<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

target

   引退まで3カ月をきってしまいました。なにか後輩たちに残したい。


   エルゴの2000ttで6.40カット


   数字で示す方が、上手いこと良い話をするのが苦手な自分には向いている気がします。

   

   身長が167センチ程度しかなくても6.40カットできることを証明したい。体格は絶対言い訳にせず、むしろ自分より恵体の人に勝つ。

   

   日々のトレーニングからそう思ってやっていれば必ずできる。それを引退までに示したいと思います。


   短いですがこれで失礼します。


   4回生 新田


大阪大学ボート部 * - * 20:28 * comments(0)

28分の18の頂点

阪大に入って早2.5か月。僕の
名前は中塚です。一回生、経済学部です。高校のときも部活をしていましたが真剣な
戦いに挑戦していく感覚は久しぶりでドキドキしています。いち早く先輩らのような 
頑強な体を手に入れたいです。日々の練習は僕にとっては結構きつくて、部活のおかげで大学生活に
張りが出ています。最近は、慣れてきたので、きついとは言いましたが、気持ち的には余裕をもって参加できてお
ります。正直、部活を楽しんでできてます。話は変わりますが、部活をしていていいことは
まずは、仲間でしょう。仲間のおかげもあって、部活は一層楽しいものになっている気がしま
す。部員のみんなの声掛けで僕はいつもやる気を取り戻しています。本当に感謝しています
。僕はよくボート部に入らなかったらどんな生活をしていたかを考えますが、いつもそれは無駄に終わります。僕に相
応しい部活、生活を選べたということです。まあこれも以上に言った通り様々な人の
援助があってのことですが。最近では、艇上での練習がひと月前と全く違い、今は自分の力で船を動かしている感覚
お感じられるようになってきてボートそのものの楽しさも感じられるようになってきました。
願わくばもっと上のクルーで漕ぎたいですが、今は自分の体を作って、ボートを楽しむことを第一に考えて
いきます。僕にとって大阪の夏は今年が初めてです。夏休みの練習は夏バテとかで体を壊
しやすいこともあり、大変だと聞いていますが、夏を乗り越えると強くなるとも伺っているので僕は楽しみにしてい
ます。早く自分の体を変えたい。これは僕が部活に入った目的の一つで
す。そのために今後も集中して部活に取り組み精進していきたいと思います

続きを読む >>
大阪大学ボート部 * - * 15:29 * comments(0)

ジュニアの叩き上げ

どうも。

先日の誕生日でついに21歳になってしまった3回生COXの藤井です。

 

5月の朝日レガッタに2ndフォアで出漕しましたが、敗者復活で敗退。阪大の3rdフォアが決勝進出。忘れてはいけない試合がまた一つ増えました。

 

朝日のクルーは漕感の良いシーンが多く、自分が漕手のパフォーマンスに頼りきりになっていた部分がありました。自分の漕感と実際の艇速にギャップはなかったかどうか。

 

艇上でレース/練習中に肉体的な過酷さに左右されず、船の現状に正しい評価を下せるのは

我々COXだけです。

 

漕感は良いが本当に船は走っているか?漕感は悪いが本当に船は走ってないのだろうか?

 

次に阪大が迎える大会は阪名戦ですが、僕は出漕しません。7月、関西選手権の浜寺杯の部に2回生主体のクルーで出漕します。

 

若い選手の多いクルーは乗艇の度に船は違った動きをします。8人もいれば8通りの漕感があって、クルーの雰囲気も現状とはかけ離れたものになることがあります。そういった空回りは確実に選手のパフォーマンスに影響するし、狙いを考える上でも本当に必要な要素が見えなくなることもあります。漕感と現状のギャップを埋めていきたい。

航路も成長曲線も最短一直線で。

 

僕の脳内のメモ書きみたいになってしまいました笑

さらに混乱する前にここでやめておきます。

 

大成長を遂げたインフィニティの8人と共に浜寺でお会いしましょう。

 

 

 

 

忘れてはいけない日↓

大阪大学ボート部 * - * 14:14 * comments(0)

行くぜシーズン初戦!

