<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

考えるな、感じrow

今回は1回生が入部して初めてのブログってことで、わりと1回生に向けたブログですが、まぁ、ゆっくり読んでってください。



まずは、ここでクエスチョーン!


デーデン!


Q. あなたは「艇を感じ」た事がありますか?





これからボートを続ける上で何度も聞くであろうワード。「艇を感じる」。


人によりけりですが、僕が「艇を感じる」を実感したのは1回生の冬、加古川レガッタが終わって急に対校8+に乗せられたときでした。(実際に艇を感じられるようになるのはもっと後ですが。)


船が寄ってくるのを感じる。シートが走りがちの僕は何度もこのワードを聴いていましたし、理解しているつもりでした。


ただ、乗せられた時


そうか!これが「寄ってくる」か!


とビビっと来たのを覚えています。



今は艇を感じることができているつもりです。ドライブの加速感、フィニッシュ姿勢からセット姿勢に移行する時の伸びなど。


ただ漕いでいるだけでも色々な情報が頭を抜けていきます。


あ、今のは違う!あ!今のは天才!(どや!)


という感じです。




なんで艇を感じなアカンねん。なんでそんなに言われなアカンねん。と思う1回生も多いと思いますけど、ボートをやる上で艇を感じることが大事な理由として僕が考えるのは



・ボートが楽しくなる


・自分の動きを自己採点できる



ということですね。



1つ目について

ボートとエルゴの大きな違いは「進んでいる感」だと思います。


「進んでいる感」の有無はトレーニングの中で非常に重要で、例えばボートを漕いでいても、ダラダラと、ドライブで動かない状態だとクルーの雰囲気も悪くなるし、何より楽しくない。


「進んでいる感」はそのままボートの楽しさに直結するということですね。


「艇を感じ」られる

=船の「進んでいる感」を感じるアンテナがちゃんと付いている

=アンテナがない人の何十倍もボートが楽しい


ってことです。

楽しくないと続かないから、この競技(笑)



2つ目について

艇が動く時というのは、要するに「漕げている」時。


進んでないなーと思う時は「焦げていない」時。


「漕げていない」というのは、例えば、オールが浅かったりして、水で固定ができてないだとか、クルーがズレてしまっているだとか。そういった違いに気づけるかどうかは非常に大事です。


「艇を感じる」というのは、漕いでいる間、常に自己採点しているというようなものです。


乗艇ごとにビデオを見てフィードバックできるとは言え、その場その場で修正できるに越したことはありません。


例えばモーターがずっとついてアドバイスしてまわってくれればいいですが、現状、そんなことはなく、その日のビデオがないよー。ということもあります。


そんな中、上手くなるためには、自分の漕ぎを自己採点できるスキルが絶対必要なのは、1回生風にいうと、自明自明ってやつですな。





まぁ、ここまで「艇を感じる」大事さをつらつら書いてきて、1回生は「艇を感じ」たくてウズウズしている(?)と思います。




さて、問題はもう一つ。どうやれば「艇を感じる」ようになれるか、ですよね。


できたら苦労せんわーって感じですね。



答えは簡単で、距離を漕ぐことです。


ただし、ただボーッと漕ぐのではなく、考えながら、そして発信しながら漕ぐことが大切です。


mileage makes champion.

ってやつですな。



漕がなければ感性は磨かれず、考え、発信しなければ、今自分が思っている感覚があっているかどうか、一緒に乗っている先輩にも分かりません。


1回生のうちは先輩と乗ると思うので、間違いを恐れずに発信していきましょう。


初めは難しいので、「今、スピード上がってるよ!」とかでいいです。


合ってたらそれでよし、間違っていたら先輩が指摘してくれると思うので、まずは発信しましょう。


せっかく先輩と一緒に乗っているのだから、いい意味で、踏み台にして成長していいと思います。



つらつら書いてきましたが、僕の中では「艇を感じる」ことこそ、ボートの楽しみです。


まずは目の前の練習に集中して、元気よく発信して、ガツガツ漕いでいけばいいんじゃないでしょうか!!




