<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

自由だぁぁあああ!

こんばんは.

先ほど,無事に卒論発表を終えて,ようやっと卒業できることが確定したてホヤホヤの
M1女子ローの今玉利です.

卒論って大変そー...
ぐらいのイメージでしたが,想像以上に大変でした(笑)
(私が今までさぼりすぎたのと,人より無能すぎただけですがw)

ということで,やっと自由になれまして,
先週たくさん練習を休んでしまって,女子部にご迷惑をおかけしたので,
これからまた人一倍頑張っていこうと思っているところです.
(研究も引き続きしないといけないので,それも頑張ります)

さて,今週末は,私の代が追い出される,追いコンがあります.
遂に自分たちが追い出されるときが来たのかと思うと,すごい感慨深いものがありますね...
この代でわいわいできるのも,ほんとにもう少しだけなんだなと思うと,
涙が出そうになることが最近よくあります(おばはんみたいですね(笑)).

艇庫では,追いコンに向けて,
プレゼント何にする〜?とか
○○さんって何好きなん!????分からんねんけど!!????とか
色紙書いてくださいねーとか
わくわくするような,寂しいような,いろんな会話が交わされています.

マネ机には,毎年恒例の追い出される人たちへの色紙が積まれています.
その山の高さで,改めて,うちの代こんなにおったんやなーとか思ったりして,
中身を見たくなってしまいます.







衝動に耐えた風に書いてますが,







中身,自分の以外は見ちゃいました(笑)
自分のは,見ないように頑張りました!(笑)
まだ,埋まってはいなかったですが,ちらほらメッセージが書かれていて,それをばーっと見て,
こんだけ一緒にいたのにみんなの知らないこととかまだまだあるのかなぁとか思ったりしていました.

まあ,読んだの初期なので,許してください!(笑)

同期のこと嫌いな部分もありますが,
なんやかんやでひっくるめたら好きなんやなぁとしみじみと再確認しました.




ここで色々書きすぎると,追いコンで何も言う事がなくなってしまうので,
今日は深いことは書かないでおきます(笑)







いつしかの学年旅行の写真たちです.
私が写っていないのもあります.(ちくしょう,行きたかったぜぃ)
みんな楽しそうですね.
途中でやめてしまった人たちもいますが,みんなみんな大事な同期です.
これからも末永くよろしくお願いします!
大阪大学ボート部 * - * 19:30 * comments(2)

わたしのきずぐすり

どうもみなさんおはこんばんにちは。最近ロータイを買って朝乗艇が一気に楽になった新二回漕手の盛本です。

 

さて、最近みなさん寒さやら選考の2000ttやら新勧の準備やらで心が病んでませんか?

今日はつらい気持ちも吹き飛ばせる、私的おすすめYouTuberを何人か発表していきたいと思います。

 

 

1.ガーリィレコードチャンネル

本職は芸人。モノマネし、しばき合い、踊り、笑うデブとガリの織り成すリズミカルでハズレの少ない動画はさすが芸人と言ったところ。何してもおもろい。短めのネタ動画が多くパパっと観れる。オススメの動画はこちら↓

https://youtu.be/EkKNjyMHEVs

 

2.キヨ。

ゲーム実況者。誰も見たことないおバカなゲームやらなんやらを実況している。声量とテンションがバグりがち。1人の実況も、友達との実況も、どっちもいい意味でうるさい。音割れすらもおもろい。オススメの動画はこちら↓

https://youtu.be/eRqDEH9Lrds

 

3.もこうの実況

ゲーム実況者。ポケモンやぷよぷよ、シャドバ、マリオカートを実況している。だいたいブチキレている。しかしもこうがブチ切れても不快感はなく、めちゃおもしろい。自分がムカムカしている時にもこうがキレているのを見ると自分の分まで怒ってくれている気がして晴れやかな気持ちになる。オススメの動画はこちら↓

https://youtu.be/JnRIiwFCDjQ

 

4.東海オンエア

発想力と世界観がぶっ飛んでいる。どんくらいぶっ飛んでいるかといえば、何千万するオープンカーでガソリンスタンドに洗車しに行くほどぶっ飛んでいる。少し汚い動画が多いが、そういう動画こそおもろいので是非観ていただきたい。オススメの動画はこちら↓

https://youtu.be/xgl2akpth-Y

 

