<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

正田杯!!

っていうタイトルでブログを書くつもりだったし、ブログ大臣さんもそのつもりで回してくれたんでしょうが、結局走れずに終わってしまいました...皆さんも体調管理には気を付けましょう。

はい、新4回生COXの木本です。

 

正田杯とは、大阪大学のキャンパスの1つである吹田キャンパス(薬学部もこっちなので僕もいつもここいます)内に4km分のコースがつくられ、それを四人で一周ずつ、計16kmを走るという駅伝的な阪大のイベントです!

去年から、漕艇部としては参加していて、去年は僕自身は安全講習会があって参加できず、今年こそといきこんでいました!(ほんとですよ、久々に豊里runをして、筋肉痛になってたりしましたから)

 

ボート部の結果としては男女ともに1位で、見事アベック優勝したようです!おめでとう!

 

さてさて、なにかと慌ただしかったり、イベントが多かったりする12月ですが、明日の乗艇は阪大医学部ボート部の皆さんが守口に来てくださり合同で練習します。朝日レガッタや関西選手権では顔を合わせる中ですが、練習水域をが離れているということもありなかなか普段関わることのない両部なので明日の乗艇が交流のいい機会になり、また、お互いのいいところを学びあえる乗艇になればなと思います。

僕自身としては、まったく練習環境や、所属する団体の人と乗るのは結構好きです。この前の岩手国体のときや高校の愛知選抜のときも他校の人とのると、同じことを表現しようとすることに対して微妙に違ったニュアンスの言葉をつかうんですよね。そういうことを乗艇中に発見して、その言い方の方が確かにわかりやすい!イメージしやすい!と考えられる機会になって勉強になります。

 

キーワード的な言葉がどのクルーにも存在して、その一言で例えば「フィニッシュのイメージ、タイミング、セットまで戻るリズム」すべてを反応できる魔法の言葉があるんですよね。そういうキーワードを明日も見つけられたらなと思います。

 

 

もう日にちがわずかになってきましたが、最後まで体調を崩さないよう気を付けながら(自分に対する戒めをいっぱいに込めて...)2016年を締めくくっていきましょう!

 

 

ボート部員 * - * 21:36 * comments(0)

バスケがStylish

カリスマ講師のバイトやってます、2回生漕手の小林です。

加古川レガッタが終ってからインジャーズに入っていて、ずっと体幹とエルゴばかりだったのですが今週から少しずつ乗艇メニューも加わるようになり、やっぱり船って最高だな、とテンション上がっています。


早いものでもう12月、ボート部に入ってから7ヵ月以上経って少しずつボートが分かってきました。

突然ですがバスケっていいですよね。オフェンスやディフェンスのしかたに限りがありません。1試合を通して色んなパターンを使って流れを変えていきます。ボートとは真逆といっていいスポーツでしょう。

ボートは(7ヶ月くらいしか漕いでない最下級生の見解では)理想的な動きや出力を最後までどれだけ同じように繰り返せるかだと思います。
しんどい中でも漕ぎを崩さず最後まで最高の出力で漕ぎ切るクルーが勝てるんじゃないでしょうか。バスケみたいに苦手なプレーや苦手な相手から逃げることはできません。
最初はそういうボートが単調でつまらないスポーツだと思いましたが、そこに奥の深さを感じずにはいられません。逃げが許されないボートで頂点に立ってみたい。


生意気でつまらないブログになってしまいました。
質問やご意見は全学教育推進機構までお願いします。


以上、冬休みシフト入れなすぎて校長に怒られたカリスマ講師でした。おやすみなさい。

ボート部員 * - * 20:06 * comments(0)

「継続」

「諦め」とは、楽で。 「継続」それは、苦で。


これは、ある曲の歌詞。
また、「"継続"は力なり」とも。
ボートは華やかな球技とは違い、同じ動きをするスポーツで、この"継続"っていう言葉が少し当てはまるのかな、と思います。
レートに多少の上下はありますが、レースで勝つのはコンスタントに艇速を出せたクルーです。レースでのコンスタントを速くするために、低レートで1本1本考えながら漕ぐ。今年は心拍数という定量的なものを強度の指標として取り入れていますが、これがまたシンドイ。

