽しく頑張りましょう。


ぽんぽんくだらないことが思いつく僕でも頭文字縦読みというのは難しかったです。最近流行ってるみたいなんでやってみました。面白くないブログですみません。


んー、おわり!

大阪大学ボート部 * - * 21:35 * comments(0)

戸田組お疲れ様です

こんばんは。3回生マネージャーの刀根です。

朝日レガッタが終わり、もう6月になろうとしています。
早いですねー
去年の朝日は加古川以来の遠征で、見砂と2人で励ましあいながら乗り越えたって感じでした。
銭湯に行く道中で色々話したり、夜は宿舎で顔パックしたり、チャリで探検したり、大変だったけどただただ楽しかった!!っていう印象があります。

今年は2年目の朝日で、あっと言う間に終わったっていう感覚です。
2年目の慣れもあるとは思いますが、去年ほどの大変さをあまり感じませんでした。
その分他のマネージャーに負担をかけていたのかな、と反省してしまいます。

これも最上回生がうまくまとめてくださったおかげだと思うし、2回生にはとても助けられています。
率先して色々動いてくれるし、仕事も早いし、頼もしいです。

あと数ヶ月で最上回になるわけですが、下回生に最上回頼りになるやんって思ってもらえるように、頑張ります。

おやすみなさい

ボート部員 * - * 23:08 * comments(0)

ブログの名前、実は僕が考えました

ブログ当番めっちゃ久々です。こんにちは。二回生漕手の林です。日の出が早くなり、朝の乗艇も明るくなってきました。夏至まであと1ヶ月。もう初夏ですね。毎年夏になると大好きなサザンオールスターズを聞きたくなります。オススメは「恋人は南風」です。是非是非。

最近乗っていないので、今はしませんが、シングル乗艇の転回の時など鼻歌を歌うことがあります。この前K野さんと話していたのですが阪大のボート部に入ってから知っている曲が増えたなーと感じます。そもそも聞くアーティストが増えました。ONE OK LOCK、夜の本気ダンス、WANIMA、Mrs.GREEN APPLE、AAA、Silent Sirenなど、です。この辺は全て艇庫で聞いたor部員に紹介してもらったアーティストです。若者っぽいなー。

ところで、世界で今1番歌われているのは1893年、ミルドレッド・ヒル作曲、妹パティ・ヒル作詞の「Good Morning To All」という歌の替え歌である「happy birthday」の歌だそうです。ギネスにも登録されているとのこと。誕生日って初めての時以外は必ずしもその日に人生の大きな転換を迎える日ではないですよね。生きることに特に必要なく廃れても特に問題ない習慣ですがこの曲が世界で最も歌い続けられるのは世界中に人を思いやれる愛が溢れているからなのでしょう。素晴らしい。

百年後、二百年後、ずっと長い時間が経った時、メディアが発達して様々な歌が世界に溢れた時、最も歌われている歌がそんな曲なら人間も捨てたものじゃないですね。

 

昨日はボート部のE藤君の誕生日だったそうですね、おめでとう。完全に忘れてたけど(笑)明日は妹の誕生日なのでちゃんと祝ってあげようと思います。


 




…あまり面白くないブログになってしまったわけですが……。ホントは好きなドラマを紹介するブログにしようとしてたんですがまとまりきらなかったので急遽こうなりました。次回こそそれを書きます!ボート関係なくてごめんなさい!以上でした。

大阪大学ボート部 * - * 11:46 * comments(0)

海外rowingの誘い

こんにちは。Y田くんが今回のブログタイトル読めるか心配の四回生小松です。「さそい」でも「いざない」でもどっちでもいいんですけどね。

「誘い」という言葉を初めて見たときのことを僕は覚えていて、あれはガキンチョのころでした。ファイナルファンタジー9をやっていて悪役が言ってましたね。

僕の語彙は結構ゲームとかマンガで培われた部分が多くて、「ゲームは教育上よろしくない!」みたいな話はありますけどそんなことはないと思います。現実と空想の区別がつかなくなり犯罪に走り出す!なんてデータがあったら見てみたいです。何の約にも立たない統計でしょうけど。