 

以上、私的オススメYouTuberでした。皆さんも病んできたらオフや艇庫で暇な昼とかにちらっと観てはいかがでしょうか?息抜きはこまめに。キャパを超えちゃう前に。心の余裕って大事ですよ。 

 

写真はバレンタインチョコを大量生産するウィンちゃんです。これもまた息抜き。

 

 

大阪大学ボート部 * - * 21:13 * comments(0)

One Foot

大幅にブログの更新遅れてしまい申し訳ございません。新3回生漕手の稲垣太朗です。


 



皆さんテストおつかれ様でした。できた人も、自分みたくできなかった人も、切り替えて残りの冬練頑張っていきましょう!振り返ってみるとあっという間ですね。ここまでやってこれたので、ケガや病気といったどうでもいい事で頑張ってきたた自分を無駄にしないようにしましょう!


 



 テストに追われ、特に書くこともなく今まで過ごしてきてしまいましたが、やっと書きたいことをみつけたので書きますね。



 


皆さんは、今までスポーツをしてきたなかで、どのようなキャプテンと出会ってきましたか?

 


ボート部には色んなスポーツ出身の人がごったになっていますが、自分の経験上、キャプテンには大きく2パターンのキャプテンがいると思います。

 


 1つ目はプレーでチームを引っ張る型のキャプテン。チームの中でフィジカルや技術が秀でており、その目に見える形でチームを導き、円の中心となるキャプテン。阪大はエルゴが一番回る人がキャプテンになりがちですが、自分の言うこれとはちょっと違う気がします

 

 キングダムでいったら本能型の武将が似ていると思います。(笑)率先して前に立つ感じですね。(例外あり)






 2つ目は言葉などチームを器用にまとめあげる型のキャプテンです。こっちのキャプテンは、かけることばなどでチームの円を丸く保ち続けるキャプテン。こちらは対照的に目に見える形には現れないものの、チームの精神的支柱のような存在です。


 こちらは知略型の武将です。見えない部分で力を発揮する感じです。(こちらも例外もいますね)









 ここで質問です。皆さんはどちらの方が強いチームだと思いますか?






 とういのも先日あった学年会のとき、自分はある人をキャプテンに推薦したのですが、あの場ではその理由をちゃんと伝えれなかったので、合わせて説明したいと思います。











自分は前者だと思います。








 去年強かった同志社大さんや京大さんも整調がキャプテンでしたし、ボートではないですが、甲子園に出てくるようなチームのキャプテンは大抵攻撃か守備の主軸を担っています。



 ここでうちの代に話を戻します。自分が推薦した彼はすごいやつです。彼が2000を引くとき人だかりができます。この人だかりは、みんなの彼への期待の表れでしょう。どんなメニューでも彼のエルゴのスコアを見ると、めちゃくちゃ興奮しますし、おれもまだ頑張れるって思わせてくれます。また、去年1年間一度も対校のシートを譲らなかった唯一の2回生です。性格が謙虚すぎるので本人は気づいてないかもしれませんが、オーラ半端ないです。そしてギックリ腰にも屈さなかった、本当のばけもんです。



  


 そんなすごいやつがキャプテンを務めるチームを見てみたかったので推薦しました。自分は彼のキャプテンシーを全日新のときに垣間見たし、そのでかい背中に、自然と期待してしまいます。みなさんもこのワクワク感わかるんじゃないですかね?







以上、自分のPRでした!!



あー、まじで一緒に勝ちてー







p.s 環境美化に努める事はいい事ですが、自分らは清掃部ではありません。環境美化を徹底する→勝つチームになるのではなく、勝つチームになる視野が広がる、というプロセスだと思います。わざわざミーティングとかする暇があるなら、動画を見ていいリズムや端点を覚えましょう。しょうもないケガや風邪をひきガチなら特に。どうも最近このパワーバランスがおかしいと思ったので追記しときました!