冬場は、長距離・長時間のメニューがほとんどで、高強度を継続するのは、「苦」です。

そんな寒い冬の中、朝早く起きて眠たい目をこすって、アップに向かうのも「苦」です。

冷たい水に足をつけて、出艇する。そして、バックスプラッシュをうける。「苦」です。

シンドイ練習の後、眠りたくても1限に行かなくてはいけない。これもまた、「苦」です。

シンドイ練習の後、一般人からしたら大量なエッセンをたいらげるのも、「苦」です。

難しい内容の授業後艇庫に向かい、エルゴやウエイトで身体を追い込むのも、「苦」です。

エルゴ、ウエイト、ランにしても、先週までのベストを超えていく。これも、「苦」です。



もう「苦」が多すぎて「苫」が入っててもわからないかもしれない。

"そんなの「諦め」た方が楽じゃね?やっぱボート部の人は、ドMなんじゃね"、と思っちゃいそうですが、
決してそうではありません。
僕は、この「苦」が楽しいんです。(結構な頻度で、「苦」が先行しますが……)

「上手くなりたい」「戸田の表彰台にのぼりたい」「来年は必ず阪名で勝つ」「同期のあいつにだけは負けたくない」などなどのモチベーションはもちろん「苦」に"楽しさ"を加える。
練習による成長はどのスポーツでも共通で、達成感を味わえると何となく楽しいですよね?
自分ひとりじゃ用意できない量、金額のエッセンを工夫をこらしながら美味しく作ってくれるマネさんもしかり、、
過去の記録との比較がしづらい、インターバルランの記録をグラフにしてくれた寺前&大志さんもしかり、、

「苦」に"楽しさ"を加えてくれるものはたくさんありますね。





「継続」それは、苦で。

でも、それが少しでも「苦」だけじゃなくて、"楽しさ"を持つように。

そして、力になるように。



冬場


今はこんな感じかもしれないけど、


最後はこうしてやりますね

(大志さん引用させてもらいましたm(__)m)

新3回 漕手 世戸口

ボート部員 * - * 15:29 * comments(0)

卵焼き大臣の座はそろそろ私のものかな

最近朝練の度に4,5本の卵焼きを焼いていて、

そろそろ卵焼き大臣の座は井村さんから私の手に移ったんじゃないかな、と勝手に思ってます

新2回生マネージャーの古藤です

 

結構すぐに2回目のブログ当番がまわってきたので何を書こうかすごく迷ったのですが、

明日は木曜日ということで、私が木曜日によく考えることについて書きます

 

私は木曜日学校が午後からなので、朝練の後女子部屋と2階の廊下と階段と1階の廊下の掃き掃除をしてから優雅に学校に向かっています

それ自体は掃除が好きなのと暇なのでやっていることなのでいいのですが、

毎週毎週ものすごい量の砂や髪の毛や埃が出てくるので、

みんなちゃんと掃除してるのかな?って不安になります

夜一応掃除はしているようですが、それにしては量が多すぎる気がします

どうしても川原で部活をしているので多少の砂を宿舎に上げてしまうのもしょうがないのですが、

もっと玄関でしっかり落としてくるとか

晩の掃除、もうちょっと隅っこのほうまで掃いてみるとか、

そうしたちょっとした気遣いでもう少し過ごしやすい環境になるんじゃないかな、と思うのです

 

そういう私もまだまだできてないことも多いと思うので、みんなでちょっとずつがんばって

きれいなすごしやすい環境で練習しましょう(^^)/

 

 

 

 

 

ボート部員 * - * 20:33 * comments(0)

電子物理科学科

はじめましての方もそうでない方もこんばんは。基礎工学部電子物理科学科物性物理科学コース3回(新4回)生の北坂です。

 

実験レポートを書くためPCをカタカタしてたんですが、ふと時計を見たら日付が変わってブログ当番の日になってたので息抜きがてら忘れないうちに書いておこうと思います。

 

さて、タイトルにした僕の所属する電子物理科学科なのですが僕の知る限りではありますが先輩にもこの学科だった方はボート部にはおらず後輩にもいません。

 