偉そうに書きましたが、もっと1回生にボートを好きになって欲しい香川でした。おわり。





大阪大学ボート部 * - * 13:03 * comments(0)

今日のお昼は味噌らーめん

こんばんは。4回生の渡辺です。バテてます。

 

基本的に予備校にこもりきりな今日この頃ですが、日曜はいまのところ学校もお休みなので、日昼のエッセンで遊ぶのが最近の楽しみです。わたし自身が絶賛夏バテ中なので、できる限り食べやすくしたいなあと思いながらクックパッドとにらめっこしております。

 

今日はかだちゃん・よねだと中華麺がんばって作りました!怪我人りんちゃんももやしのナムルをレンジで作ってくれました。座っておれと言うたのに。

 

お肉別添えがいいとか塩ダレ作りたいとか彩りが欲しいからこの野菜混ぜないでとか、いつも思いつきで好き勝手言って後輩たちを振り回しているので、迷惑がられてないかちょっと心配です…。いつも付き合ってくれてありがとね。あと1ヶ月我慢してね。笑


もちろん全てを思いつきで言ってるわけではなくて、エッセンへの地味なこだわりも多くはないですがあります。せっかくなので引退前に書き連ねておこうと思います。1回生マネちゃんとかの参考になったらいいな。ならなかったらごめんね。

 


・具材は小さめに切る
選手からよく寄せられる要望です。噛むと無駄に満腹感が増すもんね。笑

 

・じゃがいもを入れるのはたまねぎに火が通ってから
これも選手から指摘してもらったものです。じゃがいもをにんじん・たまねぎと同時に入れると煮崩れしすぎて気配しか感じられなくなります。

 

・鶏肉を煮込むときにお酢を入れる
お肉がちょっと柔らかくなります(当社比)。結構どばどば入れますがバレたことないです。たぶん。

 

・水煮系(たけのこ、ごぼう、れんこん)は水にさらす
水煮特有の臭み?酸味?を抜くためです。保存料が原因らしいです。湯がくともっと抜けるらしいですがコンロのキャパ的に難しいかな…。悪い意味での「エッセンの味」の原因のひとつが水煮の酸味だと個人的に考えています。敵です。

 

・冷凍野菜に火を通しすぎない
「エッセンの味」の原因その2。味はどうしようもないんですけど、煮込みすぎるとでろでろになって食感がよろしくないので、冷凍野菜は調理終盤に入れてさっと火を通すのみにしています。煮込みすぎるとかぼちゃとかいなくなるからね!

 

・時間に余裕があるときは鶏肉を単体で調理する
今日の昼エッセンがこれですね。味しみておいしいかなーと思ってるんですがどうですか?あと煮込みすぎ防止にもなって柔らかく仕上がる気がします。

 

・薬味を駆使する

ごまパラパラしたりねぎ別添えにしたり刻み海苔乗っけたり。なんかちょっと美味しそうに見えるかなぁと。

 

・たまにお魚で遊ぶ
これはこだわりじゃないですね…笑
気分次第ですがたまに鯖のしょうが煮や鮭のバター焼きを作ります。いつも焼き魚だと飽きるかなーという優しさ2割、単にわたしが食べたいという理由が8割です。

 

あと魚焼き器のキャパが朝エッセンにおけるボトルネックなので、人数が多いときは鯖の煮付けをまとめて作るとちょっと早く終わります。鯖の煮付けは煮る前に皮に熱湯をかけて臭みを抜くこと、鮭のバター焼きは塩胡椒ふったあとにしっかり水気を拭き取るのがコツです。

 

そういえば今朝ためしにししゃもを煮てみたら味見してくれたかだちゃんから及第点をもらえたので、今度エッセンにも出してみようかなぁと思います。以前試作して一部には人気だったししゃもの南蛮漬けも(余裕があったら)また作ってみようかな。食べたら感想くださいな。

 


あ、ラストエッセン食べたいものあったらこっそり教えてくださーい。今月中に。採用されるかどうかはちょっとわかんないですけど。

 