どうも!久しぶりのブログすぎて書くの忘れてました!何書きますかね。三回生の渡邉です。


とそういえば!今週は阪名選です!というわけでこれはクルー紹介するしかないわけですよ。


あっちゃん

我がクルー1人目の坊主。言わずと知れた次元の超越者。次元を超えて得た完璧な肉体は今尚健在。このクルーの安全責任者。


TKD

高校時代坊主。数々の逆境を乗り越え今のところほぼ毎回ベスト更新中のこのクルーのエンジン。この男何か持っている


ゆげちゃん

これまた高校時代坊主。10万人に1人の男なのでそれはもう持っているものがそこらの人とはレベルが違う。COXのいないこの艇でコールをぶち込んでくるぞ!


ワイ氏

坊主2人目。西日本選手権前に突如として自転車でこけて骨折する最早持ってない男。昨年は出ていないこの阪名戦で腹を切らないことを祈る。アーメン。


とまぁ坊主関係多いですね笑。これが初めての上回としての阪名戦なのでしっかり粘り強く勝ちにいきます!


実は僕この部活入ってから1着でゴールっていうのがほとんどないんですよね。京都レガッタは予選決勝どちらも2着。加古川レガッタは期待は大きくも敗者復活で敗退。朝日レガッタも西日本選手権も関西選手権もインカレも全日新も……ほっとんど全部2着以下なんですよね。


正直どんな試合であれ1着でゴールしていく同期を見て本当に羨ましかったし嫉妬もした。あの去年の全日新の敗復で負けてこの部活に入って初めて泣いてどのクルー、どの艇種で試合に出ても1着でゴールしたい。そんな気持ちが一層増した。というより一位になる欲が一気に出てきた。


でも、それで始まった新しい試合シーズンで、去年とは全く違う気持ちを持って臨んだ西日本選手権直前に骨折。なんとも言えなかった。クルーにも迷惑をかけたし、何より気持ち高くエルゴも頑張ってベスト更新してここまで頑張ってきたのに試合に出れなくて惨めだった。一方で西日本や朝日レで同期は決勝まで行った。嬉しかったけど、本当に心の底から羨ましかった。次こそ自分もと決めた。今回は西日本選手権と同じ2ndクルーしかもメンバーもほぼ同じ。


だからこそ今シーズン自分にとって最初の試合、絶対勝つ。これから先の試合1位にこだわりたい。


  できる!できる!絶対にできる!


なんか意味不明ですみません。ちょっと日本語が苦手なだけなんです笑


懐かしの全日新ですねー。この時は髪もフサフサで茶色だったなぁ。

大阪大学ボート部 * - * 13:50 * comments(0)

不在写真

   どうも。

   溶連菌が流行した阪大ボート部ですが今は坊主が流行していますね。

   僕も心機一転で右足のスネ毛だけ剃ってみたのですが、スネ毛を愛しスネ毛に愛されたボート部のスネ毛神、金丸に「それ濃くなるからな」との宣告を受け、自分の行く末を憂いています三回生COXの西澤です。


   そういえばパンしか紹介したことなかったので今日は、クルー紹介やってみます。


   3rdフォア(付きフォア)

使用艇:天満

   玄人向けラダー。COXシートで寝るならこのふね。DAHLIAと天満は河川敷での野宿とスイートくらい差がある。スイート泊まったことないけど。


   C:西澤

   同期の渡邉が作ったパンフの部員紹介で漕手に転向したことが判明(誤植)。去年の朝日に3竹輪/dayダイエットを実践して以来、胃の調子が悪い。減量はよくないとおもいます。土朝に期限切れ卵に当たって不在。


   整調:須多さん

   生粋の播州人であるが、濃い顔であるために南アジア系の血が入ってると思われている。痛い肩パンの仕方を研究しているマッドサイエンティスト。このクルーの大黒柱。中央上


   3:中川

   去年の加古川から今年の朝日まで髪を切らなかった。おそらく彼はここから次の加古川まで切らない。病み上がりにやたら目がぱっちりなのがツボです。このクルーのエンジン。左下


   2:今井

   人呼んで限界突破の今井。薬学部で多忙ではあるが弱音を吐いているところを見たことがない。パンフの部員紹介「お薬大好き」が物議を醸した。次は倒れる前に休んでほしい。右下