知ってます?犯罪者の9割はスマートフォンを日常的に使用してるんですよ。

 

さて、明日から戸田では軽量級選手権が始まりますが、同じく24~26日の日程でヨーロッパ選手権がチェコのラチツェで開催されます。今回の大会は34の国から500人を越す選手がエントリーしており、東京オリンピックで新設されるW4-の国際試合が今年はじめて行われることでも注目されています。

 

国内よりも海外のボートのほうが好きな僕としてはもっと他の部員に海外ローイングについて興味をもって欲しいのですが、海外のボートに対して偏見を持っている人がいる気がしてなりません。

例えば海外の選手は上半身ゴリゴリで漕ぎを真似しちゃだめだ、みたいなことを言う人がいますが、これは裏を返せば上半身を鍛えることで外国人のような力強い漕ぎができるということです。日本代表監督であるギザビエ氏もインタビューの中で同様のことを言っています。

 

海外の選手は技術も美しいです。下の動画の7:37~を見て欲しいです。

 

 

なんて速いエントリーでしょうか。国際レベルになると消えるようなエントリーをしてきます。動画はフランスの軽量級ダブルのもので整調のアズー選手はヨーロッパ選手権にも出場します。

 

最後に軽量級ダブルスカルの名レースをのせて終わります。

 

http://www.eurovisionsports.tv/fisa/#dm9kOzY4Nw

 

軽量級選手権組がんばってください。

 

ボート部員 * - * 17:57 * comments(0)

全日本軽量級選手権

 

 

こんばんは、4回漕手の徳舛です。

 

 

今僕は5/26から行われる全日本軽量級選手権の

M4-に出場するために、戸田に来ています。

 

朝日レガッタ後、2週間しか練習していない急造クルーで、誰が出るのか知らない人もいるかもしれないので、クルー紹介でもします。

 

 

S(徳舛)

レース前緊張でお腹が緩くなる。松重大好き。

 

3(東川)

ホントは東川の代の全日新の代わりみたいなところがあったのに、結局回りを上回に囲まれてしまった。そんな中ムードメーカー的な存在でよくやってくれてると思います。

 

2(松重)

久しぶりの同じクルーでテンション上がってます。朝日レガッタ前は俺の漕ぎをディスってたのに、同じクルーになると急に誉め出すツンデレ。就活やりながらモーションして、全くしんどさを感じさせない、そんなとこが本当に尊敬できます。でも来年社会人の22歳とは思えないお茶目さもあわせ持っていてかわいいらしいです。最近バラ色らしい。徳舛大好き。

 

B(松清)

忙しい研究室と部活を上手く両立してるカッコいいやつ。すごい努力家。最近俺の中でもよしおの評価上がってます。

 

 

こんなクルーですが、非常に仲良く楽しくやってます。

 

練習期間が短く、まだまだ荒削りで決して上手いとはいえない発展途上クルーですが、戸田にインしてからも、レースの中でも、レベルアップしていい結果を残したいと思います。

 

応援よろしくお願いします。

ボート部員 * - * 18:31 * comments(0)

rowingコミットメント

こんばんは、最近好きな芸人はヘンダーソン。石焼き芋の歌は素敵なので聴いたことない人は是非!

3回生の和田優生(ゆうせい)です。

掴んだかどうかはさておき、掴みはここまで。

 

タイトルはrowingコミットメント。

 

先週くらいの経済の講義で組織コミットメントについて学びました。

これは企業の労働者がその企業、組織を続けるモチベーションはどこにあるのかを考えるものです。

主に2つの動機があります。

1つは短期的な交換。つまり、何かをした見返りとして喜び、報酬などが手に入ること。

もう1つは長期的な投資。つまり、仕事のスキルなり身に付けてきたからここで辞めたら勿体無いって思うこと。

 

この動機の話からみなさんは、他のサークルとボート部の違いは何だと思いますか?