 

 この前学年ラインにいい写真が載ってたので紹介します。

大阪大学ボート部 * - * 11:35 * comments(1)

ついにオフシーズンも終盤

こんにちは、3回生のよしだです。


今週の金曜日には待ちに待った(?)2000TTがあります。今回は西日本選手権や朝日レガッタへの選考も兼ねています。試合シーズンももう目の前ですね。

また、先週の大寒波から一転、今週から春の陽気らしいです。冬の練習もあと少しです。みんなで乗り越えていきましょう。


最近ボート部では、風紀委員が発足し艇庫・合宿所の美化に努めてくれています。以前よりも艇庫や合宿所を綺麗にしようとする動きがあってとてもいいと思います。しかし、まだまだ改善するところがたくさんあると思います。


例えば、ゴミが落ちていたとします。

「ゴミを落とした人」と「ゴミを拾う人」がいます。でも、それに加えて「見て見ぬ振りをした人」が沢山いると思います。当然ゴミを落とした人が悪い、それは間違いありません。


今のボート部でも「ゴミを落とす人」を少しでも減らそうとする動きが活発だと思います。でも、個人的にはもっと「見て見ぬ振りをする人」が減ったらいいなと思います。


放置物があったり、牛乳パックが残っていたり、テニスボールがピンに付いていなかったり、そんな時に犯人探しも大切だと思います。でも、それに気づいた時にフォローしてあげれるような人が増えたらもっといいチームになると思います。


自分に関係ないことだし、面倒なことではあるけれど、無意識に「自分がゴミを落とす人」の立場になることも必ずあるはずだから、お互いフォローし合うべきだと思うし、周りの環境や人に配慮できる人が沢山いるチームの方が強くなると思います。


自分もゴミを落として怒られることは多々あるけれど、気付いた時にフォローできるような人になれるように努力しようと思います。


あの大谷選手でさえ、目標に運や人間的成長も掲げていたのは有名な話です。ボートが上手くて、エルゴが回ることは勝つために当然大切だけれど、他にも大切なことは沢山あると思います。


あと1ヶ月もしたら「新勧」が始まります。気持ちのいい艇庫・合宿所に1回生を迎えてあげましょう!


阪大ボート部にはマネージャーの行った業務や最近の出来事がまとめられた新聞?みたいなものが毎週掲示されます。

最近はとてもユーモアに溢れていて毎週見るのを楽しみにしています。












大阪大学ボート部 * - * 14:45 * comments(1)

今人生で一番忙しい(2/18追記)

最近、別のサークルでの活動も多忙化しマネージャー業も多忙化しており心身がやつれてきている新二回マネの大谷です。


今日はいろんなことを書こうと思います。


高校時代、放送部で部長をしていたのですがその頃の後輩で僕の次の部長になった女の子が僕と同じAO入試で僕と同じ大阪大学人間科学部に受かったそうです。

嬉しい。中山の妹なんですが笑

僕の一つ下の後輩が阪大入学を決めたということは僕にとって世界で一番嬉しかった日から一年が経ったということです。

僕が大阪大学人間科学部に入ったのは「性」を研究し追求してみたかったからです。一言で言うと「性」ですが、この一文字にはありとあらゆる多様性が凝縮されています。

どんな自分でありたいかは性別だけで決められるものではありません。でも今は男は男らしく、女は女らしくと言う風潮が残念ながら残っています。

関係ないやと思っているボート部員に問います。

どうして全体ミーを仕切る主将は男子なのですか?

女子部の主将が女子部リーダーと呼ばれているのも違和感です。大阪大学漕艇部のリーダーを選ぶときどうして男子からしか選ぼうとしないのでしょうか。

僕がマネージャーとして部に入ったとき、やっぱり主務が男の方が体裁いいからみたいなことをよく言われました。

どうして男がリーダーの方がいいのですか?