だからかはわかりませんが、艇庫でHPの更新をしようとPCでHTMLをいじっていると「さすが電物!」などと言ってくる不届き者がいるので電子物理科学科、略して電物はどんなことを勉強しているのか少しだけ触れたいと思います。

 

今まさに書いている実験レポートのテーマは「超伝導」。

 

超伝導といえばリニアモーターカーなんかが応用例の有名どころでしょうか。他には「超伝導状態では電気抵抗がゼロ」つまり「ジュール熱による電力輸送のロスがゼロ」という性質を利用して世界中にケーブルを張り巡らせれば砂漠に太陽電池を設置して発電した電気を世界中に送ることができるみたいな話を聞いたことがあるようなないような…。

 

はい。しかしながら僕がやっているのは所詮学生実験なので実際にやることはとても地味です。

 

超伝導体を作るため材料を測りとって乳鉢で45分間ひたすら混ぜる。圧縮して固め、電気炉で焼き上げる。電極をはんだ付けして液体窒素で冷やして温度を上げながら抵抗を測る。これがまたただ画面に表示される数字を記録することひたすら1時間。

 

まあ他の実験もだいたいこんな感じです。

 

言いたいのは電物は別にPCを駆使してプログラムを組んだりしてる学科ではないということです。

 

あえて言うなら量子力学と統計力学、そして電磁気学を駆使して電子のことを考える学科です。

 

そういうことでよろしくどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

もう少しいきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の実験で得られたデータを少しいじってグラフを描いてみました。

 

まずはこれ。

 

 

 

んー、なんのこっちゃ。

 

次はこれ。

 

 

ん???これもまた。。。

 

 

はい、最後にこれ。

 

 

おぉ!これなら何か読み取れそうですねぇ。

 

 

 

1枚目はデータの範囲が狭い。

 

2枚目はデータが断片的。

 

3枚目はデータが連続で変化の特徴がわかるほど十分な範囲で描かれています。グラフから考察が出来そうです。

 

 

 

はい、話はボートに。

 

今僕はインターバルランの記録をまとめてグラフにしたり順位を出したりしています。

 

みなさん、しっかり見てますか?

 

別にせっかく俺が作ったんだからちゃんと見ろということではありません。

 

言い方を変えれば、自分の現状を把握して考察できていますか?

 

ということですね。

 

記録は伸びているのか、伸び悩んでいるのか、はたまた衰退しているのか。それはなぜか。しっかり考察してください。

 

インターバルランだけではありません。

 

男子は乗艇のタイムを記録していますね。ただ記録するだけではなくしっかり自分で考察してみましょう。

 

もっと言えばその時の気温、風、時間帯、体温、睡眠時間、食事内容etc...も記録できれば考察しやすいですね。

 

どういうときにタイムが良くてどういうときにタイムが伸びないのか。

 

それを繰り返していけば試合前の調整もデータに裏付けされた有効なものにできるかもしれません。

 

ただ何となくこれくらい、ではなく明確にこうだと把握することが大切ですね。

 

 

 

しかしそのためには前述したとおり、短期間の記録や断片的な記録では役に立ちません。

 

 

 

でも毎日自分で記録してまとめるのはめんどくさいですねぇ(笑)

 

なのでなにかまとめて欲しいデータがあれば言って下さい!

 

なんでもかまいません。ウエイトの重量でもエルゴのタイムでも睡眠時間でもみなさんが強くなるために必要だと思うことなら何でも!個人的でも全体としてでも!

 

ただ忘れないで欲しいのは、データを収集するのは自分自身だということです。

 

少し前までウエイトの記録やエルゴの記録を各自記録する習慣があったようです。僕達H30が1回生の頃はやってた記憶がかすかにあります。

 

その習慣がなくなってしまったのは記録をサボってデータが役に立たないということも理由の一つにあったと思います。

 

「連続的に長期間」が重要です。

 

 

そしてそのデータを考察して活かしていく。

 

これも「考えて漕ぐ」の一つの形でしょうか。

 

 

 

チーム阪大が強くなるために少しでも力になれれば幸いです。

 

 

 

 

長くなりました。それでは。

 

 

 

 

 

 

ボート部員 * - * 01:14 * comments(0)