   B:高橋

イケメン、高身長の応理ガチャSSR。髪色がコロコロ変わる。比較的細身なので、ボート部のゴリラと過ごすうちに一般男性像のトチ狂った最上回マネさんから心配されているそうな。中央下。


   最後の場所のとこは須多さんのブログの写真との対応です。


   このメンバーに憑いて勝ちにいきます。がんばります。



   時間があって読み足りない人はもしよかったらもう少し付き合ってください。


   朝日レガッタが終わってからもう1ヶ月経ってしまいました。


   自分は今シーズンの目標通り、プラス要素になれたのか。

   準決勝はうまくいったように思います。


   ちなみに予選でスパート聞こえなかった話はホントです。やらかしました。


   言葉のアクセントを後ろにおいてしまうクセがあるからですね。


   あの決勝は、新人狩りの浜寺杯エイトを数に入れなければ、僕にとってはじめての決勝でした。


   決勝は先輩方から聞いていた通り、アップの最中は静かで、穏やかでかつ張り詰めた雰囲気でした。


   今まで味わったことのない高揚感で、

発艇前の押しつぶされそうな緊張感さえも楽しむことができました。



   ですが結果はご存知の通り、5着です。


   メダルを3着で取った関学さんとは艇置き場が隣だったので、喜んでいる姿を尻目に艇を片付ける羽目になりました。


   胸を絞るような痛みが走る悔しさでした。


   「Jrクルーだった割に善戦した」


   そんな言葉をかけていただきましたが、すみません、少し腑に落ちませんでした。


   対抗になって勝ったクルーとはいったいどこで差がついてしまっていたのか。


   このレースで僕が感じたことは、これからの全てのレースはすでに始まっているということです。


   スタートしたのはこの部活に入ってこの競技で戦うと決めた時です。


   今他のクルーと比べて自分たちがどの辺にいるのか。

   勝っているのか、負けているのか。競っているのか。


   常に他所を意識して、その上で自分を顧みれば、自ずと今何をするべきかが見えてくると思います。


   今までの結果はどうあがいても動きませんが、これからの結果はどうにでもできます。


   と信じたいので、消灯には身体を休めるように準備するとか、エッセン表言われた時につけるとか、放置物に気をつけるだとか。


   ちゃんと周りに目を向けて、出来ることからやってきましょ。


   僕も頑張りますので。


   これで失礼します。


   これは外気温-1℃、水温5℃の中、行水する修行僧ヌートリアです。真ん中よりちょい下にいます。一昨年ですね。

   害獣ですが可愛らしいです。カピバラに近い感じです。

   たまに淀川を泳いでいるのを見かけますね。

大阪大学ボート部 * - * 12:44 * comments(0)

身の程知らずに!

はじめまして!

女子ロー新人の八杉です。


今日はちょっとした自己紹介と、1週間後の阪名戦について、個人的な想いを含めて書いてみようと思います。


私は、言うならば身の程知らずなポジティブです!

If you can dream it,you can do it.(描ける夢は叶えられる)という言葉を信じているので、

「無駄に落ち込まない!落ち込むぐらいなら原因を潰すために考える、行動する、歩みを止めない」をモットーに生きてきました!

実は私は入部を最後の最後まで迷っていた中の1人です。でもそれは決してボートへの想いが弱いからではありません。むしろ、「ボート部に入らないという選択」を捨てて入部した分、ここで頑張る、という覚悟は固く決めています。


とりあえず1ヶ月を経て今思うことは、ボート部、楽しすぎる!!

こんなにキツくも楽しい毎日を送ることができているのはそもそも入部の決め手となった意欲あり、ユーモアある同期たちのおかげなので本当に感謝しています。ありがとう。絶対皆で最後まで頑張りたい。


さて、来週はいよいよ新人の私たちにとってはデビュー戦となる阪名です。

準備は万端さぁ来いや!と言いたいところですが先週から天候が許さず、乗艇が流れる日が続いています。ワイはオーサカユニバーシティトレーニングクラブの一員であったか?というような陸トレだらけの日々です。

コンディション万全とは言えないメンバーも出てきて各々不安はありますが、今の自分たちの出来る最高の漕ぎができるように残り1週間で出来ることをそれぞれが頑張っていきますので、応援よろしくおねがいします!