こういうところからチームは弱くなると僕は確信しています。

今ちょうどつぎの主将主務を決める頃です。別に今いる部員のことを言ってるわけではないのですが、いつの日かこの大阪大学漕艇部にもリーダーシップの充分ある未来有望な女子が入ってきた時、じみーにあるこの風潮が彼女の行く手を阻むことにならないよう今からみんなの意識を変えていけたらなと思います。

ちなみに部員規則では禁止されてないそうですよ。男子だけに選択肢があるわけじゃないです。

(2019/2/18 追記+削除)


最近よく言う多様性。これこそ何をするにもすごく重要だと思います。みんなの意見は多様です。それのいいところをどう拾っていくかがとてもとても大事になると思います。

自分の意見を押し付ける人は多様性の敵です。議論し、調整し、そうして部を作り上げていくべきです。

僕は嫌な人には嫌、キモい人にはキモいとはっきり言います。

でもどんなに嫌な人でも正しいことを言っていたら話を聞きます。その人のいいところを取り入れるべきだと考えるからです。

前に先輩がブログでおっしゃっていましたが、そのためにも揉めた方がいいのかもしれませんね。

自分の意見が唯一無二なんて暴論です。多様性の敵は多様性を排除すること。これは僕の持論です。


さて、話は変わります。マネージャーの免許係である僕はよく買い出しに行くようになりました。

毎週二回もくっそ大量に食料品を買うので業務スーパーの店員さんや果木堂(八百屋さん)さんに覚えられています。

いつも買いに行くと今日もありがとうね〜とか優しくしてくださるのですが、その店員さんの1人が淀川近くに住んでいらっしゃるらしく「今日の朝、川で漕いでる人見たよ!あれ何人乗ってるの??すごいねぇ」とこの間声をかけてくださいました。そのあと「あの子達がうちの野菜やら肉やらを食べてるのね笑応援してるよ!」みたいなことを言ってくださったのです。

とても嬉しかったです。漕手のみんなをスーパーに連れて行ってこの人たちが頑張ってるんですよと言いたくなりました。

地域の人から応援の言葉をいただいたということを皆さんに伝えたかったので書いてみました。

大阪大学漕艇部は思ったより色んな人に応援されてるんですよ〜


また、話が変わります。

ボートの審判免許を取りました!!

これで「アテンション  ゴー!」を言えるようになっちゃいました。

マネージャーは部には深く関わりますが、競技全体にはあまり関わることがありません。審判としてボートという競技自体に深く関わっていけたらな〜と思っています。

ルールを漕手よりも誰よりも勉強して、全ての人に信頼される審判を目指します。



マネージャーが今どんどんいなくなっていっています。不安だと思う方もいるでしょう。


でも、漕手がきちんと練習して春や夏に勝てるチームになれるようモーションが減るとかは絶対にないようにするし主務をはじめとした最上回マネージャーの皆さんが上手いこと調整をしてくださるのでみんなは安心して漕いでください。


マネージャーの皆さん、今が踏ん張り所だと思うので頑張りましょう。先輩方のこといつも散々に言っていますが、実は尊敬しているのです。

マネージャーは一年に一回再編成されるクルーみたいなもんだなと勝手に思っています。

ボート部を前に進めるために私たち新二回マネージャーも全力を尽くします。


春休みでの予定が三つほどしかないのですが、そのうちの一つリトルマーメイドを観てきました。劇団四季っていいですね。

インカレ後にアラジンを東京で観たいと思っちゃいました。誰か一緒に観ませんか。

あと春休み遊ぶ予定がほぼないので誘ってください。。


最近艇庫によくいる大谷がお送りしました。


大阪大学ボート部 * - * 17:25 * comments(0)

のせちる

新3回の上町です。冬季も終わりが近づき、間もなく試合シーズンが始まります。それと同時に新勧の準備も着々と進んでいます。

私は宣伝媒体の班長をさせていただいてます。まあ班長といっても仕事は少なく、みんなが協力してくれるおかげで今年のパンフレットは会心の出来になりそうです!

 

しかし、何か大きなプロジェクトを進めるということは様々な責任を負うということで、今まで責任をとってくれる人がいてくれたおかげで、その人の下で好き勝手やれていたんだなあと思います。

 

ただ、責任があるということは裏を返せばやれることが増えるということだと思います。

新勧の準備を通して、同期のみんなの成長を感じます。ミーティングを仕切ったり、新しい取り組みを始めてみたり、後輩に指示をだして仕事をやらせたり。学年として良い成長曲線を描いていると思います!(まだまだ伸びしろは多いですが)

 

自分達が最上回になるシーズンがすごく楽しみです。新しいことを始めたいし、色々な挑戦をしてみたい。

 

同期のみんなのこと尊敬してます。能勢チルでボート部に革命を起こすぞ!