 

それはボート部には長期的な投資があることです。

他のサークルでは短期的な交換はあると思います。これがないとそもそも何か目的のあるサークルってできないですからね。

でも、

他のサークルで辞めるか辞めないかの選択で悩む際に、ここまでやってきたんだから勿体無い...って気持ちになるでしょうか?

 

ボート部はそんな気持ちになると思います。

それは日々の積み重ねがあるから。

1乗艇1乗艇スキルを身につけているから。

だからこそ、充実してるし、成長を感じられて"意味"のある時間なんだと思います。

 

結局何が言いたいかと言うと、新入生のみんなには部活を辞めずに続けて欲しいと言うことです。

他のサークルに入った子が何だかキラキラ見えてくることもあるかもしれません。僕も1回生の時はそうでした。

でも、ボート部は短期的な交換に加えて、長期的な投資をしているのだから多少辛いなって感じることもあるけど、振り返ってみると、かけがえのない充実した日々なんだと思います。

僕自身も1回生の頃より現在の方が長期的な投資の部分での動機が働いているので、今の方が楽しいです。新人期も楽しかったけどね。

 

この長期的な投資ができる団体なんて中々ないと思います。折角ボート部に入ったんだから、初めの気持ちをずっと大事にして普通の大学生では経験できないことを、夢中になって一緒にやってくれたら嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ボート部員 * - * 16:29 * comments(0)

うちのお母さんのカボチャたいたんも美味しい

10か月ぶりに帰省するため車に揺られております。今学期の履修で月曜全休にした自分を褒めたい。1日だけですが金沢でゆっくりしてきます。美味しいベーグル食べようかな。

こんにちはこんばんは、3回生マネの降矢です。
本日は「阪大ボート部春の家族参観日」ということで、たくさんの、本当にたくさんの部員ご家族の皆様に艇庫にお越しいただきました。

この会を通して伝えたかったことを文章にしてみようかとも思いましたが、今日1日を通してみんなが色々話してくれたことに集約されていたのでやめます(笑)
私からは率直な感想を。


たくさんのご家族の方が食堂にいるのを見て、話を聞いてくださっている様子を見て、私たちは本当に恵まれた環境で活動させてもらっているんだな、と改めて感じました。
普段観戦に来てくださっている人、試合には行けないけど実は結果とか見てるよって人、子どもに会えるし旅行がてら行ってみよう!って動機で来てくださった人、もしかしたら、こんな忙しい部活ほんとに大丈夫か、なんて思いながら足を運んでくださった人もいるかと思います。
でもボート部やボート部員のことを少しでも気にしてくれている人がこんなにいるのかと思うと、それだけですごくすごくありがたくて、ちょっと泣きそうになりました(笑)

目に見える形でのご支援に支えられていることはもちろんですが、私たちが日々活動を続けられるのは、目には見えにくいご家族のご理解、ご協力があるからです。感謝の気持ちを忘れず、もう一歩、あと一歩、チームとしても個人としても成長しなければ、と思わせていただきました。

ご参加いただいた皆様、参加はできなかったけれど応援メッセージ等お寄せいただいた皆様、本当にありがとうございました。

試合シーズンが本格的に始まっています。まずは来週の軽量級。どんなレースを見せてくれるのか楽しみです。良い結果をお届けできるといいな。


以上、「M清さんがめちゃめちゃ素敵」という話題で持ちきりの降矢家車内よりお送りしました。ほんとですよ。



 

ボート部員 * - * 19:59 * comments(4)

感謝感激雨霰

こんにちは、三回生の山本です。

先週の日曜日は母の日でしたね。皆さんお母さんに日頃の感謝をつたえましたか?