写真は今朝のラン後のスクワットタイムです

皆今日もよく頑張った!明日からも頑張ろう!

大阪大学ボート部 * - * 21:55 * comments(0)

ここから

6月も半ばに入りましたが、身構えていたよりもジメジメした日が少なく、涼しい日がわりとあったりするので案外過ごしやすくて今くらいの気候が続いてくれればいいのにと思う今日この頃です。 こんにちは、漕手の須多です。

 

 

4月の西日本選手権を皮切りに試合シーズンが始まって2ヶ月、朝日レガッタ、全日本選手権と出させていただきました。 今シーズン残す試合は阪名戦、関西選手権、インカレの3つ、終わった試合と残りの試合の数が一緒ということで備忘録的に出た試合の感想を簡単に書いていこうと思います。

 

 

 

西日本選手権、クルーメンバーが変わったり、いろいろとシートチェンジしたりなど、直前まで試行錯誤した大会でした。 二日目のレースでAクルーに追いすがり、途中詰めるとこまでいけたのと実際のレースで弱みを確認することができたのは朝日に向けていい収穫だと思いながら帰りの積み込みをした記憶があります。

 

 

朝日レガッタ、去年の悪天候が夢だったかのようなコンディションでインしてからの練習と大会本番漕げたのが大きく印象的でした。 予選では西澤のスパートのコールがSペア二人とも聞き取れなかったというハプニングがありつつも、準決勝で1着でゴールしての2年連続の決勝進出を決められたのは本当にうれしかったです。決勝では僕らが逆風に負けてしまっているのを尻目に、準決勝ラストで刺した関学さんがメダルを取っているのを見てまた1つ一筋縄ではいかないボートの難しさを実感しました。

 

 

全日本選手権、朝日レガッタから2週間ちょいで別々の艇種に乗っていたところからのユニフォーミティ、なし艇でのコールなど、大会まで時間のない中難しく、大変でしたがそれだけにやりがいや新しい発見もあり、いい経験になったのは間違いないです。 しかし、結果としては敗コロ、壁の高さを思い知らされました。インカレまであと3ヶ月、差を埋めるには残りの時間が短い、そう思いました。

 

 

 

 

 

物事を形にする、達成するには3ヶ月かかる、高校の担任の先生に聞いた気がします。

 

この考え方でいくと何か自分の中で変えていくには今がまさに転換期ギリギリなんですよね。

 


練習においてクルーでのユニフォーミティを追い求めるのはもちろん普段からやっていると思いますが、個人のパフォーマンスに対しての考え方は甘いんじゃないのかと最近ふと思うようになりました。

 

例えば、水上でパフォーマンスが良くなかった。毎回ミーティングしますよね。悪いところをつぶすためには?、いいところをさらに伸ばすには?、どうするか考えて話しますよね。

これを個人の練習で考えた時、エルゴのタイムが良くなかったとき、「タイム出んかった、あー疲れた」で終わってないかってことなんです。

 

 

 

 

 

パフォーマンスが良くなかったのはなんで?

 

 

体調が良くなかった。調子が悪い。ここまでは誰しもぱっと出てくることだとは思いますが、それは水上で言うなら艇が傾いていた、バラバラしていた、ってだけの艇の状態しかミーティングで言っていないようなものだと思います。実際のミーティングではフラットになるように、ユニフォーミティを出すために、どこを起点にするか、どう合わせるか考えますよね。

 

 

なんで体調が良くなかったのか、調子が出なかったのか、調子が出ないところにいたるまでの自分自身の行動、最低そこまで毎回洗い出したうえでさらにその原因を潰すにはどうすればいいのか考えて次につなげていかなければならない。

 

 

逆もまたしかりで、調子が良かったとき、ベストが出たときの要因を突き詰めていければコンディション、パフォーマンスの安定、向上につながっていきますよね。

当たり前のようで細部まで突き詰めて考えるのができてないことがあったので徹底していきたいと思います。

 

 

 

 

てなかんじでほかにもまだ変えようとしているところはありますがうまく書けずに長くなりそうなのでとりあえずこのへんで終わっておきます。 ここに書かずとも普段の須多を見て察してもらえるように頑張ります。 今漕手は自分以外2回生のフォアに乗っています。 最上回生としてうまいことやれているのか自分では分かりませんがcoxの西澤、若い2回生と一緒に来週末の阪名戦、勝てるよう頑張ります。