まず新勧頑張りましょう!!

 

なんとなく直前のうぃんちゃんのブログと写真がかぶってしまいましたね。​

 

でもやっぱ能勢チルが一番ですね!次こそ全員揃いましょう笑

 

 

大阪大学ボート部 * - * 11:22 * comments(0)

テンション上げるために艇上で音楽聴こうと思ったけどcoxでそれは可能ですか?遠藤さん

女子部は2月に入って合同練習が続いています!府大さん、同志社さん、そして今日は関学さんとの合同練習でした。今までの合同練習ではあんまり他大の方と積極的に交流できなかったので、その反省を活かして人見知りなりに話しかけてみたらとても楽しかったです!今日は一緒にクォドに乗った関学の方たちにたくさん褒めていただいてとても喜んでます、単純なやつです。

私のcoxとしての課題は効くコールをすることです。気づいたこと、狙ってることをぽんぽん言うことしかできなくて、UT1本を通したサイクルを意識したコールをすることがなかなかできません。どこからサイクルを意識してもらおうかな、いつから次の段階のコールを入れようかな、と考え始めると黙り込んでしまいます。いつも次はもっと頑張ろうと思って降艇してます。

でも、合同練習では1回きりのクルーでの乗艇です。次なんてありません。おどおどしてたら、なれない水域で乗艇する漕手を不安にさせてしまう。自信を持ってやらなきゃ、と思って、乗艇前のミーティングでいつもは「どこから合わせたいですか?」と聞くところを、「私は押切で合わせるのが好きなのでそこから合わせてみましょう」と言ってみました。そうしたらコールにもあんまり迷いがなかったです。1本1本漕手の感覚も共有して、少しでも前の1本よりいい練習にできるように、進めるように心がけました。

擬音語がわかりやすくてよかったと言ってもらえたので、もっといろいろ取り入れて、阪大内での漕ぎのイメージを統一していきたいです。


また、今日は神戸高校のコーチである楠田さんに来て頂いて、coxの勉強会をしました。coxとしての心構えだったり、レースに向けた準備、コールの言い回しなど、様々なことを教えていただくことができました。coxの技術で、艇速をあげたり、練習の雰囲気を良くしたりすることができるんだということを改めて感じました。イメージトレーニングにはビデオを見るのがいいそうです。それも、レースのスタートだけ見て、1着でゴールするのはスタートでどんな漕ぎをしている人なのか、というのを当てるようにするのがいいそうです。漕手の人にも役立つことかなと思うので、ぜひやってみてください!


↑私の今のエネルギーです。音楽っていいですね、耳がしあわせ。













同期はどこにいてもやっぱり同期です。

大阪大学ボート部 * - * 21:13 * comments(0)

夜明け

 こんにちは、新3回生の寺田です。もう2月中旬ということであと数週間もすれば暖かくなってくるのかなと思うと楽しみで仕方がありません。


 去年は冬を超えるとすぐに試合シーズンに入り、試合シーズンになると一気にインカレまで過ぎ去ってしまった感じがしました。

 自分の力が足りずに悔しい思いをすることが多かったので、残り少ないこの冬を大事にして今シーズンこそ結果を残します。

 

また、怪我で苦しんでる人や冬の練習が寒いし精神的にきついと思う人も特に一回生で多いかもしれませんが、試合シーズンになると今より数倍楽しいと思うので焦らず諦めずに乗り切ってもらいたいです。

要約したらほとんど内容の無いブログですいません。笑




数年前に行った富山県にある立山という山からの景色です。3000m以上の山ですがめっちゃ整備されてて登りやすいのでおススメです。

大阪大学ボート部 * - * 18:15 * comments(0)