ということで、普段は口べたで感謝を上手いことつたえれないので、今回は3つの事に感謝という面から書いていこうと思います。


一つ目、新勧
今回の新勧は、男子18人・女子6人・マネージャー6人を入部させるという目標で活動してきました。
結果を報告すると、男子18人・女子9人・マネージャー5人とマネージャー以外目標を達成することができました。自分は統括として圧倒的陰キャになっていたので、今回の新勧の成果は陽キャになって頑張ってくれたみんなさんのおかげです。
もう少し詳しく書くと、

例年より見やすさを考慮してパンフやビラ作成に奔走した宣伝媒体班、

エルゴでドン!など楽しさを追及しまくったイベント班、

スプレッドシートなど革新的な方法を取り入れて情報をまとめあげてくれた勧誘対策班、

女子イベントで女子への認知度をあげた女子部員、

花見などのイベントで毎回エッセンを用意してくれたマネージャーさん、

めちゃんこカッコいいPVを作成してくれた、蒼さん

自分の詰めのあまさにたいして指摘しまくって頂いた最上階生の皆さん、

忙しいところを少しでも新勧に参加できるように時間をつくっていただいたOB,OGさん、

ほんまにお疲れさまでした。


二つ目、朝日レガッタ
朝日では、対校エイトの整調として出場しました。結果は4位とあと一歩でメダルというものでした。

瀬田にインしてからいつもより緊張していました。そのピークが準決勝のけりだし前でガチガチでやばかったです。

しかし、試合前のアップ中やスタート位置に着けたときにクルーのみんなが‘’リズムは整調がつくってくれるから信頼していこう”てきなんを言ってくれて気が楽になりました。

また、朝早くから試合エッセンとか諸々の用意をしてくれたマネージャーさんや、必死に応援してくれた部員、新入生、OB,OGさん、保護者の皆さん、応援団さん、力になりました。ありがとうございました。次はメダル取ります。


三つ目、おかん
いつもありがとう。おかんのカボチャたいたんは人に自慢できるレベルでうまいで。


それでは、さようなら。
ボート部員 * - * 10:05 * comments(0)

何書きましょう…

こんばんは。

最近自転車をこいで学校に行くと、授業中なかなか汗が止まってくれない時期がやってきました。 夏にはどうなることやら…と心配をしている2回生の吉田です。

 

 

今日は特に何を書いていいのか思いつかないので、思ったことをツラツラと並べてみようと思います。 まず、デルタ部屋の人口密度問題ですね。

 

 

女子宿舎が4月から登場し、アルファ部屋が男子部屋となりました。そのため、数多くのデルタ民がデルタ部屋を後にし、一時期はあの広い部屋にたった6人というところまで、落ち込みました。さすがにそこまで人数が減ると寂しい気持ちがあったのですが、1回生が入ってきてその悩みも一瞬で消し飛びました。

押入れで寝る人、布団と布団の間で寝る人、中には寝床をとられて寝るところがなくなる人……1年前を思い出しました。人がいっぱいのデルタ部屋はこの時期でさえ、暑くてなかなか寝つけません。夏が来るのが思いやられます。今のうちに対策を考えておきます。

 

 

また、今週末は初の試みである保護者参観日です。これはほんとにいいイベントだなと個人的に思っています。

少なくとも、僕の親はよく泊まっている合宿所がどんなところか絶対知らないですし、ボートという競技もきっと実際に見たり、やったりしたことはないはずです。自分の子供がどんなことをしているのかよくわからない、そういった方も少なくないと思います。 そういった方々に僕らの生活を知ってもらえる素晴らしい機会がこの保護者参観です。今僕らがボートをすることができるのは、多くの方々のおかげですが、その中でも親という存在は1番身近で大きな存在です。ぜひともこの機会にボート部について理解していただき、応援をしていただけるような場にしたいと思います。

 

全く関係性のない話をしてしまいましたが、とりあえず来月に控える西日本レガッタに向け一層練習頑張ります!!

ありがとうございました。

ボート部員 * - * 21:50 * comments(0)
このページの先頭へ