冷たいものの食べ過ぎに気をつけて夏を乗り切りましょう〜♪

ボート部員 * - * 21:10 * comments(0)

雪だるまになりたい。

こんにちは。初めまして。前田さんに「発音は反町隆史と同じ」と言われた新人女子ローの上町茉未花です。

最近は暑いですねーとにかく暑い。大阪の暑さをなめていました。

というわけで寒い季節のお話をしたいと思います。

 

私は青森県の出身なのですが、地元では冬には雪がたくさん降ります。

路面は一面凍結し、冬タイヤを搭載しているにもかかわらず車は時速20キロくらいでしか進まないため、真冬の朝は毎日渋滞です。

私は高校時代、三年間バス通学をしていました。

そして、ギリギリでいつも生きていたい性格ゆえにバス停にダッシュし、息を切らしながら駆け込み乗車するという慌ただしい朝を送っていました。

 

そんな冬のある日、いつものようにバス停まで走っていたら、その日は少し早く(といっても時刻表通り)バスが来てしまいました。やばいっと思いスピードを上げると、部活が一緒でちょっとかっこいい男子の先輩が乗車口のところで片足をかけてバスを止めてくれていたのです!ありがとうございますっと心の中でガッツポーズをしたその瞬間、、、

 

私の視界がいきなり横に90度回転しました。

 

凍った道路で走ったため、横方向に足がすべって転んでしまったのです、、、

先輩と目と目が合った状態で横に倒れていく私。だいぶシュールな光景でした。

結局バスには乗れましたが、その先輩には笑われるし、おしりは痛いし、災難な一日でした。

それからは余裕をもった生活をしよう、歩いてバス停に行こう、と決意をしたものの、身体に染みついた習慣とはなかなか直せないもので。

 

しかしボート部に入って三か月弱、そんな怠惰な私も徐々に変わってきた気がします。新人の私たちは特に時間厳守のため、余裕をもって行動せざるをえません。そんな毎日を送っていたら、自分でも時間に対してきっちりするようになったなあと感じております。

ボート部のおかげです。あー、ボート部に入って、良かった!

大阪大学ボート部 * - * 17:01 * comments(0)

やりたいことができる幸せ

はじめましての方もそうでない方もこんにちは、4回生の北坂です。

 

何を書こうかとずっと考えてたんですが特に思いつきませんでした。

 

なんでかなーと考えてみると最近はあんまり部活の方に気持ちが向いてないからだと思います。

 

現在は新人スタッフとして関わっていますが、最近は院試勉強やその他諸々のために、練習に参加する回数も減らしてもらってます。

 

その部活以外のことが自分の"やりたいこと"ならそれはそれで楽しいのかもしれませんが、残念ながらそれらは"やるべきこと"に留まっておりただ淡々とこなす毎日です。

 

だから最近あんまり楽しくありません。

 

 

 

 

っていうようなことを少し前に稲毛に話したら、どうやらそんな僕は一度動物園に行った方がいいということでした(笑)

 

彼女らしいです。いい同期を持ちました(笑)

 

一緒に動物園に行ってもいいよって人は北坂まで。

 

 

 

 

 

現役の皆さんはボートに魅せられ、漕ぎたいから漕いでいるはずです。

 

それは当たり前のようで、それでいて実はとても幸せな事だったんだなと今になって思います。

 

特に同期には残りの時間をそんな幸せを感じながら思う存分楽しんで最後まで駆け抜けてほしいなと思ってます。

 

僕なんかが言うまでもないことですが。

 

 

 

 

どうやらあと一回ブログ当番が回ってくるらしいので、最後はもっといいことを書いて締めくくりたいなと思います。

 

それでは。

 

 

 

大阪大学ボート部 * - * 13:47 * comments(0)