ありがとうございました(主観で)

こんにちはこんばんは、秋沢です。
昨日私がブログ当番だったのですが就職祝賀会のため書けるはずもなく、ブログ大臣さんが翌日に書くことを許して下さったので今から更新します。

先述しましたが、 昨晩は就職祝賀会でした。去年は成人もしておらず、就職される先輩方の名前も顔も分からず、とてもつまらないものでした。(ごめんなさい) しかし今年は、私達新3回生の新人スタッフをして下さった方々や、指導して下さったコーチの皆さんが就職されるということで、とても心に残る素敵な祝賀会となりました。お世話になった先輩方と、これからお会いする頻度が少なくなるのは本当に寂しいです。
とくに元新人スタッフの方々には、感謝しても感謝しきれません。
この方々がいたからこそ、私達新3回生みんな部活を続けることが出来て、この学年で良かったなといつも思えるんだと思います。(知らんけど) 本当にありがとうございました。

追記
私は今、授業で水質浄化実験をやっています。強磁性粒子を作製して、水質を汚染している粒子を強磁性粒子に吸着させたり凝集させたりして、最後に磁気分離することでめっちゃ浄化できるんです。
そこで、自分の周りで汚れた水があれば持参して浄化しろみたいな課題が出されたので、淀川の水を持参して浄化してやろうと思います。ほんの少しの量の水しか浄化できない実験ですが、いつか大規模化出来て、淀川が綺麗になったらいいですね。(知らんけど)

 

それではそろそろバイトに行くのでこの辺で。

ボート部員 * - * 17:13 * comments(0)

トリニワニワニワニワトリ

こんばんは!こんにちは!新二回生の山下です。

最近気づいたことといえば、僕と同回のE君がボイスパーカッションをしているところよく目にしていて、ついこの間初めて近くで聞いてみようと思い近づいてみたら、ただ、舌打ちをしているだけでした。

さて、今回は昨日行われた就職祝賀会について書きたいと思います。

その名の通りこの回は今までボートで活躍され、これからもボート部をとある力によって支えてくださる先輩方を祝う会でございます。皆さん、お酒が入っていることもあり、すごい楽しそうに話されている先輩方をすごい冷静な顔で私は見ておりました。浪人したのにも関わらず20歳でこの回を迎えられず、3月うまれの恐ろしさをただただ実感していました。しかしながら、先輩方からありがたい言葉をいくつもいただきました。 

そんな言葉を濃縮し皆さんにお伝えして本日は終わりさせていただきます。

がんばれ
ボート部員 * - * 15:32 * comments(0)

お前の命は生きるためにながれている

まいど、新三回のヤマモトユウダイです。

突然ですが、陽キャラと陰キャラの違いってなんやと思いますか?

賑やかなのが陽キャ? 物静かなのが陰キャ?
それとも、パーリーピーポーなのが陽キャ? ねくらなのが陰キャ?
はたまた、彼女がいるのが陽キャ? いないのが陰キャ?


まーとらえかたは、人それぞれやと思いますけど、自分は
積極的に動くのが陽キャで、積極的に動かないのが陰キャやと思うわけであります。(中学の時の生活指導の先生のうけうり)

まー、なんでこんな話すんねんとなりますが、今回自分が書くのは新人勧誘についてでありまして、2017年度の新勧の統括を自分がさせていただくことになりました。

それにあたり、新勧のアドバイザーをしていたただいているH2の平野敦嗣さんに120年記念式典の時にあいさつさせていただいたのですが、その時に、

「新勧は自分が動かずにいかに回りを動かすか、また、最後はどれだけ自分が目標を達成するんやという気概があるかにかかっている。」

と教えていただいたので、2017年度の新勧は“めっちゃ目標に貪欲なくそ陰キャ”になりたいと思います。

以上。

ボート部員 * - * 18:47 * comments(0)

お先に失礼します(..)

こんにちは

新4回生マネの増田です。

 

新シーズンが始まり早くも2ヶ月が経ち、大忙しだった11月もなんとか無事に終えることができました。新人の集大成であった加古川レガッタ、阪大の力試しをした全日本選手権、阪大ボート部へのたくさんの思いを再確認できた120周年記念。振り返ると、やっぱり11月は盛りだくさんでしたね(笑)12月になり、最近は少しのんびりできているような気がします。

 

 

というのも、みんなには怒られそうですが...