ようやく春休み

こんにちは、最上回マネージャーの加田です。昨日ようやく課題を提出し、私も春休みに入りました。

そういえば今日はバレンタインですね、この時期はマネ机の上に甘いものがたくさんあり幸せな限りです。


私の気のせいかもしれませんが、最近少ーしずつ暖かくなってきたような気がします。ブログで何人か言っているように、試合シーズンはすぐですね。私は試合において、結果に関して以外で最上回マネージャーとしての目標が2つあります。1つは誰もが思うでしょうが、「抜け目なく」。そしてもうひとつが「後輩に楽しんでもらう」。加古川のときは正直なところ力不足で、後輩マネージャーたちにはしんどい思いしかさせてあげられませんでした。毎日試合の準備をしながら考えていたことが、ただただ申し訳ないということ。もちろん楽しいだけではまわせませんが、忙しい準備の中にも試合のときの楽しさを感じてもらえたらなと思います。



この前のオフに高校の友達と海鮮丼を食べに福井まで行きました。離れてからもいっしょに遊ぶような友達って大事ですね。



大阪大学ボート部 * - * 17:00 * comments(0)

もみもみ

はいこんにちはー約二か月ぶりの登場となります。山下雅弘、山下雅弘でございます。
最近の艇庫はというとテスト期間真っただ中ということで少し艇庫に来る人がへったので少し寂しい気もしましたが僕は晩飯をみんなでワイワイしながら作ったり、食べたりできてなんだかんだ楽しかったです!
でも、こんなことも出来るのも今年が最後かと思うととてもさみしい気持ちになります。(:_;)
By the way
今回のテーマは変革です。先日行われたマシンロー大会であの中野紘志さんから部員のひとがありがたいお言葉を頂きました。そのなかでも僕の心にグサッときた言葉が「変革」ということばと「揉める」ということばです。毎年毎年この部活のここを変えようと思っている人は少なからずいて、でも中々それが部全体に発信されなかったり、受け入れられなかったりして大きな変化というものはあまり僕がこの部に入ってからあまり見られないように思えます。ぼくがきづいていないだけかもしれませんが。そういったことを考えると部員規則というものは本当に素晴らしいとおもいます。そうとう先代の部員同士でそうとう揉めて、あーだこーだ話し合った結果うまれたものだとおもいます。
部員規則とまではいきませんが僕らもちょっとした変革の一つとして掃除チェックシートというものを作りました。これは各掃除場所の最上回生が自分の掃除場所の特にきれいにすべきところはできているか、ひとはかたよってないかをチェックするもので実装はもう間もなくです。果たして必要性はあるのかどうかはまだわかりませんがもし良いなと思ったら下の代でも引き継いでほしいです。
これから、新勧や、新しい代の主将や幹部のことで、新3回生はとくに話し合う場があると思いますがとことん納得のいく限り話し合って揉めて欲しいですね。いい意味で。
部全体としてももっとボートのことで乗艇前、乗艇後、寝る前にクルーであってもそうでなくても話し合いがもっとあってもいいと思います。(そういった雰囲気を最上回から出していかないといけないのですが・・・)僕は今付きフォアのバウに乗っていますが、後ろから見て気付いたことは例え大事でなかったとしても言うように心がけています。もちろん自分にだって言われることはたくさんありますがその都度自分なりに謙虚に受け止めコーチや他の部員意見を仰ぐようにしています。このラストシーズンになってようやくボートに真正面にから向きあえるようになってきました。だから、今めちゃくちゃたのしいです。
僕はやっぱり部活はしんどい事があったとしてもなにより「楽しむ」ということが大事だと思います。(ただし、人間育成の貴重な場であることは絶対に忘れてはいけない。特にこの共同生活が軸とした大阪大学漕艇部においては)だから、未来をみるのがつらくなったり、過去の楽しかったがうらやましくなったりした時は、今自分の横にいる人を見よう。その人もきっと自分と同じくらい色々抱えて頑張ってるから。
ひとりじゃない。
もう一度自分が入部した時のワクワクとドキドキで目を輝かせていたころを思い出そう。
このメンバーで過ごせるシーズンは泣いても笑ってもこれが最後。
さあ、もう一度一緒にバカになろう。


某吉田君家に貼ってあったものです。てか養生つかうなや
大阪大学ボート部 * - * 22:44 * comments(0)
このページの先頭へ