漕ぐ理由

昼間、太陽が頭上にあるときアイスが無性に食べたくなる、そんな夏が今年もやってきましたね。

ガツンとみかんを日向で食べると「夏、ここに極まれり」て感じになります。


3回生漕手の近藤です。


昨日7/17の海の日は、我らが石井さんと去年から恒例となった海に行きました。社会人になっても僕らのために1日潰して遊んでくれる石井さんが大好きです。ありがとうございました。



さて、本題に入りたいと思いますが、今回は少し自分語りをしたいと思います。




僕は5月頭から7月の頭まで、怪我人としてモーションをしていました。

朝日レガッタが終わって腰痛がひどく、ちゃんと検査をしたら軽度ですがヘルニアが見られたからです。

この時はずっと痛かった腰にはっきりとしたした原因がわかって少しホッとしましたし、しんどい練習が心底嫌いな僕は、正直少し休めるということに喜ぶ気持ちもありました。


しかし、怪我人期が始まると何もすることがありませんでした。

運動とも呼べないようなモーションしかしていないのに日ごとに痛くなる腰。

朝無駄に早起きしてベッドから抜け出す時の腰の痛みでやる気が砕かれる。

正直、ベッドで二度寝から目覚めた時、みんながすでに降艇してきていたことも何度もありました。

ずっと起きていたかのような顔を作ってマネさんが早起きして作ったエッセンを食べ始める。。

その時は自己嫌悪ですべての活力が失われました。



まったく快方に向かう兆候が無いまま3週間ほどが過ぎたころのある日の朝。

適当に見たWorld Rowingのfacebookのボートの動画に、痺れました。

説明するまでもないよくあるボートの動画でしたが、痺れました。全身が心臓になったように脈打つ感じです。

ボートを漕ぎたい。ボートが好きだと本気で思いました。人生で一番だと思います。


しかしどれだけ思っても漕ぐと腰は痛く、走れば膝が痛み、大会も応援だけ。

この時期はめちゃくちゃ辛かったです。


そこから痛みながらも少しずつ練習強度をあげ、関西選手権終わりの2000T.T.を引き切り、インカレのクルーに組み込んでもらえることになりました。


相変わらず腰は痛いですが、好きなボートを漕げる毎日がとても楽しいです。


今も怪我人期で落ちた体力が戻らずエルゴがしんどかったりしますが、この2ヶ月の怪我人期で思い出したボートへの気持ちを胸に刻んで頑張っています。



今「なんでボートを漕ぐのか」と聞かれたら、僕は「ボートが好きだから、好きなボートで勝ちたいから」と胸を張って言えます。


みんなはなぜボートを漕いでいるのでしょう?



長いし学ぶことのない駄ブログになりました。

ダラダラ長いこの記事から、怪我人にはなりたくないなぁとか思ってくれたら嬉しいですな。



近藤智輝

大阪大学ボート部 * - * 22:06 * comments(0)

ハテハテ

こんにちは!

やっとバイトをし始めるも月1万5千円しか稼げずにバイト掛け持ちするか悩み中の一回生の天野です。

タイトルはインドネシアからの帰国子女のS條くんが唯一覚えてる言葉で意味は危険だそうです。

 

3ヶ月前にはたしか貯金は19万円ほどあったのに今は貯金残高2万円しかなくこの3ヶ月間の自分にキレそうです。

館下での会計のときに「生協カードないです」っていうの面倒くさくなってきたし何より5%増しになるのがお財布に痛いんで近々生協カード作りたいです(^○^)

 

 

最近艇庫に衣服を忘れたり紛失したりすることが多く一時はパンツが2着、靴下2足になるまで追い詰められましたが無事発見できたので大満足です。

同期から服をいっぱい借りており特にS條君からは5着くらい借りているのではやく返したいです...

 

 

 

話は変わりますが阪名戦が終わり今一回生はシングルの練習をしてます!

シングルし始めてから豆ができてさらにそれが潰れてしまいとても痛いのではやく上達したいです!