 

私、明日から冬休みです!!!冬眠に入る予定です!!

 

 

 

嘘です。いっぱい働きます笑

まあ暇なので、みんなといろいろお話したいと思ってます。後輩ちゃんに怖がられなくなるように頑張ろうかなと。厳しいことは言うと思うけど、別に怒ってないです!そんなにいつもイライラしてないです!なので、いろいろおしゃべりしましょう(笑)

 

 

さて、この前のブログでは幹部報告のことしか書けなかったので、今シーズンの目標と最近思ってることでも書こうかなと思います。

今シーズンの目標は3つです!

 

・毎日を大切にする

選手であれば、1モーション1ストロークを大事にして、何か1つでも上手くなって強くなって降艇してきてほしいなと。1マネジャーとしての気持ちからです。

マネであれば、限られた時間の中で選手とコミュニケーションを取ろうと積極的に動いたり、毎日の仕事をこなすだけでなく部をより良い組織にするために考えて行動にうつしたりしてほしいなと。今シーズンのマネの目標は、「部内にも部外にも積極的に」です!

 

・主務をさせてもらえることに感謝を忘れない

主務になってまだ2ヶ月ほどですが、今までの主務の人ってすごかったんだなと思うことばかりです(笑)私も負けないように頑張らないとつくづく思います。でも、その主務という立場で頑張れることもたくさんの同期と後輩がいるからだということを忘れないようにしたいです。正直、大変なこともありますが、今はとても充実してます。

 

・インカレ最終日に5クルーけりだす

目標に明確な数字を掲げたのは人生初めてな気がします(笑)主務の仕事や毎日のマネ業務が頑張れる1番はやっぱりここかなと。いろいろ考えてしまうけど、「チーム阪大で勝ちたい」に尽きるかなと思います。そのためには全員のレベルアップが必要で、やってやる!という雰囲気をみんなで作らないといけないかなと。これくらいでいいやー、できてないことはない、なんてかっこわるいことはやめましょー。ちょっとだけ無理してみましょー。いつもよりボート部のことを考えてみましょー。

今までといっしょではだめなんです。勝てないんです。だから、みんなでレベルアップしましょう。思いっきり楽しみながら!そしていっぱい笑いましょう!

 

 

長くなっちゃいました。

私も考えていること、悩んでいることがたくさんあったりするので、みんなと相談しながら全部実現させます。みんなと話したいことがいっぱいです。しゃべりすぎって怒られない程度に話すので、いっしょに話しましょう(笑)みんなが考えていることも聞きたいので!

 

 

ではでは。明日のHead of the Yodoがんばろう!

ボート部員 * - * 16:49 * comments(0)

あっ、ブログや

こんばんは、新3回生漕手の菅野です。

 

今日はいつもの木曜日と同じく、NHK総合で22時25分から「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」が放送されます。

 

LIFE!は、僕にとって発想が斬新なのが多くてついつい観てしまいます。個人的には特にココリコ田中、星野源、シソンヌじろうの演技に見入ってしまいます。

 

ちなみに今日のおすすめは「ノープライダーZ」です。

 

最近寒さも増して、日の出も遅いし、日の入りも早いしで、冬の厳しさをどう乗り越えようというところですがみなさん、

国立天文台によると、大阪では11/30〜12/09までの間が一番日の入りが早い(16:47)のです。少し元気が湧いてきましたね。来年の01/04〜01/11までの間が一番日の出が遅い(07:06)です。あらあら。別にいい話ではないですね。

 

と、書いているうちにLIFE!が始まってしまいました。

 

今年もそろそろ終わりそうです。去年の今頃の自分よりは乗艇の感覚が掴めていると思います。この冬でもっともっと速くなるために、まずは年末年始OFFまでもう一回気合いを入れなおして、限られた時間のなかでワンストロークワンストロークを大事にしていきます。

 

がんばりましょう!

 

夜分遅くに失礼しました。以上です。

 

ボート部員 * - * 22:41 * comments(0)
このページの先頭へ