大阪大学ボート部 * - * 16:20 * comments(0)

ペアです。

こんばんは。山本です。


来週は阪名戦です。


4回の吉田とペアで出ます。


名大のペアは速いという噂です。


でも勝ちにいきます。


応援宜しくお願いします。

大阪大学ボート部 * - * 19:54 * comments(0)

E=mc^2

最近暑いですね。でも暑いと思って半袖半パンで講義室に行くと冷房にやられてしょっちゅうお腹を壊している、2回生盛本です。

 

タイトルの公式はかの有名なアインシュタインの発見しためちゃくちゃ有名な公式です。この公式は質量とエネルギーの関係を表しています。

 

最近エルゴメニューを終えるとエルゴ中にかいた汗以上に体重が減っているのです。そこで私は、体重がもしやエネルギーに変換されているんじゃないだろうか、と考えました。そこでこの公式を使って遊んでみようと思います。

 

まず、エルゴによって0.1kgの体重がなくなっているとします。それによって発生するエネルギーはc=3.0×10^8[m/s]とすると

 

E=9.0×10^15 [j]

 

これは原子爆弾15個分のエネルギーに相当します。

これをメニューが30min×2だとしてワット換算すると、

 

E=2.5×10^9 [w]

 

これって、世界最大の原子力発電所の最大発電電力とほぼ同じ値みたいです。

 

でも、このエネルギーがあればもっとエルゴは回るはずなのに、実際はそんな回ってないので、消えた私の体重はどこへ行ってしまったのでしょう。不思議ですね。

 

めちゃくちゃどうでもいいことをめちゃくちゃ調べました。ここまでが前置きで、ここからが本題です。

 

最近私は阪名戦に向けてダブルに乗っています。私は試合に小艇で出るのは初めてです。航路まっすぐ取ることや、クルーを鼓舞するコール、練習の組み立て、色々な場面でcoxてやっぱ大事だなーと感じます。

逆にcoxがいなくて自分達でやらないといけないことが多いからこそ、学べることも多いと思います。

阪名戦とても楽しみです。

去年の新人の部では惨敗しましたが、今年は勝ちますよー💪💪

 

大阪大学ボート部 * - * 14:57 * comments(2)

はちみつたべたぁい

ついに新人がブログを書き始める季節になりまして、すっかり夏ですね。

初ブログは情報の授業中に投稿しました。三回生の上町です。

 

新人のみんなは毎日が濃くて濃くて、まだ入部してから一か月ちょっとしか経ってないのが信じられないくらい忙しい日々を過ごしていることでしょう。

上回生の皆さんもモーション、学校、課題、バイト、、、、タスクまみれで暇がないですねー

 

ところで、『忙」って漢字って「心」が「亡」くなる、って書くんですよね。忙しさで心、死んでませんか?心が死んでる人は余裕がなくて些細なことにもイライラしてて、周りへの配慮もできなくなってます。

 

「プーと大人になった僕」という映画の中で、くまのプーさんが

「僕は何もしないを毎日しているよ」

「何もしないって、最高の何かにつながることなんだ」

と言います

 

1日の中で何もしない時間ってどれだけあるでしょうか?ゴロゴロしながらもYouTubeを見てたり、信号待ちや電車の中でもずっとスマホをいじっていたり。 音楽を聴きながらご飯食べたり。心と頭が休まっている時間はあまりないのではないでしょうか

 

ちょっとスマホを置いて、お散歩にでも出かけてみましょう!

 

一人で静かにブランコに乗ってみたり、ただ風に当たりながらぼーーっとしてみましょう

 

何もしないをすることで、心が生き返ってくる気がしてきませんか?

 

つまり、頑張りすぎたらちょっと一休みってことですね

 

一休みしたらまた明日から頑張りましょう!

 

あ、でも「‘‘何もしない‘‘で忙しいんだ!」を多用して授業切るのは良くないですよ^^

 

夢の中でも忙しく走り回ってるのでしょう、I村さん。新人スタッフいつもお疲れ様です。

 

大阪大学ボート部 * - * 21:13 * comments(0)
このページの先頭へ