聞くところによると来週辺りからシングルにつけているペットボトルがなしになるらしいんで沈する人が激増しそうです(^○^)

 

先輩みたいな面白い文章が書けず文章力も稚拙なんで次ブログ書くときはもっとすごい文章を書きたいと思います(*^^*)。

 

 

 

 

大阪大学ボート部 * - * 19:11 * comments(0)

オッ盾ってPCで打ちにくいよね。書く時はOX盾かな。

こんにちは四回生の小松です。7月も半ばになり、小説を持つ左手のページが少なくなってきたときと同じような思いをすることが最近よくあります。最上回生はブログが回ってくると、そろそろ最後かな?とか考える時期でもありますが、今シーズンは一月少ないので、インカレが終わったあと最上回だけでブログをもう一周しようと思っているのでまだラストではありません。

 

さて、戸田では東日本選手権が行われていますね。関東勢はこの結果をもとにインカレのクルーをきめたりするんでしょうかね。関東のことはよく知らないんでわからないのですけど、阪大ボート部ではインカレ・OX盾のクルーは決まりました。

 

男子

8+(OX盾)

4+

4-

2+

2-

が各一艇ずつで選手数30人

 

女子

4×+

で選手数8人

 

男子は阪大史上最高の選手数ではないでしょうか。もう艇が多すぎて艇庫のキャパを少し超えています。男女の合計選手数は去年のインカレ・OX盾にエントリーした大学でみると10番目に位置し、僕が二回生の時のインカレでは20人ぐらいだったのでそれと比べても2倍近く増えています。

 

僕が乗るOX盾エイトは2回生が多くて、そこだけ聞くと去年のOX盾エイトと似ているのですがキャラが全然ちがいます。去年のメンバーは個性が強く主張もドライブも激しかったです。ミーテイングでは必ず意見が半分に分かれました。一方、今年は主張が控えめで少し元気が足りませんがクルーとしての一体感、全員で艇を良くするという思いが強いです。(去年は皆無でした。)

そんなクルーですが、目標はベスト8、例年通りだと2000m6'20くらいでしょうか。となるとエルゴ平均も6’50は必要で、達成には体力、技術の更なる向上が必要です。ここでキーとなるのは伸び盛りの2回生達だと思っています。

夏場は体力値を伸ばすのは難しいですが、まずは食事で体の基盤作りを徹底しましょう。食べる量は減らさず。水分は多めに。僕は今年から練習前に体重を測り、練習後減った体重分水を飲むようにしています。多いときは1,5キロくらい減るので、プロテインの300ml、牛乳・オレンジジュースの500mlにプラス500mlくらいの水を飲んでいます。

技術は乗艇で。一本一本、職人のように集中。自信を持ってドライブ。けれども驕らず、うまくいかないのを他人のせいにはしない。合わせれば速くなる。関西選手権で対抗が示してくれましたね。

 

関西選手権で優勝したクルーのSペアも去年はOX盾に出てたから、今年の2回生も絶対に上手くなります。正直言って乗っている四回生二人は力不足ですので、どうか僕達と艇を支えてください。お願いします。

ボート部員 * - * 16:32 * comments(0)

ぼくのかんがえたさいきょうのふね

こんにちは、三回生の森山です。
いきなりですが、皆さんはボートで出せる最高速度はどれくらいだと思いますか?

 

 


…だいたい20~30km/hを想像したと思います。そうです。
少し古い記録ですが、5:19:35を記録したエイトは瞬間的に24km/h出ていたらしいです。

前のブログでボートは人力で水上最速とか書きましたが果たしてそうなのでしょうか?調べてみました。


そしたらなんとこんなのが
https://global.yamaha-motor.com/jp/profile/technical/library/pdf/browse/ts_06.pdf

世界記録34.6km/h…こっちの方が上でした。


まあこれもボートなんで嘘を言ったわけにはなりませんが。

ではこれを真似たものを作れば勝てるのでは、と思ったのですがこれではローイングではないのでなしですね。
そこで、陸でボートと同じく人力最速と言われる自転車を調べてみました。


これです。



 

ちなみに中はこんな感じです。


 
これなら真似出来そう…!
漕手をむき出しするのではなく空気抵抗を減らすサムシングで覆ってやれば、こんな風に


多分これが一番早いと思います

 

と思って競漕規則を見ると

第8条 大会で使用される艇は、次の2種類とする。
(1)構造・寸法・形態に全く制限のない艇
ただし、重量については、競漕規則第10条に定める
ところによる。
(2)(社)日本ボート協会の規格に従い建造され、
かつ登録を完了した艇

 

ちょっとこれどぎついやつですね。
でも日本ボート協会が認めさえすれば実現可能なわけですね。
こんなのボートじゃない?
もしかすると次の次の次のオリンピックくらいにはこんな感じの艇がメダル獲ってるかもしれないですよ。

はい。

大阪大学ボート部 * - * 16:22 * comments(1)

あの人

السلام عليكم 

안녕하세요


大学に入って、私は新たに二つの言語を学び始めました。今世の中には6000の言語があるそうです。すごいですね、一つの惑星の中で、6000もの違う言語が話されているって。そう考えてみれば、今隣にいる人と同じ言語で会話を楽しむことができるのは、まるで奇跡のように思えてきます。


こんばんは。

二回生マネージャーの吉澤です。


私は最近とんでもなく興奮することがありました。アラビア語を学び始めて一年。大学以外でアラビア語を話す機会はほとんど、いえ、全くありませんでした。しかしある日、隣にいるアラブ人らしき人に話しかけてみたんです。


すると、なんと!


通じたんです!


ここ最近でこの瞬間ほど興奮したことはありませんでした。あぁ、通じるんだ!言語を学んでいるものにとって、これほどまでに嬉しいことはありません。もっとアラビア語を勉強したいと思った瞬間でした。


話は変わりますが、

私には最近積極的に話しかけようとしている人がいます。アラブ人ではありませんよ。


その人が新たな道を見出す手助けになれば、もう少し私を頼ってくれれば、そう思って、見つけたら声をかけるようにしています。


話してみると、その人は私のイメージとは少し違いました。私が思っていた以上に頑張り屋さんで、まっすぐで、ちょっと怠けてしまうところもあるようだけど、一生懸命なことがわかりました。


もっと周りを頼っていいんですよって、周りにはいっぱい仲間がいるからって、妖精さんになって、その人の周りを飛び回りたいですね。


きっと誰だかわからないと思いますが、伝えたいことを綴ってみました。



みなさんも、気になっているあの人に話しかけてみてください。思ったより楽しい会話ができるかも。



それでは、明日も1日がんばりましょう。


مع السلام


大阪大学ボート部 * - * 21:00 * comments(0)

アテアテ



こんにちは。
2回生漕手の松田です。


前回ブログを書いたのは4月で、
しかも新勧ブログだったので
今日は試合シーズンに入って
感じていることを
書こうと思います。



シーズンに入って、
朝日レガッタで
ダブルに乗ってからは
西日本選手権と関西選手権
どちらもシングルでの
出漕となりました。


怪我の調子は不安定でしたが
コーチとマネージャーさんたちに
支えていただいて、
阪名戦は棄権したものの
シングルで2000mを
何本も漕ぎ切れたのは
大きな自信になりました。


でも、結果が残せませんでした。

レースを終えて船台に帰るときに
迎えてくれたマネさんに何度も
ごめんなさいと言いました。


もう、謝らなきゃいけないレースも、
いろんな人からの「お疲れ様」に
どんな顔をして応えればいいのか
わからないレースも、
したくないな。


もし1着じゃなかったとしても、
出し切ってやったぞ!
って胸を張って帰れる
レースがしたい。





1か月半後に行われるインカレに
私は2ndクォドで出漕します。


いろんな人から
いろんな言葉をいただいたり
言われなくても
こう思われてるんやろなー
とかはありますが

そういうの全部受け止めて、
全部背負って漕いでいきたい、
そんな気持ちです。



まとまりませんでしたが、
このあたりで失礼します!


大阪大学ボート部 * - * 19:11 * comments(0)
このページの先頭へ